Article
ブログ記事

池田裕介選手 -Tamagawa Training Camp 2016 supported by UPSET

投稿日
更新日
カテゴリー

【Training Camp 2015 supported by UPSET 参加選手紹介 -池田裕介選手–】

ttc2016.2.jpg
株式会社PHYSIOFLEX主催のTamagawa Training Camp supportedby UPSET、
今年で4回目を迎える本取り組みは、6/18(土)・19(日)に玉川大学にて開催されます。
現在、プロ選手の参加、見学のトレーナー、コーチなど、随時募集しております。
詳細は下記概要ページより。
Tamagawa Training Camp 2016 supported by UPSET 開催概要
高橋幸大選手、鳴海亮選手に続き、今回はNBDL東京八王子トレインズに所属する池田
裕介選手の紹介記事です。学生時代は無名な選手でしたが、大学卒業後に頭角を現し、
NBDLでも2シーズンに渡って活躍。プロ3年目を迎える今シーズンの活躍が期待される
選手です。
(参考)
Tamagawa Training Camp 2015 supported by UPSET 鳴海亮の特集記事
Tamagawa Training Camp 2015 supported by UPSET 高橋幸大選手の特集
————————————————————–
池田裕介選手
候補.jpg
ikeda77jpg.jpg
©立花佳世
※選手着用アイテム フルオーダー昇華ノースリーブ
■夢は「プロバスケットボール選手」。しかし、学生時代の戦績は振るわず
マイケル・ジョーダンに憧れ、バスケットボールが盛んな福岡市内のミニバスケットボールクラブで競技
をスタート。将来の夢は「プロバスケットボール選手」であったが、ミニバス、中学校と地区大会以上にも
出場できず、夢見る世界からは程遠く、無名の中学生として過ごす。
進学をした福岡舞鶴高校も福岡県中部地区の3部に所属する高校で、顧問の先生はいたが、バスケット
の知識は無く、先輩方が自分たちでメニューを考えて自主的に取り組む方式で日々の練習が展開され
ており、けっして強豪校では無かった。
さらに、高校2年生の際に仕事の都合で千葉県へ引っ越しを経験。転校先の流山北高校では部員が5人
というギリギリの環境で競技に打ち込む。チームとしての練習よりも、主に自主練習でドリブルやシュート
の練習を重ねる日々が続いた。
同流山市にキャンパスがあり、バスケットボールの強化を進めていた江戸川大学へ進学しバスケ部に入
部し、厳しい部活動の練習の中で多くを学び、競技力を伸ばすも、部活動の方針と合わずに途中で退部。
以降は学内のサークルでバスケットボールは続ける。描き続けてきたプロバスケット選手になる事への憧
れは尽きないものの、どうやっても続いていかない自分の競技キャリアとのギャップに苦しむ時期が続く。
■強豪クラブチームへ入団。プロの取り組む姿勢に学ぶ
ikeda33.jpg
大学を卒業後、社会人として仕事をする傍ら、千葉県の千葉JETSの関連機関でもあり、強豪クラブチーム
である千葉エクスドリームス(現千葉ジェッツネクスト)※のトライアウトを受けて入団。憧れのプロチームに由来を持つチームであり
、かつ、当時のチームには、プロ志望の選手や、元実業団の選手などが揃い、当時の田選手にとっては
非常にレベルが高く、なかなか対外試合などへの出場機会は得られない時期が続く。
だが、仕事などの都合で参加が出来る選手は少数ながらも、経験豊富な選手らと共におこなう練習は刺激
も多く、高校時代までと同じように自主練習などを積み重ね、憧れのプロを目指すというモチベーションで競
技に打ち込む。
※千葉JETS内に掲載されている千葉エクスドリームスの活動理念など
目的
・千葉ジェッツの戦力アップと将来性のある若い選手を育成・強化する。
・日本代表、さらには海外で活躍できる選手を千葉県から輩出する
・千葉県バスケットボール協会に協力し、国体成年男子チームへ県代表選手を派遣する
・バスケットボールスクールやクリニックへ積極的に参加して、地域交流やバスケットボール普及に努める。
その後、千葉JETSの練習にも1部メニューのみ参加できるまでに実力を認められ、高いレベルの空気感を体
感する。この時の経験が、今の池田選手の活躍に大きな影響を与えたようだ。
「練習に参加できたと言っても、当時の自分では1部メニューのみ。勿論、練習中の紅白戦などには混ざれ
ませんし、当たり前ですが、よっぽど選手が少なくない限りはチャンスすら掴めない状況です。その中でも、
田中健介選手(Tkbj富山グラウジーズ。琉球ゴールデンキングスとのファイナルにも22分間出場し、主軸
として活躍)や佐藤博紀(現、千葉JETSのHC選手)らの練習に取り組む姿勢、準備、ハイレベルなプレー
に驚愕。自分の取り組み方を見直せました」
その甲斐あってか、千葉エクスドリームスでも出場機会を得るようになり、社会人バスケットボール界では知る人ぞ
知る存在になり、2012年関東クラブ選手権の決勝戦では敗れたものの、決勝戦では30得点近くを挙げる活躍を見
せ、全国クラブ選手権での3位入賞にも貢献。
■トライアウトを経て、再び九州へ。レノヴァ鹿児島へ入団
