ホーム > UPSETブログ > 2018年3月

2018年3月

BASKETBALL SPIRITSに埼玉ブロンコス登場!!

BASKETBALL SPIRITSに埼玉ブロンコス登場!!
 

 
 
 
さいたまスーパーアリーナ内、コミュニティアリーナで開催された
埼玉ブロンコス対東京エクセレンス戦のレポートがBASKETBALL SPIRITS
 ONLINEに掲載。上田雅也選手のコメントも掲載されています。
 
B3ファイナルステージが『さいたまスーパーアリーナ』で開幕!
 
-----
 
立命館大学から埼玉に入団し、3シーズン目となる上田選手。「ベンチ
でヘッドコーチが考えることがコート上で出せるようにだいぶなってき
ました」とコリアー・セントクレアヘッドコーチとのコミュニケーション
が円滑になったことでチームは上向きはじめている。
 
上田選手が埼玉でプロのキャリアを歩き始めたときはbjリーグラスト
シーズンであり、5勝しかできなかった。今、B3とはいえ、昨シーズン
の16勝(36敗)を大きく上回る25勝(18敗)をすでに挙げている。
 
結果だけを見れば上向いている状況だが、「目標が優勝なので、勝ち星
があるから喜ぶことはない」と気を引き締め、ファイナルステージに臨む。
 
 
<写真掲載選手>
 
埼玉ブロンコス
#0 上田雅也
#3 高橋幸大
#11 今井宏樹
 
<写真内選手着用ウェア>
・フルオーダー昇華ゲームウェア
 
※UPSETの特徴は昇華プリントの特徴を最大限に生かしたフルオーダーメイ
ドのデザイン制作(デザイン代金無料、定額制)です。ご希望と共にが、
下記HPよりお気軽にお問い合わせください!
 
 
 
※参考
 
過去、BASKETBALL SPIRITS ONLINE様ではUPSETがオフィシャルサプライヤーを務める愛媛オレンジ
バイキングスのグレスマンHCの試合後インタビューも掲載された事があります。

 
 
 
 

hangtime誌にて特集! 愛媛オレンジバイキングス 『B1昇格への挑戦権を目指す』 B2西地区に旋風を巻き起こす瀬戸内海の水軍

hangtime誌にて特集!
愛媛オレンジバイキングス
 
『B1昇格への挑戦権を目指す』
B2西地区に旋風を巻き起こす瀬戸内海の水軍

 
 
 
今シーズン開幕直前、NCAA Div1に所属するLong Island University,Duquesne Universityでのアシス
タントコーチなど10年以上のキャリアを持つリチャード・グレスマン氏をHCとして招聘した愛媛
オレンジバイキングス。
 
「アップテンポな攻撃的なスタイルでファンの皆様に楽しんで頂けるスタイルを目指します」との
宣言通り、シーズン序盤には7連勝を挙げるなど得点力を武器に勝ち星を重ねて注目を集めた。
 
攻撃の中心は、地元出身でファンの期待も大きい俊野兄弟だ。兄である#33 俊野達彦はアシストで
B2全体で上位に君臨、今シーズン、ここまで2回のダブルダブルを達成するなど得点力も光る。弟の
#13俊野佳彦は、爆発力が魅力。25点オーバーの試合を幾度となく記録、攻撃力を遺憾なく発揮して
いる。B2得点ランキングでは、外国籍選手を抑えて首位に輝いた時期もあったほどだ。
 
,また、ドライブ、アシスト、アウトサイド・インサイドと、万能型でクレバーなプレーを得意とす
る#16笠原太志、#11チェハーレス・タプスコットのコンビも好調の要因。リチャード・グレスマン
HCの信頼も厚く、戦術の幅を拡げると共に、相手チームにとっても脅威になっている。
 
hangtime内の特集では、リチャード・グレスマンHCの着任から現在に至るまでのチーム作りのアプ
ローチについて、本人のコメント、昨季と比較した各種データ、選手による証言や手応え、シーズン
終盤戦に向けた意気込みや展望が語られている。
 
 
※UPSETでは、特別仕様のゲームウェアとして愛媛オレンジバイキングスでも使用しているタイト
シルエット(伸縮生地)でのゲームウェア製造も承っております。
 
詳しくは弊社HPよりお問い合わせください
 
 

 

hangtime特集記事 『埼玉ブロンコス B3を制し、B2へ昇格するための道を、一歩ずつ着実に進む』

hangtime特集
埼玉ブロンコス
B3を制し、B2へ昇格するための道を、一歩ずつ着実に進む
 
 

 

