Article
ブログ記事

高松ファイブアローズ Dexter Lyonsインタビュー(1)

投稿日
更新日
カテゴリー

【Dexter Lyons 髙松ファイブアローズ】


弊社サプライヤーの選手紹介シリーズ。前回の池本宗太朗選手に続き、
高松ファイブアローズのデクスター・ライオンズ選手です。

bjリーグでは外国籍選手の登録数や同時出場数がNBL(旧JBL)よりも多い
関係もあり、リーグ設立時より、数多くの外国籍選手が来日し、日本で
プレイしています。アメリカ国籍の選手が全体でも大多数を占めますが、
欧州、南米、中東のリーグなど世界各地のリーグを経て、bjリーグで
プレイしているケースも非常に多いです。

今回のデクスター・ライオンズ選手もその中の一人です。米国のフロリダ
州立大学を卒業後、オランダ、トルコ、ルクセンブルク、ドミニカ共和国、
スペイン、フランスの各リーグを経て、bjリーグとの契約で来日されました。

 

尚、本企画は、世界中のバスケットボール選手とチームとを有機的に繫げる
活動をされている『ballerbridge』の日本支部担当である大久保陽介さんの
ご協力、及び、高松ファイブアローズの五十嵐様のご協力により、下記のような
インタビュー記事の制作が可能となりました。

 

英語協力

ballersbridge
http://www.ballersbridge.com/home/

問合せ先:okubo@ballersbridge.com 

 

 
高松ファイブアローズ
http://www.fivearrows.jp/

 

サッカーではスポーツを通じて世界を感じる事が日常化してきました。日本代表の
豊富な国際試合に始まり、トップ選手から草の根の選手までに拡がる幅広い海外
リーグへの挑戦、若年層世代での海外の強豪チームによるクリニックなど、
世界各国との交流が見て取れます。また、Jリーグではアジアのサッカー先進国
としてアジア各国へのサッカー指導なども盛んです。

 

現在、日本のバスケットボール競技を取り巻く環境としては、サッカーなどに比べる
と、海外へ挑戦するケースは稀ですが、サッカーに比べてバスケットの世界が
狭いかというと、むしろ、バスケットボールの方が幅広い世界を構築しています。


世界の競技者総数で約4億5千万人(サッカーは約2億4千万人)、国際バスケットボール
連盟の加盟国と地域の数で213か国(FIFAは209)と、世界中で愛されているスポーツ
です。ライオンズ選手の豊富なキャリアについての記事が、皆様の世界を拡げる
一助になれば幸いです。

 

 

Dexter Lyons インタビュー

 

raion.jpg

 


◇ライオンズ選手の出身地について、どのような土地で生まれ育ったのかを
教えて下さい。
(Where did you grow up in Florida? How is your town look like?)

 

The part of Florida I spent some of my childhood is called Bushnell, Florida
and Lakeland, Florida. Bushnell is a very small town, during the time I was
 there before moving to College Park, Georgia, was maybe 2,100 people.

 

自分は小さい頃、フロリダ州のブッシュネルとレイクランドという人口2100人くらいの
小さな町でジョージア州のカレッジパークに引っ越すまでの間、過ごしました。

 

◇バスケットボールを始めたきっかけと、小さいころの目標。好きだった選手。
また、競技として真剣にバスケットボールに打ち込む事を決めたきっかけや経緯。
理由。

 
(Give me your story of starting playing basketball. What was your dream back then?
Did you like any particular player? What do you think, when is your turning-point /
life changing event? And why?)

 
At the age of 4, in Bushnell is were my brothers and myself built our first
Basketball goal out of a Big Flower pot… Then later on a Bicycle Rim…
"THE DREAM IS BORN!"


4歳くらいの時に兄たちと 植木鉢を使って自分たちで初めてバスケットゴールを作り、その
後は自転車の車輪を使ったりと工夫してゴールを作りました。それが自分の夢の始まりだと
思います。

For me, my favorite players at the time when I was younger was my 2 older brother
James Jr. And Dorsett Lyons!! And being the youngest I liked who they liked. My
oldest brother liked Michael Jordan and next brother Dorsett liking Dominique
Wilkins and Hakim Olajuwon!  My turning point was in middle school ineligible
to play on the 7th grade team. After that year it happened again in 9th grade
on the varsity team.  Not being able to play Basketball was a terrible feeling.

