ホーム > UPSETブログ > 2013年5月

2013年5月

片岡大晴選手、今季のbjリーグ全日程終了。

masa21.jpeg

(日本でのオフシーズン。Tornadoes活動として米国シアトルに武者修行。ECBAでのWORKOUTの一コマ)

※ECBA・・Emerald City Basketball  Academy   Nippon Tornadoesの提携先でもあるバスケットボール私塾  HP

 

 

『ストイックなまでに鍛え抜かれた肉体で、ドライブインやジャンプ
シュートで得点を量産。そして誰よりも大きな声でチームを鼓舞する。
心のこもるプレーは誰が相手でも当たり負けしない。チームナンバー1
のハッスルプレイヤー』

(bjリーグファイナルズ マッチデープログラム内 片岡大晴選手紹介
より引用)

 

 

bjリーグ京都ハンナリーズに所属する片岡大晴選手の2012~13年シーズン
の全日程が終了しました。

西地区を圧倒的な強さで勝ち抜き、レギュラーシーズン一位に輝いた琉球
ゴールデンキングスとのセミファイナルでは初戦を82対57で圧勝。

約3500人の満員の宜野湾市立体育館にて、一部の京都ブースターを除きほ
とんどがホームである琉球ゴールデンキングスのブースターが集う大一番で
勝負強さを見せました。(28分出場、9得点、6リバウンド、2アシスト)。


第二戦は60対90で敗れたものの、最終決定戦では19対14で見事な勝利を収
めてbjリーグ全体でも話題になるUPSETを達成。10分間で天国と地獄が分か
れる過酷な最終決定戦では10分間のフル出場で4得点、1スティールでセミ
ファイナル進出を引き寄せる大活躍を見せました。

 

ライジング福岡とのセミファイナルでは、第3ピリオドを1得点に抑えられ、
66対83とファイナル進出は逃したものの、リーグ最終戦となった三位決定戦
では、79対72で東地区レギュラーシーズン1位の新潟アルビレックスBBに勝利
して三位の好成績でbjリーグ2012年~13年を締めくくりました。


プレイオフの全7試合(10分間の最終決定戦含む)の250分、セミファイナル
以降の全5試合170分の試合時間の中、116分をON COURTで、そしてそれ以外
の時間もチームを鼓舞すべく声を張り上げ、全身全霊で戦い抜きました。

片岡大晴選手へのご声援ありがとうございました。

今後の活躍にも、是非、ご期待下さい。

 


<片岡大晴選手 個人スタッツ>

■プレイオフセカンドラウンド

◇第一戦
京都ハンナリーズ 82対57 琉球ゴールデンキングス

個人スタッツ
28分出場、9得点、6リバウンド、2アシスト


◇第二戦
京都ハンナリーズ 60対90 琉球ゴールデンキングス

個人スタッツ
20分、3得点、1アシスト、1スティール


◇最終決定戦

京都ハンナリーズ 19対14 琉球ゴールデンキングス

個人スタッツ
10分出場、4得点、1アシスト、1スティール

 


■ファイナルズ

セミファイナル

京都ハンナリーズ 66対83 ライジング福岡

個人スタッツ
32分出場、11得点、4リバウンド、3アシスト


三位決定戦

京都ハンナリーズ 79対72 新潟アルビレックスBB

個人スタッツ
26分出場、14得点、4リバウンド、3アシスト

 

片岡大晴選手 公式ブログ

http://soldier91.blog40.fc2.com/ 

 

 

<過去の掲載記事>

アウェイの大分ヒートデビルズ戦に向けて 

開幕からの連敗を脱出して

bjリーグ前半戦を終えて 

週間MVPを受賞 

 

 

masa32.jpg

(Japan  Basketball Academy主催のオールスターゲームに参加した際の一コマ)

 

masa33.jpg

Nippon Tornadoes IBL開幕戦

【Nippon Tornadoes IBL開幕戦】

255543_494468393955947_111570000_n.jpg

IBL(International Basketball League)に参戦しているNippon Tornadoesが
2013年シーズンの初戦を終えました。昨シーズンの王者であるBellingham Slam
との対戦です。平均身長170センチ代、ビックマン不在で挑んだ試合ではリバウ
ンド数で31-77と二倍以上も奪われ、結果は、78対167(22-40、22-38、16-43、
18-40)の大敗となりました。

