ホーム > UPSETブログ

UPSETブログ

池田裕介選手 -Tamagawa Training Camp 2016 supported by UPSET

【Training Camp 2015 supported by UPSET 参加選手紹介 -池田裕介選手--】

ttc2016.2.jpg
 
株式会社PHYSIOFLEX主催のTamagawa Training Camp supportedby UPSET、
今年で4回目を迎える本取り組みは、6/18(土)・19(日)に玉川大学にて開催されます。
 
現在、プロ選手の参加、見学のトレーナー、コーチなど、随時募集しております。
詳細は下記概要ページより。
 
Tamagawa Training Camp 2016 supported by UPSET 開催概要
 
高橋幸大選手、鳴海亮選手に続き、今回はNBDL東京八王子トレインズに所属する池田
裕介選手の紹介記事です。学生時代は無名な選手でしたが、大学卒業後に頭角を現し、
NBDLでも2シーズンに渡って活躍。プロ3年目を迎える今シーズンの活躍が期待される
選手です。
 
(参考)
 
Tamagawa Training Camp 2015 supported by UPSET 鳴海亮の特集記事
 
 
Tamagawa Training Camp 2015 supported by UPSET 高橋幸大選手の特集
 
 
 
--------------------------------------------------------------
 
 
池田裕介選手
 
 
候補.jpg
 
ikeda77jpg.jpg
©立花佳世
※選手着用アイテム フルオーダー昇華ノースリーブ
 
 
 
■夢は「プロバスケットボール選手」。しかし、学生時代の戦績は振るわず
 
 
マイケル・ジョーダンに憧れ、バスケットボールが盛んな福岡市内のミニバスケットボールクラブで競技
をスタート。将来の夢は「プロバスケットボール選手」であったが、ミニバス、中学校と地区大会以上にも
出場できず、夢見る世界からは程遠く、無名の中学生として過ごす。
 
進学をした福岡舞鶴高校も福岡県中部地区の3部に所属する高校で、顧問の先生はいたが、バスケット
の知識は無く、先輩方が自分たちでメニューを考えて自主的に取り組む方式で日々の練習が展開され
ており、けっして強豪校では無かった。
 
さらに、高校2年生の際に仕事の都合で千葉県へ引っ越しを経験。転校先の流山北高校では部員が5人
というギリギリの環境で競技に打ち込む。チームとしての練習よりも、主に自主練習でドリブルやシュート
の練習を重ねる日々が続いた。
 
同流山市にキャンパスがあり、バスケットボールの強化を進めていた江戸川大学へ進学しバスケ部に入
部し、厳しい部活動の練習の中で多くを学び、競技力を伸ばすも、部活動の方針と合わずに途中で退部。
 
以降は学内のサークルでバスケットボールは続ける。描き続けてきたプロバスケット選手になる事への憧
れは尽きないものの、どうやっても続いていかない自分の競技キャリアとのギャップに苦しむ時期が続く。
 
 
■強豪クラブチームへ入団。プロの取り組む姿勢に学ぶ
 
 
ikeda33.jpg
 
 
大学を卒業後、社会人として仕事をする傍ら、千葉県の千葉JETSの関連機関でもあり、強豪クラブチーム
である千葉エクスドリームス(現千葉ジェッツネクスト)※のトライアウトを受けて入団。憧れのプロチームに由来を持つチームであり
、かつ、当時のチームには、プロ志望の選手や、元実業団の選手などが揃い、当時の田選手にとっては
非常にレベルが高く、なかなか対外試合などへの出場機会は得られない時期が続く。
 
だが、仕事などの都合で参加が出来る選手は少数ながらも、経験豊富な選手らと共におこなう練習は刺激
も多く、高校時代までと同じように自主練習などを積み重ね、憧れのプロを目指すというモチベーションで競
技に打ち込む。
 
 
※千葉JETS内に掲載されている千葉エクスドリームスの活動理念など
 
目的
・千葉ジェッツの戦力アップと将来性のある若い選手を育成・強化する。
・日本代表、さらには海外で活躍できる選手を千葉県から輩出する
・千葉県バスケットボール協会に協力し、国体成年男子チームへ県代表選手を派遣する
・バスケットボールスクールやクリニックへ積極的に参加して、地域交流やバスケットボール普及に努める。
 
 
 
その後、千葉JETSの練習にも1部メニューのみ参加できるまでに実力を認められ、高いレベルの空気感を体
感する。この時の経験が、今の池田選手の活躍に大きな影響を与えたようだ。
 
「練習に参加できたと言っても、当時の自分では1部メニューのみ。勿論、練習中の紅白戦などには混ざれ
ませんし、当たり前ですが、よっぽど選手が少なくない限りはチャンスすら掴めない状況です。その中でも、
田中健介選手(Tkbj富山グラウジーズ。琉球ゴールデンキングスとのファイナルにも22分間出場し、主軸
として活躍)や佐藤博紀(現、千葉JETSのHC選手)らの練習に取り組む姿勢、準備、ハイレベルなプレー
に驚愕。自分の取り組み方を見直せました」
 
 
その甲斐あってか、千葉エクスドリームスでも出場機会を得るようになり、社会人バスケットボール界では知る人ぞ
知る存在になり、2012年関東クラブ選手権の決勝戦では敗れたものの、決勝戦では30得点近くを挙げる活躍を見
せ、全国クラブ選手権での3位入賞にも貢献。
 
 
■トライアウトを経て、再び九州へ。レノヴァ鹿児島へ入団
 
順調に成長曲線を描いているようにも見えたが、プロバスケットボール選手になるという目標で努力を重ねてきたも
のの、なかなかプロへの糸口を掴めず、本格的な競技挑戦には見切りを付け、別の道を模索しはじめた矢先、NB
DLレノヴァ鹿児島(チーム名は当時の名称)が関東地区でトライアウトを開催する知らせが入り、受験。
 
