ホーム > UPSETブログ > > スペインのバスケットを学ぶ会を開催します(2)
UPSETブログ

スペインのバスケットを学ぶ会を開催します(2)

【緊急開催決定! バンタンデザイン研究所にてスペイン人コーチ講演会を開催】

 

 

inigo_sergio (1).jpg

 

近年、アメリカの次に世界大会で優れた実績を挙げているスペインバスケットボール界。

アメリカ以外にも目を向けようと欧州バスケットの努力を重ねるコーチ陣のご尽力により、
欧州式の練習ドリルやコーチング哲学が日本でも語られる機会が増えました。


また、CS放送や、youtubeなどの発達によりEURO LEAGUEやスペイン国内リーグの試合映像
を目にする機会は増えました。ですが、まだまだ、サッカーのようには、バスケットボールを
取り巻く文化的な環境について語られる機会も、そもそも、現場の雰囲気や仕組みを学ぶ
機会が少ないのが現状です。


今回、かつてはエストゥディアンテスの育成コーチとして活躍するイニィゴ氏とスペインの
バスケット界でコーチ、ジャーナリスト、コーディネーターとして幅広く活躍するセルヒオ
氏に来日に合わせ、下記日程で講演会をご用意しました。


イニィゴ氏は、かつては同クラブのジュニア選手として育成プログラムを受け、その後、
トップ選手としてのキャリアではなく、コーチとしてのキャリアを選びました。ジュニア
選手時代の経験から、コーチ転身を決めた経緯や、そのタイミングなどについてお話
して頂きます。

 

セルヒオ氏には、マドリードのサンフェルミン地区で行っている「バスケットボールを通じ
た社会貢献活動」について、お話をして頂く機会を設けました。

 

世界最高峰リーグの一つであるNBAでは、NBA CAREという団体を設け、バスケットボール選手
による社会貢献活動を推進しています。それでは、EUROPEのプロチームではどのような社会
活動をしているのか、さらにいえば、もっと草の根のレベルではどのような活動が実施されて
いるかについてセルヒオ氏から語って頂きます。

通訳は、スペインへのバスケットボールツアー開催実績もあり、NBA CAREの関連団体とも
仕事をした実績のある株式会社ERTLUC海外事業部の水野慎士さんが務めます。

※プロジェクト全体の概要はこちらより

http://baloncesto.for-japon.org/event/20130811_19.html 


また、会場となるバンタンデザイン研究所では、2014年4月よりスポーツ業界への就職、転職
やキャリアアップを目指す大学生、社会人を対象とし、「スポーツ×デザイン」をテーマにし
たバンタンスポーツアカデミーを開校します。

今回、当イベントの理念に賛同して下さり、会場をご提供して頂きました。


バンタンスポーツアカデミー facebookページ
 https://www.facebook.com/pages/Vantan-Sports-Academy/374099039374617?fref=ts

 

 

 

                                                  記
 

【日時】2013年8月13日(火)

    11時15分 受付開始

    11時30分  第一部

    12時40分  第二部

    13時40分 講義終了

    ※講義終了後、簡単な名刺交換会や参加者同士の交流を出来る時間を設けます。

     ただし、講師二名については、スケジュールの都合もあり、簡単なご挨拶程度になります。

 
【場所】バンタンデザイン研究所


   恵比寿本校 デザイナーズメゾン 2階
   
   〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-14
   恵比寿駅西口より徒歩1分

   ※関連施設が恵比寿駅周辺に多数ある為、事前によくご確認下さい

 

【講演テーマ】


 
第一部

イニィゴ氏による講演


・イニィゴ氏自身が経験した、エストゥディアンテスの選手育成プログラムについて。また、
その後、どのタイミングで、コーチ転身のキャリアを選択したかについて。

・そしてイニィゴは実際にどのように、どのような条件でコーチの職につき、現在も続けられ
ているのか?

