Article
ブログ記事

気仙沼バスケットボールクラブ(宮城県気仙沼市) -制作事例、及びチーム紹介-

投稿日
更新日
カテゴリー
【気仙沼バスケットボールクラブ】
 
弊社でウェア制作をして頂いているチームの中から、印象的な活動
をされているチームの紹介です。
 
 
————————————————–
 
気仙沼バスケットボールクラブ(宮城県気仙沼市)
 
 
S__47882253.jpg
 
13238864_604006713089304_6525307984233820995_n.jpg
 
(制作アイテム:フルオーダー昇華ゲームウェア、フルオーダー昇華Tシャツ)
 
 
 
気仙沼市バスケットボール協会(同協会内にクラブチームの情報も掲載)
 
 
 
■約20年ぶりにクラブ連盟の大会に復活
 
 
宮城県気仙沼市を活動拠点とし、同市出身選手を中心に構成された社会人クラブ
チーム。2016年度より日本バスケットボール協会傘下の宮城県クラブ連盟に加入
し、同連盟の大会での上位進出を目指して本格的に活動をスタートした。
 
また、競技での成績と共に、高校生以上の気仙沼市のバスケットボール愛好家の
受け皿に、また地域のジュニア選手との交流などを通じ、気仙沼市のバスケット
ボール振興に繫げるよう、スポーツを通じて人間性を育み、地域社会のロール
モデルになるべく、気仙沼市バスケットボール協会が手掛ける様々が事業にも
同チームの選手が運営スタッフとしてサポートしている。
 
 
日本バスケットボール協会への登録は2016年シーズンであり、まったくもって
新しいチームというわけでもない。元々、気仙沼クラブは、1980~90年代にも
日本バスケットボール協会に登録し、宮城県バスケットボール連盟下で活躍を
していた。だが、中心世代の競技引退に伴って活動を停止していたという事情
がある。
 
今回、地域のバスケットボールを盛り上げようとする機運の中、約20年の時を
経て、当時の選手であり、代表者である袖野選手の息子である袖野洸良選手
や、その仲間を中心に活動を再開。
 
1980年代当時から、強化奨励費として、各連盟への登録費用などを地元の協
会がサポートをする体制が取られていたが、今回も、気仙沼から、宮城県全
体の大会や、東北地区、全国大会へと繋がる大会へ挑戦するチームを応援す
るという名目で、理事会などをの承認を経て、地元連盟のバックアップを受
けて活動をする体制が継承されている。
 
 
■選手が地域のバスケ振興に積極的に貢献
 
 
バスケの勉強会_8175.jpg
 
バスケの勉強会_9056.jpg
 
前述のとおり、チームの多くのメンバーが気仙沼市バスケットボール協会の理事
や役員を務めており、同市で積極的に取り組まれている各種の事業の運営メン
バーとして活躍。
 
具体的には、3×3のリーグ戦KNL(気仙沼ナイトリーグ)の運営を通じて、ブランクの
ある人や、所属チームが無い為にバスケットボールを再開する機会が無かった層に
向けた個人参加・登録制の「ENJOY LEAGUE」の展開、同時に、より競技志向の選
手を対象とした同リーグのチャンピオンズリーグも展開し、幅広い世代、競技レベルに
応じて競技を楽しむ場を創出。
 
 
また、バスケの指導者に関わる教職員、将来的に指導者を志すバスケット競技者
を対象に、JBA公式ライセンスC級を所有する袖野氏が、自身の学んできた事や、
勉強の成果を伝達・共有をし、知識の向上に繫げる「バスケットボールの勉強会」
を実施。
 
 
現在のメンバーの多くは、2011年の東日本大震災を経験し、気仙沼市の復興
活動に取り組む中で、スポーツが子供たちや、街の方々に与える活力や、交
流を促進するパワーに影響され、バスケットボールを再開、または、復興活
動の中で、バスケットボールの普及活動や指導を始めた選手も多く、街の
復興とともに、バスケットボールを通じて健康、世代を超えた地域の良質
なコミュニケーションを促進することを目指している。。
 
 
■沿岸地域のクラブチーム(高田クラブ、大船渡クラブなど)との連携
 
13083367_592766047546704_7597438124315918995_n.jpg
 
2013年に発足した、市内唯一のミニバスケットボールクラブ「気仙沼ミニバ
スケットボール少年団」では、ミニバス世代での勝利だけに囚われず、中学・
高校、その後もバスケットボールを通じて幅広く活躍できるような中期的な
視点を持った指導方針を持ち、地道に活動を続けている。
 
今後は、市内で育った選手や、気仙沼に移住してきた社会人世代の受け皿とな
り、本格的な競技を楽しめ、かつ、目標に向かって取り組む事や、その過程を
通じての様々な出会い、また、普及活動を通じた出会い、人生を豊かに出来る
ような社会人チームを目指して活動中。
 
既に、沿岸地域のチームと連携を取り、伝統のあるクラブチームである高田ク
ラブ(陸前高田市)、大船渡クラブ(岩手県)などとも練習試合を行い、2016
年シーズンの大会に向けて準備に取り組んできた。
 
2016年5月に迎えた平成28年度春季選手権大会第71回国体県予選(選手選考会)
では記念すべき初勝利を挙げたのち、第2シードの強豪チームYBCに敗退する
も、チーム理念に則り、目標達成に向け、コツコツと足取りを進めている。
 
 
気仙沼市バスケットボール協会
 
 
(試合記録)
 
平成28年度春季選手権大会第71回国体県予選(選手選考会)
 
2回戦(抽選シードで2回戦より参戦)
気仙沼バスケットボールクラブ92-84古川クラブ
 
3回戦
気仙沼バスケットボールクラブ 58-105 YBC(第2シード)
 
 
13241339_604275089729133_4675996265161287056_n.jpg
 
 
 
気仙沼市バスケットボール協会
to-top