見事、練習生契約を勝ち取り、活動拠点を鹿児島に移す。その後、開幕1か月前には本契約を勝ち取り、念願か
なってプロデビュー。NBDL1年目にして、10.8得点(リーグ18位、日本人10位/トータル 904点)、2.7アシスト
(リーグ9位)、平均出場28.3分(日本人9位、全体15位)の好成績を残す。
 
翌シーズン、NBDLに新規参入する八王子トレインズへ移籍。新規発足チームの主軸の一人として、プレーを通じ
ていかにファンを楽しませることが出来るかを意識し、競技以外にも、社会貢献活動などでも全力を尽くし、心身の
コンディションを整えて2年目のシーズンへ。
 
 
■NBDL2年目、チームを勝利に導く活躍を見せる
 
ikeda6.jpg
 
記念すべき開幕戦となった東京海上ビックブルー戦でもスタメン出場を果たし、チーム最多の16得点を挙げチーム
を勝利に導く活躍を見せる。また、1/24東京海上日動戦(八王子74-63東京海上)に36点入れ、その翌週の、リーグ
最少失点を誇る豊通名古屋戦では2戦連続で20得点オーバー(40分のフル出場も)などの個人記録を残し、また、
リーグ通算で4敗(32勝)しか負けていないチームを相手に貴重な1勝をチームにもたらし、中心選手として活躍。
 
 
NBDLとNBLの2リーグの同時開催となった2月13日(土),14日(日)にエスフォルタアリーナ八王子で初開催されるア
ルバルクホームゲームでは、両日ともに32分の出場と2桁得点をマーク。アイシンAWを相手に1勝1敗であったが、
千葉エクスドリームス時代に練習などで御世話になった冨山(トヨタ自動車アルバルク東京AC)氏に再会し、プロの
舞台にいる事を実感すると共に、さらなる高みを目指そうとするモチベーションにも転化させた。
 
2015-16年 池田選手のシーズンスタッフ(NBDLサイトより)
 
 
本人曰く「現状に満足せず、常に向上心を持って取り組んでいるのが自分の強み」であると語る。結局、八王子トレ
インズでの1シーズン目は、リーグ通算392点は鳴海選手に次いでチーム2位、平均得点14.0点はリーグ全体9位、
日本人選手3位)の好成績を残した。
 
TTC2015では、体力測定の全てのセクションで高いパフォーマンスを見せ、玉川学園の高校生・大学生が見とれる
場面も。プロ選手によるプチクリニックの最中には自主練習で取り組んでいるシューティングドリルを伝授。体力と脚
力を消耗する過酷なドリルの中でも、見事なデモンストレーションに参加選手からも大きな拍手喝さいを浴び、トレー
ニングセッションでも、周りの選手を盛り上げながら次々と意欲的に取り組み、会場を盛り上げた。
 
ピックアップゲームではインサイドからアウトサイドまで幅広いプレイエリアで大学生相手にプロ選手のフィジカルの
強さやシュート力、ディフェンスの強さを示し、2日間参加した選手代表としてプロ選手から学生選手への挨拶なども
担当。
 
 
■地道に這い上がった選手だからこその役割と、夢
 
ikeda2.jpg
 
 
異色の経歴からNBDLでの大活躍をしているが本人はあくまでも謙遜。同時に、自分の様なキャリアだからこそのバ
スケ界での役割と、プレイヤーとしての目標も明確であり、常に上を向いている。
 
「自分の役割は、子供達に夢を与えること、観に来てくれているお客さんを楽しませることです。自分はまだまだバス
ケ界では小さな存在ですが、地道に這い上がってみんなが自分を目標となる選手になっていきたいと思います」
自身の歩んできた道のりを振り返って語りつつ、「Bリーグの具体的な構想が発表された時にB1リーグを強く意識し
した。目の前の練習、試合に全力で取り組む事、チームを勝利に導くプレーを続ける事で、絶対に辿り着きたい
と思っています。また、プロの世界では、対戦したことがないんですが、田臥選手は本当に見ていて面白いですし、
学ぶ所がたくさんあります!田臥選手が現役の内に対戦するのも目標です!」
 
 
NBDLでの2シーズンを通じて学んだ事は、ディフェンスの知識や厳しさであり、かつては別の道も模索していたが、現
在では引退後のキャリアとしてHCやスキルコーチなど、バスケットボールに関わる道を頭の片隅で意識しながら競技
とトレーニングに没頭中。「プロチームの中だからこその楽しさ、厳しさを味わったからこそであり、何よりも、自身の経
験を踏まえ「上手くなりたいと思ってる人を上手くさせてあげられるようになりたい」という想いが強いという。
 
2016-17シーズンは、池田選手にとっても3年目のプロシーズン。ますます注目が集まる存在である。
 
 
ikeda888.jpg
 
 
 
ikeda88.jpg
---------------------------------------------------------
 
池田裕介
1988/11/2 180cm/70kg
下山門小(福岡県)-下山門中(福岡県)-流山北高(千葉)-江戸川大学
 
1988/11/2 180cm/70kg
下山門小(福岡県)-下山門中(福岡県)-流山北高(千葉)-江戸川大学

鳴海亮選手 --Tamagawa Training Camp 2016 supported by UPSET--

Tamagawa Training Camp 2015 supported by UPSET 昨年の参加選手紹介①
 
ttc2016015.jpg
 
今年で4年目を迎える株式会社PHYSIOFLEX主催のTamagawa Training Camp supported
by UPSET、6/18(土)・19(日)に玉川大学にて開催されます。
 
プロ選手の参加、見学のトレーナー、コーチなど、随時募集しております。詳細は下記概要
ページより。
 
Tamagawa Training Camp 2016 supported by UPSET 開催概要
 
今回、Tamagawa Training Camp 2015 supported by UPSETの参加選手のひとりであり、NBDL
東京八王子トレインズに所属する鳴海亮選手の歩みなどを下記に紹介します。
 
