ホーム > UPSETブログ

UPSETブログ

旧正月(春節)による弊社工場の停止期間について

 

いつも弊社をご利用いただき誠にありがとうございます。
 
弊社の製造工場のある中国では旧正月(春節)と呼ばれる文化があり、製造業など
の稼働が停止します。
 
その為、旧正月(春節)の時期にウェア製作のサイクルとなるお客様については、通
常の納期よりもご納品が遅れ、3月上旬以降のご案内となります。ご迷惑をお掛けし
ますが、何卒、御理解、ご了承を頂ければ幸いです。
 
現在は、製造の停止期間、旧正月前に制作着手へと組み込める入金締め切り日の目安
日時など、詳しいスケジュールを確認中です。また改めてご案内いたします。
 
デザイン制作、ウェアに関する問い合わせなどは引き続き実施しております。お気軽
に弊社HP「CONTACT」よりお問い合わせください。
 
 
 
 

B.DREAMプロジェクト内での講演レポート 石井講祐選手

 

Tamagawa Training Camp 2014 supported by UPSETにも参加された石井講祐選手(千葉ジェッツふなばし)
がB.DREAMプロジェクト内で実施した講演のレポートがゴールドスタンダード・ラボ(弊社運営協力・コン
テンツ制作協力)に掲載されました!
 
「小さなことを積み上げることでしか結果は出ない」千葉ジェッツ 石井講祐選手の講演レポート
http://goldstandardlabo.com/blog/2017/12/13/bdream-ishii/
 
Tamagawa Training Camp 2014 supported by UPSEウェアに関しては下記ページより受付中
http://www.upset-emg.com/blog/2017/11/tamagawa-training-camp-2017-supported-by-upset.php
 
 

また、同記事については千葉ジェッツ公式FB内でも広く紹介された。

宮城県気仙沼市 / 第19回バスケットボールの勉強会

 

第19回バスケットボールの勉強会(宮城県気仙沼市)

※弊社活動協力プロジェクト

 

 

【第19回バスケットボールの勉強会(宮城県気仙沼市)】
 
宮城県気仙沼市バスケットボール協会内では「学びの場を通した指導者の交流、コーチ
ングスキルの向上」を目的とするバスケットボールの勉強会が企画・運営されている。
 
弊社も本プロジェクトの理念に賛同。同協会内の担当であり、講師の袖野洸良氏と協
力・連携を取り講義内容の制作などで協力をしている。スポーツを通じて、一人でも
多くの方々がポジティブな経験を享受できる競技環境の創出が目的。
 
「ドライブとスペーシング」をテーマとする今回のテーマは、以前に実施をしたマン
ツーマンディフェンスの講習の流れを汲む内容。参加者が抱える悩みや事例を事前に
共有した上で、袖野氏による映像・資料を活用した講義が展開された。
 
気仙沼市では、袖野氏を代表コーチとし、個人のスキルアップを目的としたバスケット
ボールスクール事業もスタート。個人技の向上というとボールハンドリングやドリブル
スキル、シュートスキルの習得に時間を費やされることも多いが、スペーシングなどの
理解も「個の力」を発揮するうえでも非常に重要な要素となっていく。
 
これまでの勉強会活動の中で、マンツーマンディフェンス、オフェンスに関しては継続
してきた。今後は、練習のプランニング等のチーム運営などをテーマとした講習会も計
画されている。
 
 
 
 
<写真>
・気仙沼バスケットボールクラブ
本勉強会でも講師/運営スタッフとしてかかわる選手が数多く在籍。ゲームウェア、フルオーダー昇華リバーシブルなど各種ウェアを弊社にて制作中。
 
 
 

#11 後藤翔平選手/島根スサノオマジック

弊社用具使用選手

島根スサノオマジック
#11 後藤翔平選手
180cm/80kg 
函館有斗高校ー大阪学院大学ー金沢武士団ー島根スサノオマジック
 
函館有斗高校より大阪学院大学に進学し、2015年に金沢武士団に加入。bjリーグ最終年、B3リーグ
初年度を経験した後に、B1の島根スサノオマジックへと移籍。
 
昨季、1試合平均約19分出場、5得点、1アシスト、1スティールと安定した数字を残す。ローテーション
選手の1人として活躍。B1昇格を果たした島根スサノオマジックへとステップアップ。ここまで、約9分
間の出場時間、2得点1アシストと安定した活躍を見せている。
 
