Article
ブログ記事

GSL(ゴールドスタンダード・ラボ)内に、Euro Basketball Academy Coaching Clinicのレポートが掲載されています

投稿日
更新日
カテゴリー

GSL(ゴールドスタンダード・ラボ)内に、Euro Basketball Academy
Coaching Clinicのレポートが掲載されています。

「観客席で応援をしている選手も本当はプレーをしたい。コーチ同士で力を合わせ、皆で若い選手を大切に育んでいく事が重要です」Euro Basketball Academy Coaching Clinic(2018年11月15日)レポート

東京五輪でも採択される新しい競技である3×3についての分析、特性、5対5との相関性について
クリニック内容の詳細のレポート記事となっています。

Euro Basketball Academy Coaching Clinic
3×3 – the new tool for skill development
How to use 3×3 in daily practice to develop important skills for the basketball game
スキル指導の為の新しいツールとしての3×3について。
~重要なスキルを習得する為、日々の練習の中での3×3活用方法~

<目次>

1、3×3の特徴。競技適性のあるパーソナリティーについて
2、BENEFITS OF INDIVIDUAL(個人スキル向上へ期待できる部分)
3、FOR 5on5 GAME TEAM(5対5において向上が期待できる部分)
4、実技クリニックの内容(大宮北高校、春日部高校)
5、クロージング
・3×3の競技特性は”Non Stop Competition”である事。
悔しい想いを何度も味わい、感情が剥き出しになり、選手の闘争本能を滾らせる。
それが成長に必要
6、個人的な想いについて
・応援をしている選手も本当はプレーがしたい。あくまでも個人的な想いだが、”DNP”
を日本中から無くしたい
・一人一人を育んでいく事が重要。ドイツやセルビアは、その重要性に気が付いて、既に積極的に取り組んでいる。
7、質疑応答

 

 

また、UPSET ONLINE SHOP内にも、Euro Basketball Academy Coaching Clinicポロシャツの販売ページも公開
されました。

 

 

Euro Basketball Academy Coaching Clinic ポロシャツ UPSET ONLINE SHOP

 

<参考>

GSL(ゴールドスタンダード・ラボ)内、その他の関連記事

Torsten Loibl 氏が用いた『ファイブ』。その導入プロセスを考える(Euro Basketball Academy monthly Coaching Clinicより)

Torsten Loibl HCが国際大会で使用したオフェンス①『ファイブ』

U-19男子日本代表HCトーステン・ロイブル氏のタイムアウト・選手交代戦略

to-top