アップルスポーツカレッジからbjリーグの舞台へ。紆余曲折を経ながら、今シーズンはNBDLの3P王を
受賞されています。
 
(参考)
 
Tamagawa Training Camp 2015 supported by UPSET 高橋幸大選手の特集
 
 
---------------------------------------------------------------------------------
 
 
鳴海亮選手
 
narumi.jpg
©立花佳世
※選手着用アイテム フルオーダー昇華ノースリーブ
 
■ジュニアオールスターで全国優勝、バスケに取り組む姿勢に惹かれて東海大三校へ
 
長野県飯田市に生まれ育ち、上郷ミニバスケットボールクラブでバスケットボールを始める。
ミニバスの仲間とともに進んだ飯田市立高陵中学校時代はジュニアオールスター長野県代表
に選出。現在、NBDL豊通ファイティングイーグルス名古屋でプレーする神津祥平選手らと共
に優勝を経験。チームのスタメンPGとして大きな自信を得た。
 
県内外の進学先を考える中で、練習見学などで訪れた高校の中から、「最も厳しい環境で熱
心に練習をしている。そして、厳しい環境の中に身を置く事で上手くなれると思った」とい
う東海大3校へ入学。寮生活を送る傍ら、有賀正秋先生の指導、高校3年時より赴任された、
東海大バスケ部OBである入野先生の指導の下、ウィンターカップなどへ出場。3年次には主
将を務め、80-69で新田高校(愛媛県)に勝利し、2回戦で延岡学園に敗退して高校バスケを
終える(延岡学園は準優勝)。
 
 
narumi6.jpg
 
 
■東海大学へ進学するも、燃え尽き症候群でバスケ部を退部
 
その後、東海大学へ進学しバスケ部へ入部するも、高校時代に完全燃焼に近い形でバスケット
ボールに取り組んできた反動もあり、どうしても競技へのモチベーションが上がらずにバス
ケットボール部を休部。
 
学生生活や、一般の学生がするような余暇を過ごし、バスケットボールは、学内のサークル、
地域の社会人クラブチームなどで汗を流す程度。真剣勝負の競技とは距離を置く日々を過ご
し、時折に入ってくるバスケット情報も「バスケの道から離れた自分とは別世界の事」とい
う認識で過ごしていたが、徐々に他大学に進学した同世代の選手の活躍を耳にするようにな
ると心境にも変化が生じてきた。
 
かつて同じ舞台で、頂点を競って戦っていた同世代の選手への対抗心と共に、競技への意欲
が芽生えるのを感じてトレーニングを再開。だが、意を決して翌シーズンの、東海大学バス
ケ部のトライアウトを受けるも、ブランクの影響は大きく、残念ながら不合格となる。
 
落胆、そして、かつては手にしていた環境を自ら手放したことへの後悔も頭をよぎるが、
それより、バスケットボールに対する意欲は抑えきれず、新潟市にあるアップルスポーツ
カレッジへ入学。
 
 
■アップルスポーツカレッジからプロ選手へ
 
 
2015-16年シーズンNBLつくばのHCを務めた平岡氏がHCを務める同校のバスケ部へ入学し、
平日の練習や、スポーツ心理学、スポーツ産業論などの授業、またウェイトトレーニング、
週末の対外試合などでコンディションを高める。
 
1年目はアップルスポーツカレッジの学生選手としてのカリキュラムの中での環境下で競技
力を伸ばし心身の成長に勤める日々であったが、に2年目(2009年)の7月、新潟アルビレ
ックスBBのトライアウトを突破し、見事、練習生契約を締結。その期間、アップルスポーツ
カレッジの学生として平岡HCの下で練習に励み、また、アルビレックス新潟BBの練習生とし
て鍛錬に励み、9月の開幕時にはプロ契約選手としてbjリーグへデビュー。
 
 
■2015-16シーズンではNBDLの3P王を受賞
 
narumi9.jpg
 
その後、2011年までの2シーズンをプロとして新潟アルビレックスでプレーした後、リンク
栃木BREXと契約し、TGI.D-riseで2シーズンプレー。チームの山形への移転に伴い、パスラ
ボ山形ワイヴァンズへ移籍。1年目のシーズンは平均24.4分出場、アベレージ12.2得点を記
録。15-16年シーズンは新規参入チームである東京八王子トレインズへ入団。
平均35.2分出場、アベレージ12.6得点、実に出場36試合中28試合で2桁得点を挙げた。ま
た、12/19、古巣の山形戦では40分フル出場で19得点、3月12日の東京EX戦でも38分出場の
19得点など、大車輪の活躍でチームに勝ち星を導いた。さらには、成功率40.7%(182本中
74本成功)で最後のNBDLシーズンで3P王を受賞。
 
3P王を受賞するまでのシュート力に加え、一瞬のスピードを生かしたカットインなども選
手としての武器。獲得。これまで、ジュニアオールスター、中学校の部活動、東海大3校、
アップルスポーツカレッジ、新潟アルビレックス、D-RISE、山形と様々な競技環境、様々
なコーチのもとで試行錯誤し、練習を重ね、試合経験を積む中で「自らも得点でき、コン
トロールも出来るスタイル」を現在は追及している。前述の平均出場時間、そして得点
が、それを物語る。
 
TTC2015では、体力測定時の幅跳びや、瞬発力を測定するテストで素晴らしい数値をだし、
玉川学園の高校生・大学生選手も目を丸くする場面も見受けられ、ピックアップゲームで
は高確率の3Pと脚力を生かしたカットインで得点を量産していた。
 
オフ期間とはいえ、非常にキレのある鳴海選手の動きを止めようと、若さ溢れる大学生が
挑む姿も、プロ選手のオフシーズンのトレーニング環境向上と同時に、大学生世代の選手と
他カテゴリー選手の対戦を通じて日本バスケの底上げを図ろうとするTamagawa Training
Camp supported by UPSETの主旨でもある為、非常に見応えのあるマッチアップでもあった。
 