 
その頃2人の兄であるジェームスJrとドーセット・ライオンズと一緒に遊んでいた一番小
さい自分にとって、彼らが好きな選手が自分の好きな選手でした。一番上の兄はマイケ
ル・ジョーダン、そして2番目の兄のドーセットはドミニク・ウィルキンスやアキーム・
オラジュワンが好きでした。

自分は中学生の時、同世代のチームでプレイさせてもらえなかった事があります。また高
校生の時にも代表チームでプレイ出来なかった経験を味わいました。バスケットボールが
出来ないことがこれほどまでに辛いことかと分かったその時が自分にとってのターニング
ポイントだったと思います。

 

 

セントラルフロリダ大学での日々

 

ライオン2.jpg

 

◇セントラルフロリダ大学での活動実績など。戦績、学業の部分で専攻していた事、それ
以外で学んだ事。
( What did you study @ Cent. Florida?? How’s it? Any other sport or activities
 beside basketball?)


At the University of Central Florida, my major was Liberal Studies and minor in
Psychology. Basketball in college was a job so there was no time for anything else.

 
セントラルフロリダ大学当時、自分の主専攻は教養学、そして副専攻は心理学でした。大学
時代のバスケは一種の仕事のようなもので勉強とバスケをする以外には他に何かをする時間
はありませんでした。

 
◇フランス、トルコ、ルクセンブルク、ドミニカ、スペイン、フランス、そして日本と数多
くの国を経験しています。世界中のチームを渡り歩かれています。特に、スペインLEB PLATA
(LEAGUE SILVER 3部リーグ)のAlcazarでは翌年にLEB Oro(LEB GOLD 2部リーグ)に昇
格されたようですが、どのようなチームで、どのような役割を担い、昇格に貢献されたでしょう
か?その時の喜びや、今でも大切にしている思い出があれば教えてください


(Playing around world. France, Turkey, Luxembourg, The Dominican Republic, Spain,
and Japan…anything else?How’s it?

Specially, team Alcazar of LEB Plata in Spain; it was promoted to LEB Oro last year.
Playing such a team, how’s that? How do you contribute yourself into the team? What
 did you learn? Positively what do you get from them?)

 
I have been playing in many different countries over my 10 years . This journey has
been a good and bad one. In 10 years I have played in about 7 countries, but my main
Dream is to play in the NBA!!

 
この10年以上の間、様々な国でプレイする機会をいただきました。それらの中には良い思い
出も悪い思い出もあります。合計7つの国でプレイしてきましたが、自分の一番の夢は常にNBA
でプレイすることでした。


With the Spanish team Alcazar, I was the focus point on the team which as for ever
team I have had the blessings from My God to be on!! I just continued what I have
learned from my past growing up watching brothers and listening to my coaches and
studying NBA greats!! Leading my teams to 2 Championships!!

 

スペインのアルカザールでは幸運なことにチームの主力選手として活躍することができました。
今まで自分が兄たちを見たり、コーチの話に耳を傾けたり、一流のNBA選手達のプレイから学ん
だことをひたむきに続けることで、チームを2度の優勝へ導くことが出来ました。

(続く)

© FUKE STUDIO

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Dexter Lyons(デクスター・ライオンズ)
1981年10月25日生まれ
フロリダ州出身

セントラル・フロリダ州立大学を卒業後、オランダ、トルコ、
ルクセンブルク、ドミニカ共和国、スペイン、フランスで
プレイ。その後、bjリーグ宮崎シャイニングサンズに加入し、
高松ファイブアローズに移籍。

週間MVPにも輝くなどリーグ屈指のプレイヤーとして活躍
している。

Omiworld Almere(オランダ)
Darussafakal Istanburu(トルコ)
Basket Esch
CPN Pueblo Nuevo
San Lazaro
CB lllescas Superficies
CB lllescas Urban CLM
Fundacion Adepal Alcazar
 Saint Vallier Basket  Drome
宮崎シャイニングサンズ

 

to-top