Article
ブログ記事

埼玉ブロンコス ゲイリー・ジョンソン

投稿日
更新日
カテゴリー
【埼玉ブロンコス選手紹介 -2- 】
 
オフィシャルウェアサプライヤー契約中の埼玉ブロンコスについて、同チームの応援番組を放映
中の「J:COMチャンネル ブロンコスBEAT!!!インタビュアー番組MC 滝沢ななえ」との連携企画
として、過去の放送分より埼玉ブロンコスの選手紹介を行います。
 
 
第2弾は副将を務めるゲイリー・ジョンソン選手です。
 
 
01099.JPG
 
 
J:COMチャンネル ブロンコスBEAT!!!内、ゲイリー・ジョンソン選手のインタビューより抜粋
(interviewer 滝沢ななえ)
 
 
 
――ご出身の地域や、簡単な経歴について教えて下さい。
 
カリフォルニア州のモレノバレー出身です。人も多く、気候も温かく、とても良い所です。
妹が2人います。雪が降らない温かな地域なので、小さい頃は、朝から晩まで、バスケット
ボールばかりをやっていました。
 
 
――大学時代の思い出について
 
NYの大学(University at Albany State University of NY)でプレーしました。大学
時代は、私にとって非常に特別な経験となりました。優勝も2回経験(注※1)し、最高
の仲間も出来ました。
 
故郷であるカリフォルニアに比べて、日本の冬は寒いですが(苦笑、NYで大学時代を
過ごしたので寒さにも慣れています。
 
でも、それまでジャケットを買ったことが無かったのに、NYで始めて買ったんですよ笑
 
※注1
 
UAlbany(University at Albany State University of NYの通称)では、2013年に所属
するアメリカ・イーストカンファレンスのポストシーズン決勝でヴァーモント大を53-49
で降して優勝。NCAAトーナメントにも選出。その翌年は、同カンファレンストーナメン
ト決勝でストーニー・ブルック大学を69-60で優勝。2年連続でNCAAトーナメントに出場。
 
2013年は61-73でDUKE大学(アメリカ代表のコーチも務めるコーチKが指揮)、2014
年はFlolida大学に55-67で敗戦している。
 
DUKE大学との試合のBOXスコアはこちらより。
 
 
 
――ブロンコス入団の経緯について
 
大学を卒業後(2014年夏)、NY在住の日本人の代理人からブロンコス入りの話を頂き、
挑戦してみようと思いました。ブロンコスの一員になれてとても嬉しいです。
 
 
――今年のブロンコスはどんなチームか?また、目標について教えて下さい
 
オーモン(ブライアン・オーモン選手)やコウジ(永田選手)のように経験豊富なベ
テラン選手もいるけど、HCも新しく、選手の若く、新加入の選手が多い。とても若い
チームです。今は、強いチームを倒すための方法を皆で探している状態です。
 
目標はplayoff進出。その為には、チームケミストリーが重要です。
 
 
――ありがとうございました。
 
 
(参考)
 
NCAAのレギュレーションについて
 
渡邊雄太選手(ジョージワシントン大学所属)の活躍などにより、若い世代にも以前
よりも知られるようになったNCAAであるが、年間の大まかなリーグの進み方はあま
り知られていない。
 
Div.1のほとんどの大学はカンファレンスというグループに属しております。(現
在1校だけ無所属のチームが存在する)。このカンファレンスというのはTKbjやNB
L(順不同)やNBAのように便宜上わけられているリーグではなく、もっと各所属校
が密接に連携して、さらに自治権も与えられたグループです。
 
代表的なカンファレンスには、ACCやビッグテン、SEC等などである。 11月上旬
からカレッジバスケシーズンが始まり、だいたい年末まではそのカンファレンス
所属以外のチームとの対戦となり、年が明けるとそれぞれのカンファレンスの中
のチームとの対戦となります。
 
これがいわゆるレギュラーシーズンで、全米No.1を決定するNCAAトーナメントへ
出場するためには、このレギュラーシーズン、特にカンファレンスゲームで優秀
な成績を収めることが必要です。
 
さらに、もうひとつ、3月上旬までにカンファレンスゲームを終了した後に行わ
れるカンファレンストーナメントで優勝すると、自動的にNCAAトーナメントへ
の出場が決まります。
 
レギュラーシーズンの成績でNCAAトーナメントに選出されるのを「ラージ枠」、
カンファレンストーナメントで優勝すると自動選出されることからこれを
「オートマティック枠」と呼んでいます。
 
日本の高校野球の全国大会である『甲子園』に例えると「ラージ」は春の選
抜、「オートマティック」は都道府県予選の優勝チームが出場する夏の大会
と考えていただくとわかりやすいと思います。すべてのチームはこの大会に
出ることを目標とし、ここで優勝することが全米チャンピオンということに
なります。
 
(協力;NCAA カレッジバスケット March Madness in Japan事務局)
 
※日本国内にNCAAの良質な情報や観戦機会を与えるべくWEBページにて精力的
にコアな情報を発信されている取り組み。WEBサイトはこちらより。
 
 
0113.JPG
 
 
gary001.jpg
 
 
 
gary007.jpg
(写真提供 J:COMチャンネル ブロンコスBEAT!!!)
 
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 
Gary Johnson(ゲイリー・ジョンソン)
 
1991/9/15 カリフォルニア州モレノバレー出身
 
モレノバレー高校(Moreno Valley High School)からLAの大学に進学後、NCAA
ディビジョン1に所属するニューヨーク州立大学オールバニー大学(University at Albany
State University of NY)へと進学。在学中はNCAAトーナメントにも出場した。
 
2015年夏に大学を卒業後、ニューヨーク在住の代理人の勧めもあって埼玉ブロンコスへ
加入。プロ初年度であり、TKbjリーグ初年度の今シーズンであるが、2/12現在、出場時間
1035分はチームトップ、リーグ全体でも7位を誇る。平均得点18.6もチームトップであり、
リーグでは10位。副主将としてチームを牽引する。
 
また、大学時代の映像などもyoutubeに上がっているケースも多く、学生時代の活躍
振りが伝わってくるのも特徴。
 
動画はこちら
 
 
University at Albany State University of NY
 
 
University at Albany State University of NY 運動部サイト
 
 
to-top