 
 
narumi2.jpg
 
 
narumi3.jpg
 
narumi8.jpg
 
narumi11.jpg
 
 
----------------------------------------------------------------------------------
 
鳴海 亮
1987年5月22日、170cm/68kg。 長野県飯田市出身。
 
バスケット歴
1995-2000年 上郷ミニバスケットボールクラブ
2000-2003年 飯田市立高陵中学校バスケットボール部
2003-2006年 東海大学付属第三高等学校バスケットボール部
2008-2011年 アップルスポーツカレッジ バスケットボール専攻科
2009-2012年 新潟アルビレックスBB
2012-2014年 TGI.D-rise
2014-2015年 パスラボ山形ワイヴァンズ
 
※東京八王子トレインズHPより引用掲載
 
 

Basketball "En" College Spring Camp 2016 レポート(その2)

【Basketball ”En” College Spring Camp 2016】
 
 
3/27(日)、東京学芸大学体育館内にて、Basketball ”En” College Spring Camp 2016が開催された。
本取り組みは、学生主体で取り組んでいる大学体育会を中心に、大学バスケの底上げを図る取り組み
であり、弊社も活動理念に賛同し、開催に伴う各種調整などで協力をしています。
 
Basketball ”En” College Spring Camp 2016開催概要
 
Basketball ”En” Collegeへの協力について
 
------------------------------
 
Basketball ”En” College Spring Camp 2016レポート(その2)
 
 
Peak集合写真.jpg
 
トレーニングセッション
Peak Performers
 
10422067_812616848837500_9062358331460962739_n.jpg
 
担当:上原さん、島袋さん
 
 
20160328_773.jpg
※弊社にて制作。フルオーダー昇華ポロシャツ、フルオーダー昇華ゲームパンツ
 
 
 
BEC代表の後藤氏による挨拶後は、トレーニングセッションを担当するPeak Performersから
上原、島袋の両氏が登場。まだ肌寒さも残る3月下旬、学生選手のほとんどがロンTで指導を
待つ中、ポロシャツにハーフパンツで登場。季節感を完全に無視したわけではないが、それ相
応の判断があっての事であろう。
 
それは、その後のトレーニングで明らかになった。
 
宮崎出身の上原さん、沖縄出身の島袋両氏の、出身地の情報以上に、何処となく南国情緒を
感じさせる両者による指導は、常に理屈と実技が織り交ざった内容であった。
 
ホワイトボードや、学生に分かりやすい簡易な言葉のチョイスでトレーニングそのものに対する
概要や、効果、コート上でのパフォーマンスアップを目指す選手にとって、トレーニングを取り組
む理由の説明の後は、必ず実技を交え、正しいフォームの指導へと移行する。
 
冒頭に記載した両名の服装に戻るが、股関節のウォーミングアップに始まり、ロンTで身をくるん
だ学生選手の身体にもすぐに熱が帯びた。トレーナー両名は、既に講義のウォーミングアップで
身体を動かしていた為、ポロシャツにハーフパンツでも寒くなかったのだ!
 
 
この日、同体育館にいた誰よりも素晴らしく屈強な肉体を誇る上原氏のトレーニングの実演には
何よりも説得力があり、スクワットの動作指導をする島袋氏には、背負っていないはずのスクワット
のバーベルが見えるかのような、非常に美しいフォームであり、学生からも感嘆の声と共にため息
が漏れた。(島袋氏はトレーナー仲間同士で行われるエアスクワット選手権(エアギターと同じような
概念)で上位の成績を収めている事は知る人ぞ知る逸話である)
 
この日、Peak Performersが提唱した各種トレーニングは、トレーニング雑誌やyoutubeで見たことも
ある学生選手もいたはずであるが、意識すべきポイント、見よう見まねではケアしきれない細部に対す
るこだわり、選手の習熟度に合わせた適切なレベル設定には、どうしても学生選手だけでは辿り着けな
いトレーニングの深みを感じさせる境地であった。
 
途中、体幹トレーニングの基本姿勢(4点支持)を取る上原氏に対し「この姿勢を20分間維持した上で・・」と
島袋氏がボケるも、学生選手の誰もがボケだと気が付かず、「・・・ボケたので、突っ込んでください!」
と島袋氏が懇願した場面もあったが、それまでの数々のメニューで上原氏の圧倒的な実技パフォーマンスを
見せつけられた学生選手が突っ込めなかった心境が強烈に理解できた。
 
 
各種メニューが進むにつれ、選手同士の分析、正しいフォームや効いている部位のフィードバック、トレーナ
ー両名への具体的な質問を通じた質疑応答がなされ、非常に活発な空間が創出された90分間であった。
 
2016年シーズンは既に始まり、大学によっては既に新入生を迎えたチームもあるであろう。この日の参加選
手が、春のトーナメント、秋のリーグ戦へと続く、各所属チームでの練習をやりきるための基本的な姿勢、考え
方、トレーニングに対する感度が高まり、より充実したシーズンを送る事を願うばかりである。
 
末尾になりますが、本プログラムは、競技者のトレーニングへの理解と、より充実した競技生活を送る手助け
をしたいというPeak Performers様の多大なる協力と、BEC活動に対する理解・賛同の上で成立したセッション
であった事を述べておきたい。
 
<当日の様子>
 
20160328_891.jpg
 
20160328_5754.jpg
 
20160328_4355.jpg
 
20160328_2344.jpg
 
 
■Peak Performers
ワークアウトプログラム
 
 
・トレーニングについての基礎知識
何、誰が、何故、どのように、、行うのかの概要説明(最大関節可動域などを踏まえ、
フォームの重要性の説明など)
Peak Performersさんが考える、トレーニングとバスケットボールでのパフォーマンスアップでの
相関関係の説明。
 
