Article
ブログ記事

社会人向けのトレーニングキャンプ(ACL損傷予防編)

投稿日
更新日
カテゴリー
社会人トレーニングキャンプ ACL編
集合写真2.jpg
講義中.jpg
競技生活を左右しかねない大怪我を防ぐ為に
大好評、株式会社PHYSIOFLEX代表取締役井上亮馬氏によるトレーニングキャンプ
シリーズについて、バスケットボール選手の天敵であるACL(前十字靭帯)損傷の
予防を主眼としたトレーニングキャンプを開催しました。
土日は競技活動で忙しいという方も数多くいらっしゃる事も把握しておりました
ので、平日の夜、そしてお仕事帰りでも行えるように都内での開催で企画させて
頂きました。
当日は、開催地である品川区周辺でお仕事をされている方を始め、千葉県の佐原
市から仕事終了直後に向って下さった方もおり、怪我の予防に対する関心の高さ
を感じました。
内容としては、膝の怪我に関する基礎知識をお伝えした後、怪我の原因の一つに
もなる筋肉の左右差、及び、柔軟性のチェックを実施。
その後、怪我予防の為に必要となる部位の筋力アップや柔軟性の向上を促進する
トレーニングを丁寧な解説、及び、参加者との質疑応答を行い、一つ一つ、ACL
損傷のリスクを減らすべく、プログラムを進めていきました。
今回、トレーナーの勉強をされている方や、チームの選手兼コーチとして活動を
している関係上、ご自身の知識を整理するだけではなく、周りの選手にも伝えよ
うと熱心に勉強されている方も参加下さりました。そのせいもあってか、どの
メニューに対しても真剣かつ細かく質問をされる参加者の姿がとても印象的でし
た。
写真 2015-01-21 19 20 48.jpg
姿勢.jpg
トレ2.jpg
あらゆるレベルのバスケットマンへ、より整備された競技環境を
井上亮馬氏は、オフシーズンのプロ選手の練習環境を整える活動として、玉川大学
バスケ部、及び、弊社と協力し合って合同トレーニングキャンプも過去2回実施。
さらには、アマチュア競技者向けに競技力アップのためのトレーニングキャンプや
、高校進学を控えた中学3年生向けのトレーニングキャンプも実施するなど、幅広
い層のバスケッットボール選手の競技環境の調整に余念がありません。
今後、バスケットボール選手に多い「腰痛」を予防する為の基礎的な知識を伝え、
実際のトレーニングを実施する会や、バスケットボールの特定のプレーを向上さ
せる(カットイン、ペイントエリアでの攻防、リバウンドの強化など)事に焦点
を絞ったトレーニングキャンプの開催も検討しています。
弊社内でも改めてご案内しますので、是非、ご利用ください。
詳しいトレーニング内容をこちらで書き切れないのが申し訳ありませんが、内容
が気になる方は、是非、ご参加頂くか、または、井上氏のトレーニング講座など
のご希望があれば、是非、お気軽にお問い合わせ下さい
担当
片岡
kataoka@www.upset-emg.com
(参考)
井上亮馬氏とUPSETとの過去のコラボレーション
井上氏の活動の想い こちら
プロ選手による合同トレーニングキャンプ 告知
プロ選手による合同トレーニングキャンプ レポート
中学3年生を対象としたトレーニングキャンプ 告知
競技力を高めたいアマチュア選手を対象としたトレーニング 告知
to-top