5月17日にも同チームとの対戦が控えております。現在、選手及びコーチ陣は再
戦に向けてトレーニングと戦略の構築を重ねています。残り17ゲームでの成長に
ご期待ください。

試合当日、IBL.tvでも放送も予定されておりますので合わせてご利用下さい。


GAME1

Nippon Tornadoes 78対167 Bellingham Slam
(22-40,22-38,16-43,18-40)


TEAM STATS

FG
Tornaodes
29/90

Slam
71/124

3P-A
Tornadoes
12/37

Slam
15/49

Rebound
Tornadoes
31

Slam
77

 


<個人スタッツ>

#1 佐々木瑛
30得点(3P×4)、4R、3A、48分出場

#2 伴晃生
14得点(3P×2)、8R、4A、47分出場

#4 原穀人
22得点(3P×4)、6R、4A、48分出場

#6 安倍瑞基
8得点(3P×2)、7R、3A、40分出場

#7 片瀬俊哉
6得点、2R、10分出場

#21 芦刈健夫
2R、1分出場

#24 中林翔駿
1分出場

#51 小高大輔
2R、10分出場

 


また、Nippon Tornadoes参加各選手の情報などについて
は、下記Dream7のFBページをご参照ください。

https://www.facebook.com/Dream7Japan?fref=ts

IBL.tv(リアルタイムのみ)
http://ibltv.com/

428697_494468877289232_1393989480_n.jpg

 

947347_494468727289247_1640499486_n.jpg

943277_494468830622570_1128094908_n.jpg

942944_494468787289241_1480793586_n.jpg

181398_494468673955919_1013569331_n.jpg

944385_494468597289260_1943274110_n.jpg

969553_494468527289267_1338454968_n.jpg

ⒸJON BERGMAN/DREAM7.LLC

阿部理選手によるクリニックのご案内

【阿部理選手によるクリニックのご案内】

sam.jpg

「How to Create shot!!」

2012年~13年度にNippon Tornadoesに参戦した阿部理選手のクリ
ニックが開催されます。42歳でのNBAへの挑戦、そして、世界から
いじめを撲滅する為のチャリティー活動、NBAシニアリーグの設立、
NBAチームのオーナー就任・・・と幅広い夢を掲げて挑戦をする阿部
理選手によるクリニック/講演会です。是非、ご活用下さい。

http://dream7-japan.com/blog/2013/05/samu.html


■日程

1、

5/10(金)中野区某中学校
18:30〜21:00
(小学生高学年・中学生対象)
¥2000

2、

5/12(日)講演会
14:30〜17:00
LR 〜TOKYO SHARE LOUNGE〜
豊島区西池袋3丁目31−5 パーク
ハイムウエスト2F
(池袋駅西口から徒歩8分)
¥2000(+1ドリンク)

3、

5/12(日)某新宿区中学校
18:30〜21:00
(高校生以上の大人対象)
¥3000


■講演内容

講演内容
1部 NBAレベルのスキルとトレーニング
黒人アスリートに勝つためのスキルとフィジカル /
マイケルジョーダンのシュートに隠されたフィジカル
スキル / どんな状況下でもシュートを“作る”方法と
その練習法

2部 日本代表時代とNBA挑戦へ
日本代表時代の思い出 / 国際大会裏話-某国の陰謀- / 日
本のバスケ界の行く末 / 201cmはSF?! / ルールの違い そ
れトラベリングじゃないの? /オーバーフォーティーの食事
管理法/ 断固挑戦!心の潜在能力を引き出す瞑想 / 夢を諦め
ない生き方


その他、クリニックについての詳細は下記を参照の上
http://shintaro-hato.com/?p=311

阿部理選手 掲載記事
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/basket/all/2013/colum
ndtl/201304250001-spnavi?page=1

予約登録フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=170547

または、問い合わせ先

株式会社UPSET  片岡
kataoka@upset-emg.com
07050249827


企画・運営

鈴木知也(Tornado academy東京代表)
澤由朗(Tornado academy東京)
中村慎太郎(Freelance writer)