 
・(今回の限られたトレーニング時間の中、今後のパフォーマンスアップの為に)
重点的に強化すべき部位、動きの提案
 
・股関節の柔軟性を意識したウォーミングアップ
・リバースランジの指導
・ルーマニアンデッドリフトの指導
意図、姿勢、段階的なレベルアップ法などを丁重に指導
・スクワットフォームの指導
・(一般的に広く知られるようになった)体幹トレーニングの、意味、必要性、フォームなどの
説明。及び、その実践
 
 
 
 
講師のプロフィールなどはこちらを参照
 
Basketball ”En” CollegeさんFBページ
 
■協力機関
 
株式会社ERUTLUC
Peak Performers
株式会社アップセット

Basketball "En" College Spring Camp 2016 レポート(その1)

【Basketball ”En” College Spring Camp 2016】
 
 
3/27(日)、東京学芸大学体育館内にて、Basketball ”En” College Spring Camp 2016が開催された。
本取り組みは、学生主体で取り組んでいる大学体育会を中心に、大学バスケの底上げを図る取り組み
であり、弊社も活動理念に賛同し、開催に伴う各種調整などで協力をしています。
 
Basketball ”En” College Spring Camp 2016開催概要
 
Basketball ”En” Collegeへの協力について
 
 
 
-----------------------------------------------------------------------------------------
 
 
Basketball ”En” College Spring Camp 2016レポート(その1)
 
 
20160328_4196.jpg
 
 
 
アウトサイド選手向けのワークアウト
担当:佐東雅幸コーチ(ERUTLUC指導員)
テーマ「ペイントアタック」
 
 
20160328_3705.jpg
 
■当日の様子
 
ホワイトボードを活用し「期待値」という概念からのアプローチで参加選手にペイントアタックの重要
性を伝達し、ワークアウトがスタートした。理論的かつ情熱的に選手に伝えようとする佐東コーチの
熱量が参加者の知的好奇心を刺激したように感じられた。股関節の準備運動、ドリブルのコーディ
ネーションドリルを実施後は、ペイントエリアへとアタックする際に狙うべきコース、ディフェンスの状
況を判断するポイントの提示など、きめ細かな指導が行われた。
 
その後、特殊な設定での1対1が実施され、参加者は、否が応でも、ペイントエリアへのアタックを主眼
とした攻防が繰り広げられた。冒頭の説明により、理屈(その効果や意義。why、、何故必要か)を理解
し、身体的な準備を整え、狙うべき部分の伝達(どのように。、Howの部分)、そして具体的な練習ドリル
の提示には非常に説得力があった。
 
この日、静岡県の社会人チーム(FAKER)鈴木選手と学芸大学の選手などは、世代を超えたマッチアップ
もあり、Spring Camp として主旨が色濃く反映された瞬間であった。
 
後半、ipadを駆使して行われたシュートフォームのカウンセリングでも動画での解析や、シュートリリース、
アーチ、軸のチェックなどもあり、きめ細かな指導や、コーチの生真面目さが随所に垣間見える内容となった。
 
■実施内容
・シュートにおける期待値の理論説明
(点数×シュート確率の一般的な統計から分析し、価値のあるオフェンスの提言)
 
・ウォーミングアップとして股関節の可動域、動きの連動性の為の準備運動
※「普段歩く、走るだけだと使わない筋肉が股関節周りにあります。その使わない筋肉への刺激を入れること
で、普段使わない股関節の筋肉を使えるようにする事を目的とした運動。ディフェンスのフットークなどでも土
台となります(佐東コーチからのコメント)
 
・コーディネーション能力養成を意図したドリブルドリル
※パワーポジションからの強いドリブル、テニスボールを活用し、連結能力、変換能力、識別能力などへのア
プローチ
 
・最短距離でゴールへアタックする為の意識付けドリル
 
・ペイントエリアへの侵入を強調した、特殊な設定での1対1
 
・ERUTLUCのシュート理論を基軸とした、各選手のシュートへのカウンセリング
 
佐東コーチのコメント
 
「戦術やスキルなどは、やるときにただ身につけるのではなく、何のためにやっているのか?という目的
を持ってやって欲しいと思います。それを「伝える」のはコーチの責任ですが、「知ろう」とするのは、プレ
イヤーの責任になると思います。なので、その機会を作っていただいた片岡さん(開催協力機関:株式会
社アップセット)、後藤君をはじめ学生の皆さまに感謝しております。
 
まずは個人スキルを伸ばし、チームに貢献できる選手に一人ひとりがなってもらいたいと考えています。
また是非宜しくお願いいたします。」
 
 
 
 
Basketball ”En” College Spring Camp 2016
インサイド選手向けのワークアウト
 
担当:池田親平コーチ(ERUTLUC指導員)
サポートコーチ:足立拓哉コーチ(ERUTLUC指導員)
 
 
20160328_5093.jpg
 
 
東京学芸大学、一橋大学、東京国際大学のインサイドを担う選手約10名が集結。どちらかというと、
ビッグマンというわけではなく、チーム事情でインサイドを任されている選手や、サイズが無い中でも
ペイントエリアでの攻防のレベルアップを目指す選手が集まった。190cm超えの長身コーチである池
田コーチ、サポートを務める足立拓哉コーチのコンビは壮観だった。
 
実技を交えながら、非常にエネルギー溢れる池田コーチのコーチング、一つ一つ丁寧に指導をする足
立コーチのコンビにより、温かさと真剣さが融合した素晴らしい空間が出来上がった。
 
「相手よりも、少しだけテンション高くハイタッチをしよう!」という声掛けと共に練習の合間に行われるハ
イタッチ、両コーチのポジティブな声掛けもあり、徐々に参加者同士にも熱量が増していった。インサイド
選手にとっての生命線の一つでもあるフリースローを上手く活用し参加選手同士のチームワークも構築
された様子が印象的であった。
 
身体へのアプローチからフィジカルコンタクト、スキル指導まで、様々な方面からインサイド選手に対する
ワークアウトが実施されたが、特に、ポストプレーを仕掛ける際の引きだし・判断基準を、エネルギッシュ
かつ論理的に指導をする姿と、それを聞き、意欲的に実践ドリルで試す選手の呼応が印象的だった。関
東大学トーナメント、秋のリーグ戦などでの、この日の参加選手がインサイドで得点を重ねる姿に期待し
たい!
 
