Article
ブログ記事

大分MKS内でのプロ・アマ混合のピックアップゲーム

投稿日
更新日
カテゴリー
【MKS内でのピックアップゲームウェアの制作】
 
使用1.jpg
 
 
11393155_583129361828818_6383585085688682217_n.jpg
 
使用2.jpg
 
 
 
大分県のバスケットボール振興を目的とし、5 on 5のリーグ戦、3on3のトーナメント大会
を通じて競技環境の創出に取り組まれているMKS様で、大分県に所縁のあるプロ選手、強
豪実業団チーム所属選手、県内クラブチーム、大分県の高校を卒業したばかりの若手選手
を融合し、県内バスケットボールの縦と横の交流を目指すプロジェクトが始まりました。
 
名称は「Oita Pickup game」といい、文字通り、MKS事務局選出によって集まった県内各
クラブの選手により、MKS事務局でピックアップゲーム用に、弊社で制作したオリジナル
ウェア(MKS事務局のこだわりのデザインによる、フルオーダーリバーシブル)を身に纏い、
ゲームを行う事で新しい機会の創出を意図しています。
 
 
第1回目、第2回目のピックアップゲームにはTkbjリーグ大分ヒートデビルズで昨シーズンに
プレーされた奥本友人、高倉佑貴選手も参戦。
 
プロ選手の持つフィジカル、スキル、ゲーム中のメンタリティを駆使し、クラブチーム選手
や若手選手に非常に良い刺激を与えておりました。
 
 
S__7569463.jpg
 
 
主催者である松岡氏のコンセプト
 
 
「大分県内ではクラブチームを含め1つのチーム内でのプレーしかしない習慣があります。
 
他のチームに練習に行って他のチームのプレーヤーとのプレーを経験する機会がない為、
このような取り組みを企画しました。プロ選手や、強豪実業団チームに所属する選手を含め、
様々な背景を持つプレーヤーがゲームをすることにより、新しい縁や刺激が誕生すると
考えました。
 
また、提携する審判団、参加選手とも事前の打ち合わせをし、フィジカルコンタクトに対する
慣れを作るため、荒いプレーを除き、ある程度の激しい接触プレーを許容するルール設定にも
しています。」
 
 
 
 
 
これまでの参加選手一覧
 
 
 
OITA Pick Up Game openrun
参加選手一覧
 
Team Blue
奥本 友人(2014ー2015シーズンヒートデビルズ所属)
高倉 佑貴(2014ー2015シーズンヒートデビルズ所属)
山下 直人(SPIRIT)
甲斐野 祐輝(ヴァンガーズ)
竹本 宗一郎(O.C.S.)
 
Team White
安東 修司(大分中央クラブ)※MKS
高倉 新(日田協会)※MKS
但馬 光貴(SPIRIT)
小手川 大志(O.C.S.)
松井 友広(現在無所属)
高松 裕次郎(無所属)
 
 
 
第2回開催
 
【Team-blue】
 
高倉佑貴(ヒートデビルズ)
高倉新(日田協会)
松岡健太郎(SPIRIT)
湯之谷隆史(大分中央クラブ)
葛城太郎(佐伯BBC)
 
【Team-white】
大竹進太 (中津協会クラブ)
末松良太(中津協会クラブ)
幸大希(オルカーズ)
落合晃平(SPIRIT)
湯之谷亮平(SPIRIT)
 
 
次回
7/25(sat)18:00〜21:00
大洲総合サブアリーナにて。
 
 
 
参加プロ選手紹介
 
 
奥本友人(オクモトユウト)
 
1987年1月18日。大阪府出身。182cm/81キロ
阪南中~大阪工業大学高等学校~大阪商業大学~TGI D-RISE~レバンガ北海道
~群馬クレインサンダース~大分ヒートデビルズ
※チーム表記は当時のまま
 
海外独立リーグ(IBL)への挑戦経験と、JBL2、JBL、bjリーグと国内リーグでも
非常の豊富な経験を持つ選手。屈強な身体を生かしたディフェンスやシュート力で
チームに貢献。群馬での最終年ではシーズン通算で68分の出場にとどまったが、移
籍先の大分では359分に出場。9ゲームでスターティング5を務め、11月1日の滋賀
レイクスターズ戦では12得点を挙げて87-78と勝利にも大きく貢献した。
 
 
 
奥本選手のコメント
 
「こっち(大分県)に来てまだ1年なんでオフシーズンにピックアップゲームをしたくて
もできないところ、年齢、経験問わずバスケ好きの人達とバスケができる場所を提供し
ていただき色んな人たちとプレーできるところにとても魅力を感じた為、参加しました。
こういう場所を提供していただきとても感謝してます!!」
 
 
 
高倉佑貴(タカクラユウキ)
 
1986年11月3日 大分県日田市出身
 
日田林工高校~九州東海大学~日田協会(クラブチーム)~大分ヒートデビルズ
 
教員として仕事に情熱を傾け、地元の強豪クラブチームでプレーする傍ら、2011~12年
シーズンにトライアウトを経て練習生として地元のプロチームである大分ヒートデビルズ
に念願かなって入団。
 
同シーズンの後半には選手契約を締結しプロリーグの部隊へデビューを成し遂げる。契約
締結後、最初の週末の琉球ゴールデンキングス戦で12分の出場タイムを得るが、無得点に
終わる。さらに鍛錬を重ね、翌月に千葉ジェッツ戦に出場し、プロ初得点を挙げる。
 
15-16もプロの舞台での活躍をめざし、現在、精力的に活動中(7/21時点)
 
地元出身、及び、クラブチームでのプレーも経験している事もあり、クラブチームを通じて
の競技振興にも理解があり、MKS運営事務局とも様々な企画を構想中。
 
 
高倉選手のコメント
 
「シーズンも終わって、バスケをする環境を探していた時に主催者の松岡君から誘いがあり参
した。プロとアマが一緒の混合チームだったので楽しかった。アマの方達は、なかなかこう
いった機会はないと思うので、バスケでのコミュニケーション、またバスケ以外のコミュニ
ケーションもとっていきたい。次回もまた参加したいです。」
 
 
 
 
 
 
to-top