Article
ブログ記事

埼玉ブロンコス 佐々木優希選手

投稿日
更新日
カテゴリー
 
【埼玉ブロンコス選手紹介 -3- 】
 
オフィシャルウェアサプライヤー契約中の埼玉ブロンコスについて、同チームの応援番組を放映
中の「J:COMチャンネル ブロンコスBEAT!!!インタビュアー番組MC 滝沢ななえ」との連携企画
として、過去の放送分より埼玉ブロンコスの選手紹介を行います。
 
 
第3弾は佐々木優希選手です。
 
 
0011.JPG
 
 
 
 
J:COMチャンネル ブロンコスBEAT!!!内、佐々木優希選手のインタビューより抜粋
(interviewer 滝沢ななえ)
 
 
 
 
nobu001.jpg
 
 
――ご出身や、バスケットボールを始めた経緯について
 
神奈川県川崎市の出身です。バスケットボールを始めたのは小学校5年生から。
家族がバスケ一家(※注1)だったので、その影響でバスケットを始めました。
 
中学までは川崎で、高校から秋田県の能代工業へ進学しました。
 
※注1
兄はbjリーグ東京アパッチでプレイ。姉はWJBLのJALでプレーしていた。
 
 
――どのような高校生活でしたか?能代工業高校は伝統のあるチームな
ので、部則なども厳しかったのでしょうか?
 
バスケットボール三昧な生活でした。朝も練習、夕方も練習して、御飯
を食べて、寝て、起きたらまた練習、、というようなサイクルです。
休みの日は、朝から夕方まで練習して、ご飯を食べて、寝たら、また
練習という感覚です。
 
部の規則は本当にたくさんあって挙げたらキリが無いですね(笑)。
 
例えば、3点セットと言われる「生徒手帳、ハンカチ、ティッシュを常に
持っていなければいけない」、「1年生は3年生に話し掛けてはいけない。
話し掛けられて、はじめて話をしても良い」などがあります。
 
 
――高校を卒業後、大学へ進学をしたのは?
 
高校時代からbjリーグは知っていて、挑戦したい気持ちはありました。
ですが、大学バスケの中で、当たりが強い選手と対戦したり、(学生選手
の中にも)上には上がいる事を知ってから挑戦しても遅くないんじゃない
かと思い、先輩のアドバイスもあって、法政大学に進学しました。
 
 
――ブロンコスが強くなるためには?
 
自信を持ってプレーをする事が大事だと思います。コーチからも言われてい
ますが、一つ一つのリバウンド、ルーズボール、一つのカットインに全力で
取り組み、力を出し切る事。悔いのないプレーをする事です。
 
 
――信平から佐々木に名前が変わりましたが?詳しい事情を伺っても良いで
しょうか?
 
 
本当は去年から変わっていました。自分としては早めに発表をしたかったの
ですが、シーズン途中というタイミングもあり、今年の発表となりました。
 
簡単にいうと、結婚をして婿入りをしたため、名字が変わりました。
元々、信平と言う珍しい苗字だったので驚かれるケースも多かったですが、
自分としては慣れまして、普通です(笑)。
 
コートネームがあり、それはNOBUという名前のままですので、ノブでも、信
平でも、佐々木でも、優希でも、なんでも、気軽に声を掛けて頂ければと
思います。
 
 
――ブースターの方へメッセージをお願いします。
 
いつも応援ありがとうございます。チームが変わったなと思って頂けるよう、
毎試合、全力で頑張ります!
 
 
0270.JPG
 
 
 
——————————–
 
佐々木優希(ササキユウキ)
 
1987年4月23日生まれ。神奈川県川崎市出身。
川崎市立中野島中学校~能代工業~法政大学~秋田ノーザン
ハピネッツ~埼玉ブロンコス
 
 
秋田県立能代工業高校時代は1年生の頃より主力として活躍。2003年、04年の
選抜大会では2年連続の優勝とベスト5を受賞。法政大学時代は、2007年の下級
生時にインカレ準優勝に主力として貢献。08年、09年はベスト16へ進出。
 
卒業後、秋田ノーザンハピネッツに入団し、2011-12シーズンは340分に出場。
56得点を挙げる。埼玉ブロンコスに移籍後は、2012-13シーズンで1104分出場
330得点、13-14シーズンは950分に出場し255得点を挙げる活躍。
 
今シーズンも2/19時点で714分に出場、168得点を挙げ、主力選手の一人として奮
闘している。
 
 
過去のインタビュー記事など
 
埼玉ブロンコス内の掲載記事
大学時代の掲載記事
 
 
 
to-top