 
■練習プログラムの紹介
 
「ボールハンドリング、フィジカルコンタクト、インサイドでの
得点の方法、考え方の4つをベースとしたワークアウト」
 
・インサイド選手がゲームで使用するドリブルなどを踏まえたウォーミングアップ
 
・コーディネーショントレーニングを取り入れた2ボールのハンドリングとパスワーク
 
・コーディネーショントレーニングを織り交ぜたステップワーク
 
・身体接触を受けながらシュートを決め切る能力養成の基礎ドリル
 
・インサイドでのポストアップをする方法の指導
 
・基本的なステップと、状況判断の指針の提示
 
・ポストムーブの実戦練習(シチュエーション別)
※休憩の合間、インサイドの選手には絶対に必要とされるフリースローを絡めたレクレーション的な
ドリルがあり。参加選手同士のコミュニケーションなども活性化されていた。
 
20160328_2488.jpg
 
■コーチのコメント
 
池田コーチ
 
「今回のワークアウトでは、インサイドでのオフェンスをメインに紹介していきました。インサイドのエリアは
アウトサイドに比べてスペースが狭く、一瞬の判断が求められます。その為自分からコンタクトを取り、ディ
フェンスとの駆け引きの中で主導権を握らないといけません。
 
近年のバスケではスモールバスケが主流になっていますが、ペイントの中でタフに闘うことは身体の大きさ
に関わらず常に求められます。その中でハッスルし、得点することはチームにさらなる勢いをもたらします。
クリニックに参加してもらった学生の方達は、エネルギーに溢れとてもいい雰囲気で練習することができま
した。お互いが真剣にやり合う中でついた闘志を、チームに帰ったコートの中で是非表現してもらいたいと
思います!
 
もしインサイドでのプレーや、考え方を知りたいという方は是非ご連絡ください!全国どこでも駆けつけます!
最後になりますが、この度のクリニックを主催して頂いたBEC、アップセット様のスタッフの方々、そして手伝
いに来てもらった足立コーチのおかげで充実したクリニックとなりました。本当にありがとうございました!」
 
足立コーチ
 
「貴重な機会を頂きまして、誠にありがとうございました。参加者の皆さん、とても熱心に取り組んでくださって、
こちらも楽しく充実した時間を送ることができました。本当にありがとうございました。」
 
 
 
本クリニックは、学生主体で取り組み大学生世代選手の競技環境を整備したいというBEC事務局の理念に対し、
株式会社ERUTLUCが賛同をする形で開催が可能となった。
 
 

株式会社ERUTLUC代表 鈴木 良和さんコメント

 
「Basketball ”En” College Spring Camp 2016の企画に関わった皆様へ、まずは感謝を述べたいと思います。
我々の活動のコーチ陣がこのキャンプの講師として担当させて頂いたこと、非常に光栄でした。
 
僕自身も千葉大学という4部リーグの大学でプレーヤーをしていた経験があります。僕が現役だったころを思
い出すと、4部リーグとはいえレベルが高い選手もいましたし、とても一生懸命に練習している良いチームが
たくさんあったのを覚えています。
 
そういった熱心な学生さん達を応援できるということで、このキャンプをサポートすることを決めました。
大学でも体育会でバスケをがんばっている学生さん達は、まさに「なりうる最高の自分を目指す」という我
が社のミッションにも通ずるところがあると感じています。
 
これからも”En” Collegeの活動を応援していきたいと思います。そして、その中でまた指導者としての人生
を考えている人物にたくさん出会うことが出来れば、我々としてもとても意味のあるサポートになると考えて
います。今後の”En” Collegeの活動の益々の発展を期待しています。」
 
 
※トレーニング編のレポートは(その2)にて掲載します。
 
 
講師のプロフィールなどはこちらを参照
(協力機関:UPSET内記事)
 
Basketball ”En” CollegeさんFBページ
 
■協力機関
 
株式会社ERUTLUC
 
Peak Performers
 
株式会社アップセット

Shizuoka Swagga ballers(静岡県静岡市)

 
【Shizuoka Swagga ballers】
 
製作チーム紹介。静岡市を拠点に活動するジュニアクラブチーム。今後、日本バスケット界の育成環
境充実を図る中で、従来の中体連所属の部活動以外にも、重要な役割を担うであろうと予想、期待さ
れるのがジュニアクラブチームである。
 
※制作アイテム
フルオーダー昇華リバーシブル
フルオーダー昇華Tシャツ
 
 
37764.jpg
 
13124769_1228055657218068_9089873897520265870_n.jpg
 
▼活動紹介
 
Shizuoka Swagga ballers
 
 
2012年8月に発足、静岡県静岡市を活動拠点とするジュニアクラブチーム。東京都出身で、HCで
ある小川太氏は広尾ファンキーズや、サイドマウンテンなどで豊島区・渋谷区・文京区などの大会
を歴戦し、社会人クラブチームの名門チームであるFAMILY TENTH TOKYOやneoうめや(現在も)
などで競技経験がある。
 
縁あって中学校の外部コーチで数年間に渡って指導後、地元父兄や選手より、熱意のある選手が
さらに競技に励む環境としてジュニアクラブチームの設立を求める声が高まり、悩んだ末にさらに熱
意のある選手に応えるべく、父兄やスタッフ陣と協力してジュニアクラブチームを設立。
 
チーム名(Swagga)の由来は、スラングで「swagger (swagga)は、自分に自信を持った(時としてプ
ライドが高く傲慢な)振る舞いやスタイル、自信を持って振る舞う人を指して使用されるスラングであり、
それが、そのまま指導方針となる。
 