広報協力:株式会社UPSET

 

武井修志選手とのコラボレーション商品 販売のお知らせ

【武井修志選手とのコラボレーションによるオリジナルTシャツ および ノーズリーブの販売について】
 
 
st-t3.jpg
 
st-t3-2.jpg
 
株式会社UPSETでは、世界のバスケット界に挑戦を続ける武井修志選手とのコラボレーション商品として、オリジナルTシャツ及び
ノースリーブを販売致します。詳しい詳細については、下記をご参照ください。
 
 
                       記
 
 

販売価格:2500円/枚

送料:全国一律 1000円

デザインについて:上記画像より、 上からデザインA、B、C、Dとして識別する。

受注方法:氏名、郵便番号、電話番号、購入希望デザインの種類と枚数、および希望サイズを明記の上、下記、問い合わせ先にメールをする。

記入例   Aタイプ XL 4枚

        Cタイプ  M 2枚  L 5枚     等

サイズ:弊社Tシャツの規格と同様。ノースリーブタイプについても、身丈・着幅については同様

サイズ一覧はこちらより →サイズ表
 
発注受付先: 武井修志  問い合わせ先 shuji_enmei_takei_1st@hotmail.co.jp
         
 
          (株式会社UPSET内 担当窓口:片岡 kataoka@upset-emg.com
 

受注時期:毎月第四金曜日を締め日とし、入金確認分について生産・配送とする。

第一期 受付期日  2013年5月24日(金) 13:00時迄

第二期 受付期日  2013年6月21日(金) 13:00時迄

第三期 受付期日  2013年7月26日(金) 13:00時迄

以降、同じサイクルで販売継続

 

 

 

2013年夏の海外挑戦を控えた武井修志選手によるインタビュー

 

 

世界を相手に戦うプロバスケットボールプレイヤー武井修志。今夏は米国独立リーグIBL(International
BasketballLeague)に参戦するNippon Tornadoesへの合流も予定されていたが、「世界のバスケットボール
の中での、そして日本バスケット界の現状と自分自身の立ち位置」を考えて欧州への再挑戦を決める。

そして、武井修志によるデザインで、ウェアコラボパートナーのUPSETとのオリジナルシャツも誕生。ウェア
に込めた想いと、現在の活動について話を伺いました。


◇Nippon Tornadoesの参加検討については、どのような経緯や計画の下で考えていましたか?

 

2007年にIBLのSanta Barbara Breakersでプレイをしていた事もあり、IBLというリーグには馴染みがあり
ました。米国に独立プロリーグがいくつもある中で、IBLで数字(STATS)を残す事やTAPE(エージェントや
球団に売り込む為に使用する試合の映像)が国際舞台で信頼されるデータになります。近年のターゲットで
もある欧州プロリーグへの提案材料としても活用したいという考えと、あとは、日本人の可能性を信じ、それ
を探究していくというNIPPONTORNADOESの理念や、IBLシーズン後にオプションとして組み込まれているジャマール
クロフォードがシアトルで開催しているサマーリーグなどにも関心を持っていました。


最終的に、欧州挑戦のスケジュールが具体的に決まった事でスケジュールが変わり、今夏について、5月、6月
シーズンの参戦は見送らせて頂きました。


2013年3月頃には、Nippon Tornadoes GMである西田辰巳さんや、HCを務める小野寺龍太郎さんとも会ってMTGをする
機会もありました。Nippon Tornadoesの第一期生であり、昨年までIBLのVancouver Volcanoesでプレイし、現在は広
島プロバスケットボール株式会社の代表取締役である中島健太とも、選手時代からの頻繁に連絡を取り合い、世界へ
挑戦をする同志です。そういう縁もあり、Nippon Tornadoes はとても応援しています。Nippon Tornadoes PROJECT
の成功を祈ってます!

 


スペイン、セルビア、クロアチアへの挑戦

 

◇改めて、今夏の具体的な予定については?



