Article
ブログ記事

埼玉ブロンコス 永田晃司選手

投稿日
更新日
カテゴリー
【埼玉ブロンコス選手紹介 -4- 】
 
オフィシャルウェアサプライヤー契約中の埼玉ブロンコスについて、同チームの応援番組を放映
中の「J:COMチャンネル ブロンコスBEAT!!!インタビュアー番組MC 滝沢ななえ」との連携企画
として、過去の放送分より埼玉ブロンコスの選手紹介を行います。
 
 
第3弾は永田晃司選手です。
 
 
0241.JPG
 
 
J:COMチャンネル ブロンコスBEAT!!!内、永田晃司選手のインタビューより抜粋
(interviewer 滝沢ななえ)
 
 
nagata001.jpg
 
 
nagata003.jpg
 
 
 
――バスケを始めたきっかけについて
 
小学5年の時に始めました。兄がやっていたのを見て、面白そうと思ったのがきっかけです。
拓殖大学時代は、学校と寮の往復のような生活でした。
 
学校に行って、授業が終わったら寮に帰って、部活に行って、、という繰り返しでした。
(バスケが彼女ですか?と聞かれて)・・・・・まぁ、、そんな感じですね。
 
 
―――ストリートバスケもやられていたと伺い、動画なども拝見しました。
また、以前は髪型も坊主でしたよね?
 
はい、やっていました(所属チーム:UNDERDOG)。分かりやすく言うと、ハーフコートの3
対3などです。友達がやっており、誘って頂いたのがきっかけです。
ハイ、以前は坊主でした。夏場でしたので。
 
――夏は坊主にして、冬になると髪が伸びて、、、と、そういう感じですか?
 
ハイ、そうですね(笑)
 
――埼玉ブロンコスはどんなチームですか?
 
ブロンコスは非常に若く、仲の良いチームです。チームワークが非常に良いと思います。
仲は良いんですが、練習中は必要以上に笑わずに、締めてやろうとして取り組んでいます。
 
あまり練習中に笑っていなかったですよね??
 
 
――そうですね。真剣な表情が印象的でした。HCにはベテランと言えども怒られていますが?嫌になりませんか?
 
はい、ベテランでも関係ありません。ガンガン怒られます。勿論、嫌にはなりません。バスケットボールも大好きですし。
シューターというポジションで役割を与えて頂いているので、もっと確率をあげられるように頑張りたいです。
 
――チームメイトにメッセージはありますか??
 
そうですね、もっとチームメイトを敬えと言いたいです。
 
僕も精神年齢が高いほうではないので、一緒にふざけてしまっている部分もあるのですが・・。もう少し、敬って欲しいですね。
 
―――埼玉ブロンコスを支えて下さっているブースターへ
 
アウェイの信州戦など、あれだけのブースターが声援を送って下さり、とても力になっています。勝利を見せられるように頑張ります。
 
 
――ありがとうございました。
 
 
0168.JPG
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・
 
永田晃司(ナガタコウジ)
 
1981年7月31日生まれ 広島県出身
 
広島市立基町高等学校、拓殖大学をを経て、葵企業に入社。関東実業団バス
ケットボール連盟やストリートバスケットの舞台を中心に活躍。
 
2012-13年シーズンよりプロ選手として活動。レバンガ北海道時代は、初年度
こそ53分の出場、6得点と出場時間を獲得できず、チームも天皇杯での青山学
院大学への敗戦、シーズン6勝と苦しんだが、翌年は116分の出場、42得点と結果
を残すと共に、チームもプレイオフを得失点差0.01で逃す31勝23敗と大きく飛躍
を遂げたのは熱心なバスケットファンならな記憶に新しいところである。
 
2014-15年よりTKbjリーグの埼玉ブロンコスへ移籍。2/19時点で1012分の出場、3
32得点(平均10点)、111アシスト、65スティール(リーグ全体で4位)と安定し
た戦績を残し、オールスターゲームにも選出された。
 
関東実業団時代は葵企業の主力としてチームを牽引。2008年、11年にはリーグ全
体の優秀選手賞も受賞歴も誇る。全日本実業団選手権ではタツタ電線、昭和四日市
石油、西野製作所に勝利し、チーム初となるベスト8進出。準々決勝で日本無線に
61-83で敗戦し、4強入りは逃したが、チームにとって新しい歴史を切り開いた。
 
玄人を唸らせるプレーが持ち味であり、実業団時代からのファンも多い。
to-top