Article
ブログ記事

『対立について真摯に向き合う事は、より良い信頼関係を構築する礎になる』栗野譲氏を講師に、コーチ向けのセミナーが開催されました

投稿日
更新日
カテゴリー

UPSETでは愛知県や沖縄県を拠点にバスケットボール指導を中心とした事業を展開する
ELITUS BASKETBALL ACADEMYと”TANDEM PROJECT”として、ウェア製作及び、お互いの
リソースを活かし、豊かなスポーツ文化の形成の一助になるよう、様々な連動活動を実施
しています。

 

 

※栗野コーチ着用ウェア。UPSETオリジナル商品 NOISEなど
https://www.shop.upset-jpn.com/product-page/noise-%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA-upset-ss-2018
 

2018年の春先には、同ACADEMYの代表者である栗野譲氏を、NPO法人スポーツコーチング・イ
ニシアチブ様へ紹介させて頂きました。

NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブは、日本のスポーツコーチングの世界に様々な視点
や機会を設け、コーチ同士の指導力アップや、良質なコミニティ作りを支援する活動を展開中。
特に、人間としての成長と、スポーツにおける勝利の両立の実現をサポートするコーチング哲学
を提唱されている米・NPO法人Positive Coaching Allianceと強い関係性を持ち、同団体の
講師を日本に招いたセミナーなども実施されています。

栗野氏は、Positive Coaching Allianceの定めるオンラインコースを修了されている事、及
び、USA BASKETBALL GOLDコーチライセンス、日本バスケットボール協会B級コーチライセンス
など、日米両国で、指導に関する様々な資格を有されております。

また、高校・大学の米国時代の競技経験や、日本国内での15年近いプロ選手生活、及び現役時代
からの日米両国でのコーチング向上のための研鑽や、実際の指導活動を通じ、日米両国の文化の
違いや、考え方の相違に対し、見解を持たれています。

 

日本のスポーツコーチング文化の更なる発展を目指すNPO法人スポーツコーチング・イニシアチブ
では、両者の共通項であるPositive Coaching Allianceの提唱する哲学に基づき栗野氏の競技経
験、コーチ経験を活かし、日米両国の文化の違い、または、豊かなスポーツ文化の形成や、競技力
の向上という観点からは日本にとってディスアドバンテージになっている部分を提唱する形で、東
京都内を中心にワークショップで継続的に開催。

バスケットボールのみならず、野球、サッカー。フットサル、ラクロスと、競技を超えて様々なコーチ
が集い、同団体によるPositive Coaching Alliance哲学の紹介、栗野氏の講義、参加者同士のワーク
ショップを通じ、コーチング文化の発展を目指す活動を継続開催され、好評を博しております。

 

◇『対立について真摯に向き合う事は、より良い信頼関係を構築する礎になる』

2018年10月中旬に東京都港区で開催された回では、スポーツ競技現場における『対立』を題材にご自
身の競技経験や見解を紹介。栗野氏自身は、意見の相違や見解こそが、新しい発見に至る非常に貴重な
状態であると分析し、かつ、それが前向きで、オープンな『健康的な対立』を非常に好むと言います。

『対立について真摯に向き合う事は、より良い信頼関係を構築する礎になる』とい
う信念から、ご自身が指導を受けたコーチの指導哲学や、Positive Coaching Allianceの考えに基づ
いて参加者へ奥深い視点を提供され、非常に白熱したワークショップとなりました。

上記以外にも、UPSETでは、栗野譲さんを講師とするチーム訪問のクリニックなどを開催するチーム様に対
し、紹介や中継も行っております。豊富な競技経験、指導経験、さらには様々な学びに裏付けられた栗野氏
のクリニックにご興味のある方は、是非、お問い合わせください。

 

※栗野氏の着用ウエア。UPSETフルオーダー昇華ポロシャツ。

to-top