 
特集記事の中では、埼玉ブロンコスの歴史を紐解く形で今シーズンの躍進を紹介。bjリーグ発
足時の「オリジナル6」として長い歴史を持つ埼玉ブロンコス。年度ごとにロスターが入れ替わ
り、継続的な強化に上手く取り組めない時期も続いたが、近年のシーズンでは中期的な視点に
立ったチーム作りに成功していると分析。
 
2017-18年シーズン開幕戦となった東京エクセレンス戦での勝利に象徴されるように、勝ち星先
行で好調を維持している。
 
hangtime特集では、2シーズン目を迎えるコリアー・セントクレアHCの取り組み、2人体制で主将
を務める#0上田雅也、#23 佐々木優希のコメントを中心にチームの歩みを紹介。
 
末尾では、成田俊彦(埼玉ブロンコス代表取締役社長)氏の振り返りと共にチームの軌跡、周囲
からの期待の声、今後の展望が紹介されている。
 
 
 

TOKYO SAMURAI AAU、B.LEAGUE U15 CHALLENGE CUP 2018に参戦!

TOKYO SAMURAI AAU

※フルオーダー昇華リバーシブル

 

 

弊社でウェア製作をしているTOKYO SAMURAI AAU、B.LEAGUE U15 CHALLENGE CUP 2018
に参戦しています!
 
招待枠での大会参戦となりますが、部活動チーム、ジュニアクラブチーム、Bリーグユースチーム
とのゲームも数多く組まれております。日本のバスケットボール文化とは異なるスタイルを持つ
TOKYO SAMURAI AAUが、B.LEAGUEの主催するジュニア世代の交流大会に刺激を与えてくれる
ことでしょう!
 
※TOKYO SAMURAI AAUとは、関東を中心とするインターナショナルスクールの選手などで構成さ
れるジュニアクラブチーム。夏場には米国で開催されているthe Double Pump Best of Summer Tournament
にも参戦。国内外で様々な経験を積めるように、コーチ陣が環境整備をしている。
 
U15 CHALLENGE CUP 2018
 
◇出場チーム(順不同)
 
Fイーグルス名古屋 U15
U15横浜ビー・コルセアーズ
栃木ブレックス U15
滋賀レイクスターズU15
U15千葉ジェッツ
U15 SEOUL SAMSUNG THUNDERS(韓国)
埼玉栄中学校
たんぽぽ
TOKYO SAMURAI
Eagle Nest S''tage
 
詳細はB.LEAGUE内の特設ページより
 
TOKYO SAMURAI AAU
 
<制作アイテム>
フルオーダー昇華リバーシブル
※UPSETの特徴は、デザイン代金無料で、お客様が希望される様々なアイデア、デザイン案への対応が可能
です。お気軽にお問い合わせください。
 
 
 

 

hangtime issue 007、愛媛オレンジバイキングス、埼玉ブロンコス の特集記事掲載!!

hangtime issue 007、愛媛オレンジバイキングス、埼玉ブロンコス
の特集記事掲載
 

 

 
 
弊社がオフィシャルウェアサプライヤーを務める愛媛オレンジバイキング
ス、埼玉ブロンコスの特集記事が「hangtime issue 007 (3/16販売号)」
に掲載されています。
 
「日本のバスケットボールを追いかける専門誌」をスローガンとする同誌
のコンセプト通り、チームの歴史、HCの戦術的な視点に沿った記事構成と
なっています。
 
また、同じく弊社ウェアを着用しておりますB3東京海上日動ビックブルーに
ついても、B3レビュー記事内に登場。『健闘を見せる企業形態のクラブ』
として、写真と共にリーグ戦での戦いぶりが掲載されています。
 
hangtime 
 
※UPSETでは、特別仕様のゲームウェアとして愛媛オレンジバイキングス
でも使用しているタイトシルエット(伸縮生地)でのゲームウェア製造も
承っております。
 
詳しくは弊社HPよりお問い合わせください
 
 
 
 

 

 

アルボラーダ(茨城県つくば市)Club Baloncesto Alborada

Club Baloncesto Alborada
アルボラーダ(茨城県つくば市)
 
※弊社ウェア製作チームより特徴のある活動をしているチーム紹介となります。

 

 

Club Baloncesto Alborada
アルボラーダ(茨城県つくば市)
 
 
茨城県つくば市を中心に活動するバスケットボールクラブ。2012年1月に活動を開始し、2013年4月
には一般社団法人となる。選手の育成を標榜するのがクラブの特徴。小学校低学年、高学年、中学生
男子・女子、高校生男子の各カテゴリーでチームを運営。(※指導者の人員に対して、指導が行き届
く選手数には限りがあるため、定員性を設けている)。同時に、小学生から大人までの各カテゴリー
で気軽にバスケットボールを楽しめるスクールも運営している。
 