リーグ戦序盤、島根スサノオマジックは栃木ブレックスへの延長戦を制して話題を集めた。その試合の終
盤で左サイドよりベースラインドライブを決めてチームを勢いづけたのが後藤正平選手である。琉球ゴール
デンキングスへの連勝を挙げた試合でも、勝負所で貴重な得点を決めた。
 
10月下旬より9連敗を喫する苦しい展開に陥るも、昨季、千葉ジェッツの一員として天皇杯優勝に貢献、
ベストシックスマン賞を受賞したタイラー・ストーン選手をイスラエルのハポエル・ギルボア・ガリルヘ
より電撃加入でテコ入れに着手。レバンガ北海道戦で勝利を挙げて連敗をストップ。復調が期待されている。
 
後藤選手自身、前述の栃木ブレックス戦、琉球ゴールデンキングス戦での活躍のみならず、A東京、滋賀と
の対戦では20分以上の出場時間を得た。B3からB1へステップアップをした今シーズン、B1の舞台でも確か
な存在感を発揮している。
 
下級生時より活躍をした大阪学院大学時代は、全日本学生バスケットボール選手権大会に連続出場。島根ス
サノオマジックの日本人ビッグマンとして活躍する小阪彰久選手、大阪エヴェッサにてディフェンスや得点
力で存在感を見せている合田怜選手は大学時代のチームメイトでもある。
 
#11 後藤翔平選手のSNSより
 
 栃木対島根戦(4分40秒付近で後藤選手のベースラインドライブからの得点シーンあり)
 

島根対A東京戦(2:45秒付近に後藤選手のアシストパス、3:55秒頃に得点あり)

 
※UPSETソックス、インナーなどは弊社の特別商品となります。ご興味のある方は弊社までお気軽にお問い
合わせください。
 
UPSET バックパック
 
 
UPSET BackPack.PNG
 
UPSET Tシャツ
 
UPSET T.PNG
 
 
 

 

#0上田雅也選手 / 埼玉ブロンコス

 

埼玉ブロンコス
上田雅也選手

 

埼玉ブロンコス
#0 上田雅也選手
177cm/75kg 
 
 
2016年2月に立命館大学よりアーリーエントリーで加入すると、プロの厳しさに臆する事なく活躍、bj
リーグ最終年の新人王を受賞。主将として迎えたB3リーグの初年度では、約36分の出場時間、平均13
得点、3アシストと大車輪の活躍を見せた。
 
埼玉ブロンコスは昨季にB2クラブライセンスを取得。B2昇格へ向けて勝負のシーズンを戦う中で、上田
選手に期待される役割は非常に大きい。10/28の左手関節剥離骨折の怪我で戦線離脱するまで、9試合中
8試合で2桁得点をマーク。今シーズン最多の28得点を挙げた試合は、B3リーグファーストラウンドで首
位を走る八王子トレインズ戦。首位攻防戦の中、1点差で勝ち星をこぼして迎えた第2戦での大活躍とい
う事も、勝負強さや気持ちの強さを感じさせる。
 
プレシーズンマッチでの強豪チームへの善戦、全日本総合選手権2次ラウンドでも福島ファイヤーボンズ
に80対85と肉薄して注目を集めた通りのパフォーマンスを披露している。ブースターからの期待も大き
く、万全の状態での怪我からの復帰が期待されている。
 
埼玉ブロンコスでは、3月下旬にさいたまスーパーアリーナ コミニティアリーナでの試合が計画されてい
る。埼玉県知事記者会見(11月21日)にて、埼玉県知事からも言及され、また、埼玉県越谷市を拠点と
する「こしがやエフエム」内でも埼玉ブロンコス選手の特集番組が連続放送されるなど、様々な形で
チームを支援、応援する声が増えているだけに、上田選手の活躍がチームの躍進には必要不可欠。
 
また、全日本総合選手権選手権大会1次ラウンド(埼玉県予選)終了後、本人のSNSに投稿された写真
や文章もファンや関係者の間で話題を集めた。決勝戦は、実業団の強豪チームである曙ブレーキ工業。
高松宮記念杯 全日本実業団バスケットボール選手権での上位進出、関東総合バスケットボール選手権
大会での優勝、全日本総合バスケットボール選手権大会への出場実績を誇る実業団の強豪チームだ。
同チームには、上田雅也選手の出身地である山口県にて、同じミニバスケットボールチームでプレー
をした先輩も在籍。尊敬する選手との思い出や、感謝の言葉は、非常に温かな投稿となり、多くの
ファンにとっても印象深い内容となった。
 