順調に成長曲線を描いているようにも見えたが、プロバスケットボール選手になるという目標で努力を重ねてきたも
のの、なかなかプロへの糸口を掴めず、本格的な競技挑戦には見切りを付け、別の道を模索しはじめた矢先、NB
DLレノヴァ鹿児島(チーム名は当時の名称)が関東地区でトライアウトを開催する知らせが入り、受験。
見事、練習生契約を勝ち取り、活動拠点を鹿児島に移す。その後、開幕1か月前には本契約を勝ち取り、念願か
なってプロデビュー。NBDL1年目にして、10.8得点(リーグ18位、日本人10位/トータル 904点)、2.7アシスト
(リーグ9位)、平均出場28.3分(日本人9位、全体15位)の好成績を残す。
翌シーズン、NBDLに新規参入する八王子トレインズへ移籍。新規発足チームの主軸の一人として、プレーを通じ
ていかにファンを楽しませることが出来るかを意識し、競技以外にも、社会貢献活動などでも全力を尽くし、心身の
コンディションを整えて2年目のシーズンへ。
■NBDL2年目、チームを勝利に導く活躍を見せる
ikeda6.jpg
記念すべき開幕戦となった東京海上ビックブルー戦でもスタメン出場を果たし、チーム最多の16得点を挙げチーム
を勝利に導く活躍を見せる。また、1/24東京海上日動戦(八王子74-63東京海上)に36点入れ、その翌週の、リーグ
最少失点を誇る豊通名古屋戦では2戦連続で20得点オーバー(40分のフル出場も)などの個人記録を残し、また、
リーグ通算で4敗(32勝)しか負けていないチームを相手に貴重な1勝をチームにもたらし、中心選手として活躍。
NBDLとNBLの2リーグの同時開催となった2月13日(土),14日(日)にエスフォルタアリーナ八王子で初開催されるア
ルバルクホームゲームでは、両日ともに32分の出場と2桁得点をマーク。アイシンAWを相手に1勝1敗であったが、
千葉エクスドリームス時代に練習などで御世話になった冨山(トヨタ自動車アルバルク東京AC)氏に再会し、プロの
舞台にいる事を実感すると共に、さらなる高みを目指そうとするモチベーションにも転化させた。
2015-16年 池田選手のシーズンスタッフ(NBDLサイトより)
本人曰く「現状に満足せず、常に向上心を持って取り組んでいるのが自分の強み」であると語る。結局、八王子トレ
インズでの1シーズン目は、リーグ通算392点は鳴海選手に次いでチーム2位、平均得点14.0点はリーグ全体9位、
日本人選手3位)の好成績を残した。
TTC2015では、体力測定の全てのセクションで高いパフォーマンスを見せ、玉川学園の高校生・大学生が見とれる
場面も。プロ選手によるプチクリニックの最中には自主練習で取り組んでいるシューティングドリルを伝授。体力と脚
力を消耗する過酷なドリルの中でも、見事なデモンストレーションに参加選手からも大きな拍手喝さいを浴び、トレー
ニングセッションでも、周りの選手を盛り上げながら次々と意欲的に取り組み、会場を盛り上げた。
ピックアップゲームではインサイドからアウトサイドまで幅広いプレイエリアで大学生相手にプロ選手のフィジカルの
強さやシュート力、ディフェンスの強さを示し、2日間参加した選手代表としてプロ選手から学生選手への挨拶なども
担当。
■地道に這い上がった選手だからこその役割と、夢
ikeda2.jpg
異色の経歴からNBDLでの大活躍をしているが本人はあくまでも謙遜。同時に、自分の様なキャリアだからこそのバ
スケ界での役割と、プレイヤーとしての目標も明確であり、常に上を向いている。
「自分の役割は、子供達に夢を与えること、観に来てくれているお客さんを楽しませることです。自分はまだまだバス
ケ界では小さな存在ですが、地道に這い上がってみんなが自分を目標となる選手になっていきたいと思います」
自身の歩んできた道のりを振り返って語りつつ、「Bリーグの具体的な構想が発表された時にB1リーグを強く意識し
した。目の前の練習、試合に全力で取り組む事、チームを勝利に導くプレーを続ける事で、絶対に辿り着きたい
と思っています。また、プロの世界では、対戦したことがないんですが、田臥選手は本当に見ていて面白いですし、
学ぶ所がたくさんあります!田臥選手が現役の内に対戦するのも目標です!」
NBDLでの2シーズンを通じて学んだ事は、ディフェンスの知識や厳しさであり、かつては別の道も模索していたが、現
在では引退後のキャリアとしてHCやスキルコーチなど、バスケットボールに関わる道を頭の片隅で意識しながら競技
とトレーニングに没頭中。「プロチームの中だからこその楽しさ、厳しさを味わったからこそであり、何よりも、自身の経
験を踏まえ「上手くなりたいと思ってる人を上手くさせてあげられるようになりたい」という想いが強いという。
2016-17シーズンは、池田選手にとっても3年目のプロシーズン。ますます注目が集まる存在である。
ikeda888.jpg
ikeda88.jpg
———————————————————
池田裕介
1988/11/2 180cm/70kg
下山門小(福岡県)-下山門中(福岡県)-流山北高(千葉)-江戸川大学
1988/11/2 180cm/70kg
下山門小(福岡県)-下山門中(福岡県)-流山北高(千葉)-江戸川大学
to-top