選抜された選手で構成されるトップチームは、社会人・クラブチームの大会に参戦中。平成28年度茨
城県クラブ選手権では優勝を成し遂げ、関東クラブ選手権にも出場した。また、2016年シーズンより
3x3 PREMIER.EXEに参戦。多岐に渡る活動が特徴。第3回3x3日本選手権大会では、U-18チーム(男子)
が初優勝。トップチームは予選リーグを突破してベスト16に輝いた。
 
「日本バスケットボールの育成にイノベーションをもたらし、世界に通じるような選手を育てることが目
標」というクラブ理念に則り、様々な環境創りや、仕組みづくりが進んでいる。
 
Club Baloncesto Alborada(アルボラーダ)の活動理念や詳細はクラブHPやFBページまで
 
 
 

 

 

 

阪神タイガース #27 尾仲祐哉投手、各メディアに登場!

阪神タイガース
#27 尾仲祐哉投手
 
 
・UPSETサングラス
・UPSETオリジナルジャージ

 

阪神タイガース
#27 尾仲祐哉投手
 
2018年、オフィシャルサプライヤー契約(※用具提供契約)を結ぶ阪神タイガース#27 尾仲祐哉投
手。現在、阪神タイガーズ2軍、矢野監督の下で、精力的に鍛錬中。各種報道記事からも、注目度の
高さが伝わってきます。
 
尾仲選手も愛用するUPSETオリジナルサングラス販売ページはこちら
 
※UPSET オリジナルウェア 2018 collection 3、UPSETオリジナルシャージの詳細、購入方法について
は状況整い次第にご案内
予定です。
 
<尾仲祐哉投手、特集記事一覧>
 
【虎のソナタ】
尾仲と虎番の不思議な“縁”
 
DeNAから阪神に移籍した尾仲 “旧友”との再会に「変な汗が…」
 
運命を変える人的補償 尾仲祐哉は“第2の一岡”となるか
 
【小早川毅彦の打診球診】
尾仲は投げっぷりいい、力で勝負できる投手
 
【土井麻由実のSMILE TIGERS】
DeNAから加入した尾仲投手の「UPSET」楽しみ 今永投手から新球のヒントも
 
“UPSET(アップセット)” ― 広島・薮田、楽天・森原、阪神・尾仲、それぞれの番狂わせとは!?
 
<着用選手>
 
尾仲祐哉投手
1995年1月31日 生まれ、福岡県北九州市出身。
 
高稜高等学校(福岡県)~広島経済大学~横浜DeNAベイスターズ ~阪
神タイガース
 
2016年のNPBドラフト会議にて横浜DeNAベイスターズより指名を受けて入団。2017年8月22日は広島東洋
カープ戦にて中継ぎで登板。3点ビハインドの状況で登板すると2回を無失点に抑える好投を演じると、筒香
嘉智、ホセ・ロペス、宮崎敏郎選手が3者連続HRを放ち逆転サヨナラ勝利を呼び込み、見事にプロ初勝利を
マークをした。新天地で迎える今シーズンはさらなる飛躍が期待される選手。
 
 
 
 

 

 

 

後藤翔平選手、UPSET オリジナルウェア 2018 collection 3

#11 後藤翔平選手(島根スサノオマジック#11)

UPSET オリジナルウェア 2018 collection 3

※ウェア詳細は近日リリース予定。

 

<着用選手>

後藤翔平選手
180cm/80kg 
函館有斗高校ー大阪学院大学ー金沢武士団ー島根スサノオマジック

 

函館有斗高校より大阪学院大学に進学し、2015年に金沢武士団に加入。bjリーグ
最終年、B3リーグ初年度を経験した後に、B1の島根スサノオマジックへと移籍。
 
昨季、1試合平均約19分出場、5得点、1アシスト、1スティールでつなぎ役として
確かな存在感を示すローテーション選手の1人として活躍。B1昇格を果たした島
根スサノオマジックへとステップアップ。鋭いドライブや優れたバスケIQを活か
し、チームにとって欠かせない存在の1人として成長中。先日、アウェーの栃木戦
後にはバスケット・カウント誌でも特集された。
 
 

戦術理解度の高さと器用さで評価を高める後藤翔平、島根浮上の起爆剤となれるか


https://basket-count.com/article/detail/4339

 

 

 

 

写真:後藤翔平選手、ご本人のSNSより引用。
https://twitter.com/SBaske10/status/973154077096886272

 

 

 

 

 

 

 

後藤翔平選手 (島根スサノオマジック#11)、バスケット・カウント誌に掲載!