6月中旬にセルビアのベオグラード、そしてクロアチアのプーラで開催されているプロキャンプに参戦予定です。

その為の準備期間として、ヨーロッパバスケットアカデミーが主催するバルセロナでのキャンプに参加する予定
だったんですが、現状まだ確定ではない感じです。キャンプ自体はかなり立派なもので、欧州のエージェントも絡
んだプロジェクトで、衣食住の環境が整えられた中、コンディショニング、スキルをブラッシュアップできるプログ
ラムです。


この期間にもバルセロナFCのBチームや周辺のプロチームへの練習参加のチャンスがあるので、有力な選択肢

の1つとして考えています。

また、クロアチアのプーラに参加後は、再びセルビアのベオグラードへと戻って現地チームのスタッフの前でプレイす
る機会を作ってもらえるよう、動いているところです。

 

<参考>
http://www.europebasketballacademy.com/new/

 

◇その後の予定については?


現時点での予定としては、6月末までのスケジュールなので7月については検討中です。LAで開催されるSPL(summer pro league)
に参戦するチームのHCからも参戦の打診を頂いていますが、条件面などでマッチするかどうかで調整中ですが、あくまでも候補
の一つ。米国での挑戦は魅力的ですが、現在のスタンスとしては、欧州を中心に可能性を模索していきたいという想いが強いのが
正直な部分です。


秋以降について、日本人未開拓の国を中心にチャンスを伺いつつ、国外を中心に全ての選択肢を考慮するつもりです。

まだまだ世界のバスケットボール界で当たり前のように出回っている情報やチャンスで、鎖国的な日本のバスケットボール界に
入ってこない様々なチャンスと機会が沢山あります。

その中で、自分自身のキャリア、世界のバスケットボール界の中での立ち位置、そして国内バスケットボールの中での自分の立ち
位置を考えながら決断していく予定です。


SAMRAIZに込めた想いについて


◇武井修志とUPSETのコラボグッズとして、『SAMRAIZ』というコンセプトでのオリジナルTシャツが販売されます。それぞれのデザイ
ンについて込めた想いについて。

 

SAMRAIZという造語には二つの意味があります。『侍(SAMURAI)』と『SUN RISE』です。日本人として、世界と伍していきたいという
自分の強い想いと、もっともっと自分自身も、日本のバスケットボールもメインストリートに駆け上がっていきたいという想いを重ねて
います。

日の丸や、日本古来の色合を連想させる「朱色」に近い色合いをベースにし、刀と鞘。そして自身の活動の中心にあるバスケットボール
と、それを照らす太陽の光を合わせてデザインしました。


これまでの肩書や実績に関係なく、現状に納得できずにあがいている人。野心や野望があり、その目標に対してコミット(掲げた目標に
対して達成していく強い意志を持ち続ける)しようとしている人、ON COURTで戦う強い気持ちをもった選手や、世界を目指すキッズプレ
イヤーに着てもらえたら嬉しいです。

 

◇そして、against the worldという非常にシンプルな言葉を選んだ背景について

 

凄く単純に、これまで世界を相手に戦ってきた中での感じた事実。『日本人はなめられている』という事。世界のバスケットボールの中で
日本人であるという事だけで『NG』とされている現状に対して、日本人の力や可能性を証明するという意志表明かな。

 

◇REVOLUTIONについては何でしょうか?


常にマイノリティの立場からマジョリティを倒すというのが自分の信条。それを端的に表せる言葉として、良く聞く言葉だけど、この言葉が
一番しっくり来ます。

 

◇武井修志という存在に、期待を寄せるバスケットマンやスポーツ界の人間は多いです。そういう方々に、改めて、武井修志のここ!に期待しておいてくれ!という事を言葉にすると何になりますか?

 


自分自身を省みた時に、日本のエリート街道とは全く無縁の道を進み続けてきたなあと我ながらおかしくなっちゃうんだけど、同じ境遇の人達、それはスポーツに限らず様々な分野で物凄くたくさんいると思ってる。そういった中でもしっかり自分で考え、弱さと向き合い強さを伸ばし、野心と向上心を持って継続してトライしていくことの大切さを伝えたい。

それが自分の望んだモノと全く同じ実を結ぶかどうかは分からないけど、そういう純粋な気持ちを持ってトライした時間は、間違いなく一人一人の人生を豊かにすると思うからね。そんな人達がもっと日本に増えて欲しいし、そういったちょっと暑苦しい部分が今の日本に一番大切な部分だとも思ってる。そういう意味では、「草莽崛起」という言葉が一番しっくりくるかな。

 


◇国内での活動についても、自身のワークアウト以外にも環境作りで動かれていますが現時点で公開できる事では具体的に何がありますか?

