Article
ブログ記事

武井修志選手とのコラボレーション商品 販売のお知らせ

投稿日
更新日
カテゴリー
【武井修志選手とのコラボレーションによるオリジナルTシャツ および ノーズリーブの販売について】
 
 
st-t3.jpg
 
st-t3-2.jpg
 
株式会社UPSETでは、世界のバスケット界に挑戦を続ける武井修志選手とのコラボレーション商品として、オリジナルTシャツ及び
ノースリーブを販売致します。詳しい詳細については、下記をご参照ください。
 
 
                       記
 
 

販売価格:2500円/枚

送料:全国一律 1000円

デザインについて:上記画像より、 上からデザインA、B、C、Dとして識別する。

受注方法:氏名、郵便番号、電話番号、購入希望デザインの種類と枚数、および希望サイズを明記の上、下記、問い合わせ先にメールをする。

記入例   Aタイプ XL 4枚

        Cタイプ  M 2枚  L 5枚     等

サイズ:弊社Tシャツの規格と同様。ノースリーブタイプについても、身丈・着幅については同様

サイズ一覧はこちらより →サイズ表
 
発注受付先: 武井修志  問い合わせ先 shuji_enmei_takei_1st@hotmail.co.jp

         
 
          (株式会社UPSET内 担当窓口:片岡 kataoka@www.upset-emg.com
 

受注時期:毎月第四金曜日を締め日とし、入金確認分について生産・配送とする。

第一期 受付期日  2013年5月24日(金) 13:00時迄

第二期 受付期日  2013年6月21日(金) 13:00時迄

第三期 受付期日  2013年7月26日(金) 13:00時迄

以降、同じサイクルで販売継続

 

 

 

2013年夏の海外挑戦を控えた武井修志選手によるインタビュー

 

 

世界を相手に戦うプロバスケットボールプレイヤー武井修志。今夏は米国独立リーグIBL(International
BasketballLeague)に参戦するNippon Tornadoesへの合流も予定されていたが、「世界のバスケットボール
の中での、そして日本バスケット界の現状と自分自身の立ち位置」を考えて欧州への再挑戦を決める。

そして、武井修志によるデザインで、ウェアコラボパートナーのUPSETとのオリジナルシャツも誕生。ウェア
に込めた想いと、現在の活動について話を伺いました。


◇Nippon Tornadoesの参加検討については、どのような経緯や計画の下で考えていましたか?

 

2007年にIBLのSanta Barbara Breakersでプレイをしていた事もあり、IBLというリーグには馴染みがあり
ました。米国に独立プロリーグがいくつもある中で、IBLで数字(STATS)を残す事やTAPE(エージェントや
球団に売り込む為に使用する試合の映像)が国際舞台で信頼されるデータになります。近年のターゲットで
もある欧州プロリーグへの提案材料としても活用したいという考えと、あとは、日本人の可能性を信じ、それ
を探究していくというNIPPONTORNADOESの理念や、IBLシーズン後にオプションとして組み込まれているジャマール
クロフォードがシアトルで開催しているサマーリーグなどにも関心を持っていました。

最終的に、欧州挑戦のスケジュールが具体的に決まった事でスケジュールが変わり、今夏について、5月、6月
シーズンの参戦は見送らせて頂きました。


2013年3月頃には、Nippon Tornadoes GMである西田辰巳さんや、HCを務める小野寺龍太郎さんとも会ってMTGをする
機会もありました。Nippon Tornadoesの第一期生であり、昨年までIBLのVancouver Volcanoesでプレイし、現在は広
島プロバスケットボール株式会社の代表取締役である中島健太とも、選手時代からの頻繁に連絡を取り合い、世界へ
挑戦をする同志です。そういう縁もあり、Nippon Tornadoes はとても応援しています。Nippon Tornadoes PROJECT
の成功を祈ってます!

 


スペイン、セルビア、クロアチアへの挑戦

 

◇改めて、今夏の具体的な予定については?

6月中旬にセルビアのベオグラード、そしてクロアチアのプーラで開催されているプロキャンプに参戦予定です。

その為の準備期間として、ヨーロッパバスケットアカデミーが主催するバルセロナでのキャンプに参加する予定
だったんですが、現状まだ確定ではない感じです。キャンプ自体はかなり立派なもので、欧州のエージェントも絡
んだプロジェクトで、衣食住の環境が整えられた中、コンディショニング、スキルをブラッシュアップできるプログ
ラムです。


この期間にもバルセロナFCのBチームや周辺のプロチームへの練習参加のチャンスがあるので、有力な選択肢

の1つとして考えています。

また、クロアチアのプーラに参加後は、再びセルビアのベオグラードへと戻って現地チームのスタッフの前でプレイす
る機会を作ってもらえるよう、動いているところです。

 

<参考>
http://www.europebasketballacademy.com/new/

 

◇その後の予定については?