上田選手が投稿したインスタグラム
 
 
ueda1.PNG
 
元々、全日本総合選手権は各カテゴリーから推薦チームが集まって元旦よりトーナメントが開催され
ていた。昨季は、B1からも12チームのみが出場。B1回チーム以下、B2、B3に所属するチームには出場
権利が無かった。今シーズンより、「真の日本一」を争う大会にすべく、1次ラウンド、2次ラウンド、
3次ラウンドを経て、ファイナルラウンドへの方針へと変更。B1~B3まで全てのチームに出場権が割り
振られると共に、実業団、大学のチーム、専門学校チーム、社会人クラブチームなどが参加する裾野
も大きく広がった。
 
新フォーマットの導入により、全日本総合選手権を終えた強豪大学生チームが、シーズンの最後、選
手によっては学生バスケの最後の舞台としてプロチームへ挑むファンの楽しみが本形式によって失わ
れたという声もある。既存のリーグ戦との兼ね合いもあり、大学リーグの強豪チームが大会に参加す
るラウンドなども調整が必要になる事もあるかもしれない。しかし、大きく舵を切り、変革をした新
しい取り組みには、混乱や、戸惑いも多いが、新しい可能性が大きく広がっている事も感じさせた。
 
 
 
<選手着用ウエア>
 
フルオーダー昇華ゲームウェア上下
broncos.jpg
 
 
フルオーダー昇華シューティングシャツ
ブロンコス.png
 
埼玉ブロンコスの公式サイトでは、オーセンティックゲームウェア、オーセンティックシューティング
シャツを販売受付中!
 
オーセンティックゲームウェア
オーセンティックシューティングシャツ
写真提供:埼玉ブロンコス
©SAITAMA BRONCOS
 
 
B3リーグ ファーストステージ 埼玉ブロンコスのハイライト動画 #0が上田雅也選手
 

 

こしがやエフエムでの収録後の様子

 

 

広島アスリートマガジン、藪田和樹投手(広島東洋カープ)が登場!

 

藪田和樹投手(広島東洋カープ)
※弊社用具(グラブ・スパイク・バット・バッティンググローブ・アームガードなど)使用選手
 
広島アスリートマガジン
金の卵を探し続けるカープスカウト・松本有史氏が語る、隠し玉選手発掘の瞬間 
 
彼が3年生の時にようやく投げられるようになって、亜細亜大の生田勉監督から「薮田の状態が良くなったから
見てくれ」と連絡をいただき、横浜商大とのオープン戦で初めて薮田の登板を見ることになりました。今と同
じく、当時から小さなテイクバックから勢いある球を投げていたのですが、スピードガンを見ると153キロを計
測した。菊池を初めて見た時と同じように『なんだこの選手は!?』と驚かされました。
 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171106-00010000-hathlete-base
 
 
 
◇UPSET BASEBALL 
チームオーダー総合ページ(カスタムオーダー) 
 
 
・リリース後、全国各地よりご注文多数!!藪田和樹選手も愛用中の最新モデル、UPSET サングラスはこちらより。 
 
・UPSETオリジナルTシャツ 
 
<UPSET BASEBALLメディア掲載実績>
◇週刊ベースボール 特集:カープ連覇へ再進撃 
・広島熱闘記 薮田和樹「変幻自在の投手に」 
・プロフェッショナルの選択 道具の流儀 
『フィット感と機能性に優れたこだわりの「体の一部」』 
※UPSETのグローブ,、用具などの特集記事
<薮田和樹選手、掲載媒体など一部紹介>
◇週刊ベースボール 
輝鯉号 巻頭インタビュー 薮田和樹「頼りにされる投手に」
◇アスリートマガジン9月号 
◇Number(ナンバー)936号 
・「カープの時代」内、特集記事 
など多数
 
 
 

 

アスレチックトレーナーの坂内悠さん/Tamagawa Training Camp 2017 supported by UPSETレポート

 

Tamagawa Training Camp 2017 supported by UPSETレポート

アスレチックトレーナーの坂内悠さん

 

「オフシーズンの選手に良質な競技機会、トレーニング機会を提供する」を活動理念とするTamagawa 
Training Camp 2017 supported by UPSET。約5年前から続く本取り組みの中で、主催者である井上涼
上馬(株式会社PHYSIOFLEX代表取締役)氏のこだわりが色濃く反映されているのが、協力を依頼する
スタッフ陣のバリエーションの豊富さである。
 
ウェイトトレーニング指導などを通じて筋力を強化するストレングストレーナーだけではなく、選手の
コンディショニング管理やケアを担当するメディカルスタッフとして、柔道整復師や鍼灸あマ指師の資
格を持つメディカルスタッフにも協力を仰いできた。
 