 


テーマの意図
イニィゴ氏の実体験を語って頂く事で、エストゥディアンテスの育成システムについて
考える機会を設ける。また、育成部門にフルタイムで働いているコーチはどれぐらい
いるかどうかなど、コーチにまつわる環境について知識のシェア

 

第二部

セルヒオ氏による講演

 
・マドリードのサンフェルミン地区で行なっている地域貢献活動について
・バスケットボールを通じた社会貢献について


テーマの意図
スペインバスケット界での様々な経験をどのように地域の活動に
生かし、スポーツを通じた社会活動に繫げているかについて
知識や経験をシェアする為

 
※現在、講演テーマの詳細について最終調整中です。
大枠については、上記のとおりとなります。
 

【こんな人にお勧めです】

スペインバスケットの文化を学び、日本バスケの環境整備に役立てたい人

NPOや地域総合型クラブのマネージャーや関係者
スポーツを通じた社会貢献活動を勉強したい方
スペインのバスケット文化を学びたい方

及び、育成型プロクラブチームの仕組みなどについて学びたい方

 

【費用】社会人 5000円  学生3000円


【講師プロフィール(主な履歴)】

イニィゴ・デ・ラ・ビーリャ(1989年 Madrid生まれ / スペイン語・英語)


2004-2009 エストゥディアンテス育成年代コーチ、提携高校チームコーチ
2009-2010 エストゥディアンテスU16コーチ、U12コーチ
2010-2011 エストゥディアンテスU15コーチAC、2ndチームAC
 2011-2012 エストゥディアンテスU12コーチAC、2ndチームAC
2012-2013 エストゥディアンテスU17コーチ、U12コーチ、2ndチームAC
2005-2013 エストゥディアンテス・サマーキャンプ・コーチ&コーディネーター

セルヒオ・ルイス・アントラン 1978年 Zaragoza 生まれ/ スペイン語・英語

2001-09 サラゴサのアラゴン新聞の記者
2009-11 メリリャでソーシャルプロジェクトチームコーチ
2010-11 ウニカハ・マラガU16ゲストコーチ
2011-13 エストゥディアンテス幼児クラスコーチ、社会人チームコーチ
2012-13 サンフェルミン地区コーチ(地域貢献活動)
2012年マドリードでのACBサマーキャンプ・コーチ
2013年日本人コーチによるコーチエデュケーションツアー、コーディネーター

•フリーランスのライターとして数々のメディアに寄稿
•複数の日本人コーチが渡西した際にもガイドをつとめ、日本バスケや文化
についても理解が深い
•協会、ACB、スペイン各地のプロチームとの強いコネクションを持つ
•2012-13 エストゥディアンテス・ラジオのコメンテーター
•2013年エストゥディアンテス・サマーキャンプコーチ

 


【主催】株式会社UPSET /株式会社ERTLUC


【協力】バンタンデザイン研究所

【問合せ先】  株式会社UPSET 片岡秀一 07050249827

申し込みについて、下記メールアドレスに 1、氏名 2、所属 3、電話番号を

明記の上、御連絡お願い致します。  kataoka@upset-emg.com

また、FBのイベントページでの参加も受け付けております。

https://www.facebook.com/events/152296244975922/?ref=14 

 

※エストゥディアンテス(ClubEstudiantes S.A.D.)とは?

http://www.clubestudiantes.com/frontend/clubestudiantes/base.php

スペインのマドリードにあるプロバスケットボールチーム。スペインで1,2を争う
育成組織を持ち、数々のスペイン代表選手を生んでいる。最近ではセルヒオ・ロド
リゲス、カルロス・スアレス、フェリペ・レジェスなど、また先日NBAドラフトさ
れたブラジル人のルーカス・ノゲイラもエストゥディアンテスの育成選手。

1983年に創設されたプロリーグLiga ACBで1度も2部落ちをした事がないが、近年は
財政難から苦しい戦いが続いている一方、メンバー12名中4~6名は育成組織出身選
 手を起用している。

スペインで最も熱狂的なサポーターを持つクラブの1つとしても知られている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.upset-emg.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/177