現時点での予定としては、6月末までのスケジュールなので7月については検討中です。LAで開催されるSPL(summer pro league)
に参戦するチームのHCからも参戦の打診を頂いていますが、条件面などでマッチするかどうかで調整中ですが、あくまでも候補
の一つ。米国での挑戦は魅力的ですが、現在のスタンスとしては、欧州を中心に可能性を模索していきたいという想いが強いのが
正直な部分です。


秋以降について、日本人未開拓の国を中心にチャンスを伺いつつ、国外を中心に全ての選択肢を考慮するつもりです。

まだまだ世界のバスケットボール界で当たり前のように出回っている情報やチャンスで、鎖国的な日本のバスケットボール界に
入ってこない様々なチャンスと機会が沢山あります。

その中で、自分自身のキャリア、世界のバスケットボール界の中での立ち位置、そして国内バスケットボールの中での自分の立ち
位置を考えながら決断していく予定です。


SAMRAIZに込めた想いについて


◇武井修志とUPSETのコラボグッズとして、『SAMRAIZ』というコンセプトでのオリジナルTシャツが販売されます。それぞれのデザイ
ンについて込めた想いについて。

 

SAMRAIZという造語には二つの意味があります。『侍(SAMURAI)』と『SUN RISE』です。日本人として、世界と伍していきたいという
自分の強い想いと、もっともっと自分自身も、日本のバスケットボールもメインストリートに駆け上がっていきたいという想いを重ねて
います。

日の丸や、日本古来の色合を連想させる「朱色」に近い色合いをベースにし、刀と鞘。そして自身の活動の中心にあるバスケットボール
と、それを照らす太陽の光を合わせてデザインしました。

これまでの肩書や実績に関係なく、現状に納得できずにあがいている人。野心や野望があり、その目標に対してコミット(掲げた目標に
対して達成していく強い意志を持ち続ける)しようとしている人、ON COURTで戦う強い気持ちをもった選手や、世界を目指すキッズプレ
イヤーに着てもらえたら嬉しいです。

 

◇そして、against the worldという非常にシンプルな言葉を選んだ背景について

 

凄く単純に、これまで世界を相手に戦ってきた中での感じた事実。『日本人はなめられている』という事。世界のバスケットボールの中で
日本人であるという事だけで『NG』とされている現状に対して、日本人の力や可能性を証明するという意志表明かな。

 

◇REVOLUTIONについては何でしょうか?


常にマイノリティの立場からマジョリティを倒すというのが自分の信条。それを端的に表せる言葉として、良く聞く言葉だけど、この言葉が
一番しっくり来ます。

 

◇武井修志という存在に、期待を寄せるバスケットマンやスポーツ界の人間は多いです。そういう方々に、改めて、武井修志のここ!に期待しておいてくれ!という事を言葉にすると何になりますか?

 


自分自身を省みた時に、日本のエリート街道とは全く無縁の道を進み続けてきたなあと我ながらおかしくなっちゃうんだけど、同じ境遇の人達、それはスポーツに限らず様々な分野で物凄くたくさんいると思ってる。そういった中でもしっかり自分で考え、弱さと向き合い強さを伸ばし、野心と向上心を持って継続してトライしていくことの大切さを伝えたい。

それが自分の望んだモノと全く同じ実を結ぶかどうかは分からないけど、そういう純粋な気持ちを持ってトライした時間は、間違いなく一人一人の人生を豊かにすると思うからね。そんな人達がもっと日本に増えて欲しいし、そういったちょっと暑苦しい部分が今の日本に一番大切な部分だとも思ってる。そういう意味では、「草莽崛起」という言葉が一番しっくりくるかな。

 


◇国内での活動についても、自身のワークアウト以外にも環境作りで動かれていますが現時点で公開できる事では具体的に何がありますか?

 


世界という文脈の中でどれだけ立ち位置や価値を高められるか、そこが個人として一番フォーカスしてる部分なのは相変わらずなんだけど、翻って国内のことを考えた時に、日本のバスケ、ひいてはスポーツ界の主人公として存在するチーム/団体/概念を作りたいなと前から思ってて。

目標がやけに大きい分(笑)、難しい部分はかなり出てくるんだろうけど、幸いにも各方面からヘルプしてくれる人達がどんどん出てきてくれてるからね。

今はじっくり足場を固めてるところ、面白いことになりそうだよ!

他には自分と同じような境遇、熱意はあれど環境や今はまだスキルが発展中のプレイヤーを、いわゆる「モンスター」として養成して世に送り出すという酔狂なこともしてます(笑)。

簡単に言えば、完全にプロになることを前提とした個人レッスンだね。それも日本の中だけじゃなく、そのプレイヤーが海外でも戦えるようなスキルやフィジカル、メンタルやマインドセットという「個」の力を伸ばしていく場所。

経歴や現在の腕前は一切関係なく、そのプレイヤーの想いがどれだけあるかが唯一の条件かな。

こちらも興味ある方がいれば、是非連絡下さいね。

 

<掲載記事など>

ballers bridge asia 

http://ballersbridgeasia.wordpress.com/home-4/ 

 武井修志特集記事  

 

image_3.jpeg

 

【プロフィール】

武井修志(タケイ シュウジ)
1982年12月8日生

東京都江東区第三砂町中学校
國學院高校
早稲田大学
エクセレンス


2005年より海外挑戦を開始し、Long beachで開催されたSUMMER PRO LEAGUE
にThe Ticketの一員として参戦。日本初のプロストリートボールリーグ
「Legend」と契約し、シーズン2でチャンピオンになる。bjリーグ富山グラ
ウジーズを経て、IBLのSanta Barbara breakersでプレイ。

毎年パリで開催されるQUAI54(ストリートボール世界大会の1つ)に日本代表
「RisingSuns」でキャプテンとして2年連続で出場。

その後、ペルーリーグのSan Marcos、ドイツ・リジョンリーグ1のベルリ
ン・バスケッツと契約、メキシコ・CIBACOPAリーグのプレシーズンマッチに
参戦。現在、日本人未開拓の国を中心に交渉中。


日本のストリートボールではSTとして知られ、Legend、HOOPERS、HOOP IN
THE HOODでも活躍、ALLDAYでは二大会連続での優勝も誇る。


HP:http://www.shujitakei1st.com/
blog:http://blog.goo.ne.jp/1stclass/
twiiter:@shujitakei1st

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

to-top