一言で言えば、威風堂々と自分のstyleを貫く集団である。
 
その中でも、チームロゴには自分のstyleを貫き、威風堂々とした佇まいを持つハスキー犬を採択。今
回の製作ウェアにはTシャツ、リバーシブル共にフルオーダーメイド昇華プリントの特徴を生かし大きく
織り込まれている。
 
また、チームスローガンでもあり、ウェアにも書かれている「雲外蒼天」は「「雲外に蒼天あり」という。暗
雲の外に出れば、蒼穹(あおぞら)は広く、あたたかい。雲は、さまざまな障害や悩みの意。困難を乗り
越え、努力して克服すれば、快い青空が望めるという」という意味が込められている。
 
これは、クラブチーム設立当時、まだまだU-15世代のチームが参加できる大会なども限られていたた
め、中体連でプレーをする選手に比べると日の目を見る選手も少ないが、地道にファンダメンタルを磨
き上げれば、高校進学以降に、きっと良い経験が出来るというコーチ陣の想いから選出。
 
※Swaggaでは中体連の部活動に所属する選手も競技力向上の為に入団するケースもある。
 
主に個人のスキルアップに重点を置き、次なるカテゴリーで活躍できる選手を輩出できるよう、日々の練
習や、竹原勝也氏(熊本大学バスケットボール部HC、elite-8 Los Angels Basketball Camp主催、など
多数。不定期に各地で開催されるクリニックにはプロ選手を含め、あらゆるカテゴリーから熱意のあるバ
スケットボール選手が集う)による定期的な練習会を通じて選手のスキルアップを目指している。
 
コーチ陣でも、特に個人スキルに造詣の深い塩崎紀康氏が熱血指導をし、常に高いレベルを意識しなが
ら練習に取り組めるような工夫がなされている。
 
県外の招待試合や、米軍横田基地などへの遠征なども重ねるなど、様々な経験を積むべき、スタッフ陣
が一丸となって環境作りに奔走している。将来に繋がる選手の育成を標榜しているが、将来的な選手の
育成という言葉を隠れ蓑に、何事も経験になればよいという安易な妥協を許さない厳しさのある指導も特徴。
 
 
最善を尽くさず、戦わずして簡単に目の前に屈する経験であれば不要とばかり、横田基地での交流トーナメン
トでは、一度対戦をして負けたチームへのリベンジマッチまでの時間で個人スキルと戦術の部分で最後の最
後まで緻密な準備を続け、見事にリベンジに成功。日米を問わず、試合を観戦した父兄、バスケファンからも
拍手喝さいを浴びた。
 
育成と勝利の両立への強い意思と情熱を持った指導、それに応える選手のエネルギーは非常に高く、「Swagga
は闘う集団だ」であると米国人コーチも感嘆していた。
 
クラブチーム設立の際に悩んでいた際には、FAMILY TENTH TOKYO時代の先輩でもある岸哲也さん(京北高
校~青山学院~大和証券などでプレーし、現在もneoうめやで活躍)からの「お前みたいなヘボが教えないで、
誰が教えるんだ!今まで俺がお前に教えてきた事があるだろう!」という激に奮起したという経緯もある。
 
岸哲也さん以外にも、社会人クラブチーム時代の競技仲間、先輩・後輩の繋がりは、現在でもチームの活動を充
実させるうえで非常に大きな支えになっているという。
 
また、特定非営利活動法人静岡エスアカデミア・スポーツクラブでは、同チームのスタッフも数多く関わり、WJBL
シャンソン・Vマジックアカデミー、バスケットボールスクールのアカデミーの主催団体として、幅広く競技環境の創
出に努めている。
 
Shizuoka Swagga ballersのHP
 
同FBページ
 
女子チーム
 
特定非営利活動法人静岡エスアカデミア・スポーツクラブ
 
JBLシャンソン・Vマジックアカデミー開校について
 

上智大学女子バスケットボール部 -第50回関東大学女子バスケットボール選手権大会-

 
【第50回関東大学女子バスケットボール選手権大会】
 
 
上智ロゴ.jpg
 
 
50回目を迎える関東大学女子バスケットボール選手権にて、弊社でウェア制作(フルオーダー昇華Tシャツ、フ
ルオーダー昇華ウィンドブレーカー)をしている上智大学女子バスケットボール部が参戦しました。
 
以前にも掲載しましたが、部員数の減少によって活動がままならない状況から、同大学若手OBのコーチ、学生
によって必死にチーム体制の立て直しを図り、熱心に活動をされているチームです。
 
高校バスケと大学バスケの疎通も図る為、キャンパスツアーも含めた高校生の招待大会ソフィアカップも開催
し、バスケットボール界の交流促進にも努めています。2016年シーズンは11名の新入部員も加わり、ますます活
動を充実させています。
 
 
春先には、立正大学女子バスケットボールによって開催されている、3~4部リーグによる「アイリスリーグ」にも参戦
し、毎回の練習と、実戦経験を積んだ上で大会に挑み、見事、予選トーナメントを突破して本選へと出場となりました。
 
強豪の神奈川大学には破れましたが、着実な歩みを続けて奮闘されています。
次戦は、南山大学との定期戦である上南戦が6/4(土)に南山大学で開催されます。
 
 
【日程】6/4(土) 
【時間】10:30〜
【会場】南山大学メインアリーナ
 
 
 
上智大学女子バスケットボール部の活動紹介
 
 
12336105_1066802546695868_1228404208_n.jpg
 
 
上智写真2.jpg
 
 
 
▼第50回関東大学女子バスケットボール選手権大会での試合結果
 
4/30(日) @東京外語大 
上智大学 97-27 東京外国語大学
 
5/3(火祝) @和洋女子大 
上智大学 74-60 東京家政大学
 
 
5/7(土) @神奈川大学
上智大学 25-85 神奈川大学
 
 
 