 


世界という文脈の中でどれだけ立ち位置や価値を高められるか、そこが個人として一番フォーカスしてる部分なのは相変わらずなんだけど、翻って国内のことを考えた時に、日本のバスケ、ひいてはスポーツ界の主人公として存在するチーム/団体/概念を作りたいなと前から思ってて。

目標がやけに大きい分(笑)、難しい部分はかなり出てくるんだろうけど、幸いにも各方面からヘルプしてくれる人達がどんどん出てきてくれてるからね。

今はじっくり足場を固めてるところ、面白いことになりそうだよ!

他には自分と同じような境遇、熱意はあれど環境や今はまだスキルが発展中のプレイヤーを、いわゆる「モンスター」として養成して世に送り出すという酔狂なこともしてます(笑)。

簡単に言えば、完全にプロになることを前提とした個人レッスンだね。それも日本の中だけじゃなく、そのプレイヤーが海外でも戦えるようなスキルやフィジカル、メンタルやマインドセットという「個」の力を伸ばしていく場所。

経歴や現在の腕前は一切関係なく、そのプレイヤーの想いがどれだけあるかが唯一の条件かな。

こちらも興味ある方がいれば、是非連絡下さいね。

 

<掲載記事など>

ballers bridge asia 

http://ballersbridgeasia.wordpress.com/home-4/ 

 武井修志特集記事  

 

image_3.jpeg

 

【プロフィール】

武井修志(タケイ シュウジ)
1982年12月8日生

東京都江東区第三砂町中学校
國學院高校
早稲田大学
エクセレンス


2005年より海外挑戦を開始し、Long beachで開催されたSUMMER PRO LEAGUE
にThe Ticketの一員として参戦。日本初のプロストリートボールリーグ
「Legend」と契約し、シーズン2でチャンピオンになる。bjリーグ富山グラ
ウジーズを経て、IBLのSanta Barbara breakersでプレイ。

毎年パリで開催されるQUAI54(ストリートボール世界大会の1つ)に日本代表
「RisingSuns」でキャプテンとして2年連続で出場。

その後、ペルーリーグのSan Marcos、ドイツ・リジョンリーグ1のベルリ
ン・バスケッツと契約、メキシコ・CIBACOPAリーグのプレシーズンマッチに
参戦。現在、日本人未開拓の国を中心に交渉中。


日本のストリートボールではSTとして知られ、Legend、HOOPERS、HOOP IN
THE HOODでも活躍、ALLDAYでは二大会連続での優勝も誇る。


HP:http://www.shujitakei1st.com/
blog:http://blog.goo.ne.jp/1stclass/
twiiter:@shujitakei1st

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片岡大晴選手、bjリーグプレイオフへ

【片岡大晴選手、プレイオフへ】

masa6.JPG 

 

bjリーグのレギュラーシーズンが終了し、片岡大晴選手の所属する京都
ハンナリーズは西地区5位でシーズンを終えました。これに伴い、5月4日
よりbjリーグプレイオフファーストランドに挑みます。

ファーストラウンドの対戦相手は同4位の滋賀レイクスターズ。琉球ゴール
デンキングスの3607失点に次ぐ、西地区二位の3876点という堅守を武器に
長いシーズンを勝ち抜いてきた強敵です。

また、ファーストラウンドに勝利をしますと、同3位である島根スサノオマ
ジックと同6位の浜松・東三河フェニックスとの対戦を勝ち上がってきたチーム
と、レギュラーシーズンの順位によって、上位チームがリーグ2位のライジン
グ福岡と、下位チームがリーグ戦1位の琉球ゴールデンキングスと対戦をします。


2011年にNBA シャーロット・ボブキャッツトライアウトを受け、ロックアウト期
間中だったために共に、その時にはチャンスは逃したものの、現在でも国内外で
のキャリアアップ、プロバスケットボール選手として高みを見据えて共に切磋琢
磨しあう並里選手を擁する琉球ゴールデンキングスとの対戦は、ファーストラウ
ンドを突破し、早ければカンファレンス・セミファイナルで実現します。