 

 

島根スサノオマジック
#11 後藤翔平選手
 
弊社用具の愛用選手でもある後藤翔平選手(島根スサノオマジック)がバスケット・カウ
ント誌にて特集されました!(同誌より一部引用)
 
『戦術理解度の高さと器用さで評価を高める後藤翔平、島根浮上の起爆剤となれるか』
 
ーーー
2月11日の横浜ビー・コルセアーズ戦、後藤は後半からポイントガードとして起用されている。敗れは
したが、鈴木裕紀ヘッドコーチは後藤のパフォーマンスを収穫に挙げていた。またキャプテンの佐藤
公威も「純粋で素直な気持ちを持っている。スピードもあるし、チームの流れが悪い時にプッシュで
きる選手」と評価した。
 
「ずっと2番、3番でやってきましたが、昨シーズンの金沢(武士団)でも少しポイントガードをやら
してもらっていました」と、後藤自身は複数のポジションをこなすことを苦にしない。
 
島根はここまで7勝31敗、西宮ストークスと並んでリーグ最低勝率に沈んでいる。だが、この状況は控
え選手の後藤にとってプレータイムを獲得する好機でもある。後藤も「僕自身、1番から3番で出ること
でプレータイムは増えてきます。今がチャンスだと思って期待に応えたいです」と前向きにとらえている。
 
 
<参考>
#11 後藤翔平選手/島根スサノオマジック UPSET内の掲載記事
 
島根スサノオマジック
#11 後藤翔平選手
180cm/80kg 
函館有斗高校ー大阪学院大学ー金沢武士団ー島根スサノオマジック
 
 

 

 

 

 

NSSU Coach Developer Academy、フルオーダー昇華ポロシャツ

制作チーム・プロジェクトの活動紹介
 
NSSU Coach Developer Academy

 

 

制作チーム・プロジェクトの活動紹介
 
NSSU Coach Developer Academy
※フルオーダー昇華ポロシャツ
 
2020年東京オリンピック・パラリンピックを控え、スポーツ庁では国際貢献施策 "スポーツ・フォー・トゥモ
ロー"プログラム( http://www.sport4tomorrow.jp/jp/ )の一環として、「スポーツ・アカデミー形成支援事業」
に取り組んでいる。
 
オリンピズムの普及とスポーツ医科学の推進ができる国際的人材、リーダーの育成である。その中でも、コーチ
を育成する人材「コーチ育成者」の養成を目的とし、日本体育大学内で取り組まれているのがNSSU Coach
Developer Academy(日本体育大学コーチデベロッパーアカデミー ( https://www.ncda.tokyo/ ))である。
 
同団体の活動理念は「コーチ育成者の国際的なネットワークの構築を通して、スポーツに参加するすべての人に
ポジティブな経験を提供するコーチング文化の創造を目指す」とある。
 
例えば、同団体が展開するNSSU Coach Developer Academy国際シンポジウムでは、世界各地からコーチ育成者
およびコーチング学の専門家が来日。競技現場の様々な事例に対する研究成果や、世界各国の取り組みなどを発
表する催しを開催。例年、日本各地から大勢の参加者が集う催しになっている。
 
また、NSSU Coach Developer Academyでは、同じようにコーチング文化の構築・改善を目指す世界各国の団体
と提携・協力し、スポーツに参加する全ての人々にポジティブな経験を提供しうるコーチング文化を醸成する為
のさまざまな支援や提携を行っている。
 
UPSETでは同プロジェクトのポロシャツを制作。スポーツ庁「スポーツ・アカデミー形成支援事業」は国際貢献
策 "スポーツ・フォー・トゥモロー"プログラム( http://www.sport4tomorrow.jp/jp/ )の一環である事から、袖部分
に同団体のロゴも昇華プリントで加えられている。
 
本写真は、シンガポールスポーツ研究所で開催されたICCEコーチ育成者養成講座にて、日本体育大学 総合スポーツ
科学研究センター特別研究員としてNSSU Coach Developer Academyの活動に取り組む佐良土茂樹氏、及び、
Sports Singapore(政府系機関スポーツ・シンガポール)で働くJiaren Low氏。
 
NSSU Coach Developer Academy
 
"スポーツ・フォー・トゥモロー内の紹介ページ
 
※ウェア製作の問い合わせは弊社HPより。フルオーダーのデザイン制作、デザイン代金無料、昇華プリントで、各
種競技のユニフォーム、Tシャツ、ポロシャツ、ノースリーブなど各種アイテム製作が可能です!
 
 
 
 
 

 

1  2