◇NATA公認アスレチックトレーナー
そんな中でも、昨年よりTamagawa Training Camp 2017 supported by UPSETに強力なスタッフが加わった。
全米アスレティック・トレーナー協会(National Athletic Trainers’ Association)のアスレチックト
レーナーである坂内悠氏である。
 
San Jose State University、Georgia Regents Universityを卒業し、Georgia Regents University 女子
バスケットボールなどでヘッドアスレチックトレーナーの経験を持ち、群馬クレインサンダースなどでも
アスレチックトレーナーなど国内プロバスケットボールチームの中でも豊富な経験を持ち、オフ期間の選
手、プロ選手とスクリメージを行う玉川大学男子バスケットボール選手が安全に競技に取り組めるような
体制が整えられている。
 
「日本ではトレーナーと一括りに語られる事も多いが、アスレチックトレーナーは緊急時の対応や、怪我
を抱える選手のコンディションを評価するプロフェッショナル。特に、全米アスレティック・トレーナー協
会でアスレチックトレーナーの資格を取るには、同連盟の定めるカリキュラムの修了に加え、筆記試験、
実技試験、そしてスポーツ現場での様々な実戦経験が求められ、非常に難易度も高い。その為、坂内さん
は、知識に加え、スポーツ現場での指導実績が豊富です。万が一、プロ選手と玉川大学のスクリメージで
怪我があった際にも適切な緊急対応を取る事が可能です」とは主催者である井上涼上馬氏の弁だ。
 
◇「ただ、身体を休ませるのは得策ではない」
 
また、Tamagawa Training Camp 2017 supported by UPSETTでは、シーズンを戦い抜いた身体のケアと同時
に次シーズンへの準備もコンセプトとしている。そのような中で、アスリートの身体を知り尽くしたATCの
存在は非常に重要な意味を持つ。全体のプログラムとは別に、ATCによる評価を経てアスレティックリハビ
リテーションを行う選手もいる。
 
今シーズン、埼玉ブロンコスでプレーした新里 智将選手もその一人。シーズン途中、右足舟状骨骨折など
で大きな怪我で苦しむと共に、リハビリの末に、復帰以降もチームの主軸の一人として奮闘。その為、様
々な部位に負担が掛かっていた。新里選手と親交も深い主催者の井上涼上馬も、坂内ATCと新里選手の取り
組みを語る。
 
「新里選手は、bj時代にリーグトップクラスのプレイングタイムを誇るプレイヤーです。昨シーズンも埼
玉ブロンコスで20分近いプレイングタイムで戦い抜きました。チームから求められることを遂行出来る能
力あってのことだと思います。
ただ、プロにおいては長い期間リーグは続きます。特に、バスケのように攻守が目まぐるしく変化し、平
面だけではなく立体の動きやぶつかり合うことが多い競技においては他スポーツ以上に身体を酷使します。
新里選手の身体は当然ながら悲鳴をあげる。
 
そんな中、彼のような場合は、次シーズンに向けて"ただ身体を休ませる"のは得策ではありません。重要。
シーズンを戦い抜いた身体のケアと同時に次シーズンへの準備が重要です。そこで、Tamagawa Training 
Camp 2017 supported by UPSETにおいても、ATCによる評価を経てアスレティックリハビリテーションと
いう、アスリートの身体を知り尽くしたATCの専門領域のサポート体制を実現したかった。昨年より、坂
内悠さんが協力して下さっているおかえで、個別で丁寧なアスレティックリハビリテーションを受けられ
る。Tamagawa Training Camp 2017 supported by UPSETとしても、怪我を抱えている選手にも具体的な形
でサポート出来ている。非常に嬉しい事で、本キャンプの強みでもあります。」
 
◇「クーニー」=故郷である沖縄県国頭郡国頭村
 
本題とは離れるが、新里選手は、沖縄県出身であり、主催者の井上とも同郷。勿論、TTCの参加選手の枠は
出身地による制限などは無いが、やはり同じ故郷への選手への期待や愛情は非常に深い。
 
新里選手の愛称である「クーニー」は、故郷である沖縄県国頭郡国頭村の出身であることにちなんだもの。
沖縄県最北端に位置する人口5000人ほどの小さな町であり、故郷の少年・少女への想いを反映させた名称。
 
大学時代に教育実習などで地元の子供に触れた際、バスケットボール部の選手らが「那覇市(約30万人、県
庁所在地)の中学校には、勝てない/勝てっこない」という言葉を発しているの聞いて「もったいない」と
思った経験が大きく影響する。
 