是非、長く苦しいシーズンを戦い抜き、プレイオフに挑む片岡大晴選手にご声援
のほど、宜しくお願い致します。

また、5月3日(金)BSフジにてbj-TVも24:00から放送されます。合わせてご覧く
ださい。


プレイオフへ向けた片岡大晴選手の意気込み

「バスケットボールと言うスポーツがあって、それを経営し行なう集団がいる。そ
してそれを応援し自分の生き甲斐にしてくれたり、趣味にしてくれて自分の事のよ
うに喜び、悔しがってくれる人達がいる!!!こんなに素敵な事はないです!!!
プレーオフもすぐそこです!!!力を1つに前へ進もう!!!」

(片岡大晴選手のブログより引用)

 

◇試合日程


<プレイオフファーストラウンド>

5月4日(土)対 滋賀レイクスターズ
5月5日(日)対 滋賀レイクスターズ

於)野洲市総合体育館

 

<カンファレンス セミファイナル>

5月11日(土) 
琉球ゴールデンキングス 
または 
ライジング福岡

5月12日(日)
琉球ゴールデンキングス
または
ライジング福岡

宜野湾市立体育館
または
福岡工業大学FITアリーナ


※写真は2011年トルネード活動中のオフショット

 

 

【片岡大晴選手、プレイオフセカンドラウンドへ】

masa11.jpg

 

片岡大晴選手の所属する京都ハンナリーズがbjリーグプレイオ
フファーストラウンドを見事に突破しました。カンファレンス
セミファイナルでは昨年度の優勝チームであり、今季もリーグ
戦首位で堂々プレイオフに駒を進めた琉球ゴールデンキングス
と、アウェイである宜野湾市立体育館で対戦です。


琉球ゴールデンキングスは、bjリーグ内でも断トツの堅守を誇
り、また、十分な攻撃力も誇る強豪です。事実、全52試合の得
失点差では2位以下に254点以上の差を付け、両リーグを通じて
も断トツの勝率を挙げています。

今シーズンの京都ハンナリーズは琉球ゴールデンキングスとは4
試合を戦いましたが、残念ながら、0勝4敗です。また、琉球ゴール
デンキングスは沖縄開催のホームコートゲームでも23勝3敗と断
トツの勝率を誇ります。

片岡大晴選手自身は、対琉球先の全4試合の全てにスタメン出場。
平均得点11得点(シーズンとの比較 +1)、2・5アシスト(シーズ
ンと同率))、2・5リバウンド(シーズンとの同率))、スティール
0.75本(リーグととの比較+0.25)と安定した数字を残しています。

これまでの数字だけで戦況を分析すると不利なデータが並びますが、開
幕8連敗から立て直し、長いシーズンを勝ち抜き、プレイオフファース
トラウンドでも好調なプレイを見せる片岡大晴選手のご活躍に注目下さ
い。

5月11・12日のプレイオフセカンドラウンドについてもご声援のほど、宜
しくお願い致します。


<プレイオフセカンドラウンド日程>

5月11日
京都ハンナリーズ対琉球ゴールデンキングス
13時~
於)宜野湾市立体育館


5月12日
京都ハンナリーズ対琉球ゴールデンキングス
13時~
於)宜野湾市立体育館


<プレイオフファーストラウンドの結果>

■第一戦

京都ハンナリーズ 79対69 滋賀レイクスターズ
(17-19、19-19、18-15、25-16)

片岡大晴スタッツ
32分出場
18得点
3リバウンド
2アシスト


■第二戦

京都ハンナリーズ 89対75 滋賀レイクスターズ
(15-14、24-22、23-15、27-24)

片岡大晴スタッツ
26分出場
9得点
4リバウンド
2アシスト

 

片岡大晴選手ブログ
http://soldier91.blog40.fc2.com/

bjリーグ公式サイト
http://www.bj-league.com/

 

(写真はIBLに所属するVancouver VolcanoesのGary Akiyama氏との
ショット。Vancouver Volcanoesには、今季より、飯島康夫選手(昨
季Nippon TornadoesにてIBL参戦)も所属している)

 

 

1