Article
ブログ記事

TOKYO BLITZ CUP U-15 2017(東京都練馬区)、開催レポート<2>

投稿日
更新日
カテゴリー
TOKYO BLITZ CUP U-15 2017 大会レポート<2>

TOKYO BLITZ CUP U-15とは、東京都練馬区を拠点に、2015年より開催されている私設大会。
部活動チーム、地域のジュニアクラブチーム両方を対象としており、練馬区以外にも、参加
チームも東京都全域より集まり、様々な背景を持つチームが結集する事が特徴。
同大会は、ハーフゲームで行われるリーグ戦方式から順位決定戦という競技形式を採用。これ
は、試合数を確保する事で、采配をするコーチの方々にも、選手起用の幅を持たせることが意
図。実際、トーナメント形式では試せない戦術や、チームの底上げを意識した選手起用など、
一人でも多くの選手がバスケットボールを楽しめるように設計されている。
◇『チームとしての表彰以外にも、個人表彰の場も』
本大会の特徴を彩るのが、大会運営委員でもあるMC M-Bearのマイクパフォーマンスと共に実
施されるスキルズチャレンジの存在。NBAオールスターでも開催されているような、ドリブル、
パス、シュートの総合力が求めらるコンテストであり、より、競争心を刺激するようにTOKYO
BLITZ CUPオリジナルの仕組みが用意されている。
チームスポーツという側面が強調されるバスケットボール、特に、部活動チームも参加する大会
の中で組み込んだことには、選手の立場にあった考えがあった。
「スキルズチャレンジを組み込んだ理由の一つは、個人としてのトロフィーや賞状の授与する機
会を設けたかったからです。バスケットボールはチームスポーツであり、部活動の場合はトロフィ
ーや賞状は学校に飾られます。ジュニアの選手にとって、個人の奮闘や、技能が表彰される事は本
当に嬉しい事。私自身も、小さい頃の大会でトロフィーや賞状を頂くことが出来て、とても嬉し
かった記憶があります。参加する選手にとって、チームとしての表彰以外にも、個人表彰の場を
設ける事で、思い出に残る大会になって欲しいと思っています」
(TOKYO BLITZ CUP実行委員長 鈴木田裕紀さん)
◇『思い出に残る大会に』 MC M-Bearの活躍
『思い出に残る大会に』という部分で欠かせない存在が、TOKYO BLITZ ACADEMYのコーチ(日本バ
スケットボール協会 公認コーチライセンス保有)でもあるMC M-Bear氏。
BGMを通じた演出、練りに練ったマイクパフォーマンスなどを駆使し、ジュニア選手と保護者で賑わう
体育館の空気を盛り上げる術を知り尽くす凄腕の持ち主。
入念な準備と共に、コンテスト参加選手にも積極的に声を掛け、大勢の前で話をする機会を意識的に設ける。
ジュニア世代の選手という事もあり、恥ずかしがったり、コメントを躊躇する選手もいるが、優勝を宣言す
る力強いコメントや、対戦相手への意気込みを語った場面で、チームメイトを中心に大きな歓声が自然発生
的に巻き起こるのも、M-Bearならではの手腕。
例年同様、本年も非常に大盛り上がりのスキルズチャレンジとなった。
<参考>
2015年に実施されたスキルズチャレンジ決勝戦の様子
弊社では、同大会理念に賛同しており、ウェア製作と共に、各種景品や、協賛企業とのマッチングなどを通じて
大会運営に協力をした。
大会事務局のレポートページ
TOKYO BLITZ ACADEMY
TOKYO BLITZ(東京都練馬区)-制作事例、及びチーム紹介-
<弊社製作アイテム>
・フルオーダー昇華tシャツ
・フルオーダー昇華リバーシブル
※フルオーダー昇華Tシャツ(サイズ共通2950円~)の特徴を生かした独創性のあるデザイ
ンを採用。TOKYO BLITZ CUPでの表彰選手への景品としても使用されている。
BL1.jpg
BL2.jpg
BL3.jpg
to-top