思い込みや偏見で自らの可能性を制限してしまっている地元の子供たちは多い。自らのプロリーグでの活躍
する事により、小さな町の出身でも、目標設定や、自分の考え方、行動次第で、全国の舞台で活躍できる事
を立証し、地元に勇気や活力を与えられる存在になりたいという想いより。TTC事務局としても、活躍を応
援している選手の一人である。
 
新里選手の選手紹介記事(2016-17埼玉ブロンコス特集番組より)
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1126576737419494&id=242505029160007
 
<参考>
Tamagawa Training Camp 2017 supported by UPSET
 
サポートスタッフ
坂内 悠
アスレチックトレーナー (ATC)
San Jose State University
Georgia Regents University卒
 
経歴
2011-2012 Foothill College インターンアスレチックトレーナー
2012-2014 Georgia Regents University 女子バスケットボール・野球チーム ヘッドアスレチックトレーナー
2014-2015 Menlo School アシスタントアスレチックトレーナー
2016 群馬クレインサンダース アスレチックトレーナー
2016- (株)チャレンジ アスレチックトレーナー
資格
NATA公認アスレチックトレーナー
 
 
 

Tamagawa Training Camp 2017 supported by UPSETのオリジナルタンクトップ好評販売中!

Tamagawa Training Camp 2017 supported by UPSET

 

Tamagawa Training Camp 2017 supported by UPSETのオリジナルタンクトップ好評販売中!
 
株式会社PHYSIOFLEXの主催であり、UPSETもサポートするTamagawa Training Camp 2017
supported by UPSET。
 
「オフシーズン、練習環境に恵まれない選手などに良質なジャン協構築を通じ、バスケット
ボール界への貢献」をコンセプトとする同取り組み、バスケット・カウント様、月刊バスケット
ボール(9月号)様などにも掲載して頂きました。

藪田和樹投手(広島東洋カープ) Web Sportiva内の記事に登場!! 大谷翔平の次は? メジャースカウトが 評価した若き侍戦士7人の名前

 

藪田和樹投手(弊社用具使用選手/広島東洋カープ)

 

藪田和樹投手、 Web Sportiva内の記事に登場!! 
大谷翔平の次は? メジャースカウトが 評価した若き侍戦士7人の名前
 
 
 
<文中より一部引用>
 
まず日本の投手陣から話をしてもらったが、このスカウトによれば今大会で先発
した薮田和樹(広島)、今永昇太(DeNA)、田口麗斗(巨人)の3人は、いずれ
もがメジャーのマウンドに立てるポテンシャルがあるという。なかでも、とりわけ
高い評価を与えたのが、今季15勝を挙げた薮田だった。

「薮田は投げるときに腕が打者から見えないし、カットボールや落ちるボールもあ
る。間違いなく(メジャーに)行ける」
 
<参考>
藪田投手も愛用モデル。UPSETサングラスなどの商品仕様は下記リンクより。
 
 
 

 
 
 

 

天皇杯・皇后杯全日本バスケットボール選手権大会3次ラウンド‬

2017年度より新フォーマットで開催されている天皇杯・皇后杯全日本バスケット
ボール選手権大会3次ラウンド‬にて、弊社ウェアサプライヤーを務める愛媛オレン
ジバイキングスが躍進。
 
B1中地区に所属する三遠ネオフェニックスに見事に勝利!3次ラウンドの最終戦では
西宮ストークスに敗戦するも、存在感を示した。
 
 
天皇杯・皇后杯全日本バスケットボール選手権大会3次ラウンド
愛媛オレンジバイキングス 90-85 三遠ネオフェニックス
 
 
 天皇杯・皇后杯全日本バスケットボール選手権大会3次ラウンド
愛媛オレンジバイキングス 65-82 西宮ストークス
 
 
 
 
 
<選手着用ウェア>
・フルオーダー昇華ゲームウェア
・フルオーダー昇華ウィンドブレーカー
・フルオーダー昇華シューティングシャツなど
 
※愛媛オレンジバイキングス様の選手が着用しているウェアについて、従来のシルエットよりタイト
な形とし、伸縮性のある生地を採択した特殊仕様となります。
一般のお客様でも、ご希望の方がおりましたら制作可能です。詳しい価格、商品仕様など、お気軽に
弊社までお問い合わせください。
 
<ストレッチタイプのゲームウェア使用事例>
2016-17年シーズン 広島ドラゴンフライズ
2017-18年シーズン 愛媛オレンジバイキングス
問い合わせ先
 

 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11