上智大学女子バスケットボール部 
HP http://www2.hp-ez.com/hp/sophiawbbc
FBページ https://www.facebook.com/sophiagirlsbasketball/
twitter @SophiaWbbc
 
 
▼最近の試合結果
 
4/10〜24
アイリスリーグ(3,4部所属のチームによるプレシーズンマッチ)
 
【試合結果】
上智大学 61ー99 立正大学 
上智大学 55ー72 武蔵丘短期大学 
上智大学 96ー44 東京大学
 
▼アイリスリーグとは
アイリスリーグとは、立正大学女子バスケットボールによって主催されている、今年で8年目を迎えるリーグ戦。
下部リーグの大学チームに、公式戦の近い試合経験を積める機会を創出する事でレベルアップを図る事を目的
とし、今シーズンは立正大、東洋大、東京大、群馬大、東京成徳大、了得寺大、御茶ノ水女子大、創価大、武蔵丘
短期大、上智大などが参戦。
 
名称の由来は、発足時のリーグ最終戦があやめ(アイリス)の咲く6月だった事、また、湿地という恵まれたとはいえ
ない環境でも美しい花を咲かす「あやめの花」と下部でも努力して良いチームを作ろうとしている参加校を重ねて命名
された。
 
 
■上智大学女子バスケットボール部の競技普及活動
 
ソフィアカップ
 
 
ソフィアカップ出場校
※バスケ部選手によるキャンパスツアーと交流戦を実施。2015年シーズンより実施。
 
 
・湘南白百合高校
・雙葉高校
・横浜雙葉高校
・平塚江南高校
・蕨高校
・清泉女学院高校
・田園調布雙葉高校
・目黒星美学園高校
 
 
 
 
 
上智大学女子バスケットボール部の活動紹介
http://www.upset-emg.com/blog/2016/03/post-130.php
 

Tamagawa Training Camp 2016 supported by UPSET

【Tamagawa Training Camp 2016 supported by UPSET】

 
今年で4回目となる、Tamagawa Training Camp 2016 supported by UPSETの開催
日程が決定しました。
 
例年通り、玉川大学男子バスケットボール部の協力の元、2016年6月18日(土)・19日(日)
の2日間で開催されます。多くのプロ選手、及び、コーチ・トレーナーの方の見学をお待ちし
ております。
 
詳細については、改めてご案内します。トレーナースタッフについては、昨年と同じ陣容を予
定しております!
 
※例年通り、選手の方は参加費無料です。
 
------------------------------------------------------------------
 
Tamagawa Training Camp 2016 supported by UPSET
 
 
ttc2016.jpg
 
 
ttc20162.jpg
 
■日時
 
2016年6月18日(土)・19(日)
 
 
■スケジュール
 
詳細について調整中。
両日、早朝に集合し、トレーナーによるトレーニング指導、及び、玉川大学男子バスケット部との
ゲームなどを実施。
 
 
■見学など
 
コーチ、トレーナー、バスケットファンの方による見学について、参加費2000円 / 日にて受け付けます。
参加費は、今後の当プロジェクトの活動資金などに充てさせて頂きます。
 
■スタッフ
 
・ストレングストレーナー
大城 英稔
上原 雅也
島袋 彩乃
 
・メディカルトレーナー
五十嵐 清
※昨年のスタッフ詳細は下記ページより
 
※あくまでも現時点での予定です。諸状況により変動する事もありえます。
 
■主催
・株式会社PHISOFLEX
 
■特別協力
 
・株式会社アップセット
 
■協力
 
・玉川大学男子バスケットボール部
・ゴールドスタンダード・ラボ
・まなぶ鍼灸接骨院 代表:樋口 睦
・TRINITY Basketball School 
代表:志岐昭学(スペシャルオリンピックス2015WorldGame HC)
・奨学舎(塾)
・ELITE Basketball Club
・IX PASS
・Elitus
・Pizza & Sports DIME 様
 
※順不同
 
■ディレクター
井上 亮馬(株式会社PHYSIOFLEX)
片岡 秀一(株式会社アップセット)
 
<過去の掲載記事など>
 
主催者の構想
2014年レポート
 
2015年レポート
 
メディア掲載実績
月刊バスケットボール
 
ttc20164.jpg
 
■問合せ先
 
弊社内担当
片岡
kataoka@upset-emg.com
07050249827
 
 
写真撮影:立花 佳世

 

上智大学女子バスケットボール部(制作事例、及び活動の紹介)

【上智大学女子バスケットボール部(フルオーダー昇華Tシャツ、フルオーダー昇華ウィンドブレーカー)】
 
弊社でウェア制作をして頂いているチームの中から、印象的な活動をされているチーム
の紹介です。
 
 
-----------------------------------------------------------------------
 
 
上智大学女子バスケットボール部
 
 
上智写真.jpg
※フルオーダー昇華Tシャツ
 
12336105_1066802546695868_1228404208_n.jpg
※フルオーダー昇華ウィンドブレーカー
 
<チーム紹介>
 
1972年創部の体育会部活動。関東大学4部リーグに所属し、同リーグ優勝を目標に活動する
チーム。また、毎年月に開催される南山大学との定期戦(上南戦)は学内総出で一大イベントと
なる。
 
2015年シーズンは9年ぶりに勝利、関東大学リーグでは3勝4敗で8チーム中5位の戦績を残し
た。
 
学業との両立、練習時間の確保など限られた環境で競技に取り組み、9年ぶりに上南戦で勝利
を収め、悲願を達成した同バスケ部であるが、2013-2014年頃には部員数が2名しかおらず苦
しみながらの活動が続いた。
 
ここでは、苦しい状況から活動状況を立て直した上智大学バスケ部の奮闘を紹介したい。
 
 
上智大学女子バスケットボール部 
twitter @SophiaWbbc
 
 
 
上智大学女子バスケットボール部の取り組みについて
 
 
上智ロゴ.jpg
※ウィンドブレーカー制作の際、弊社にてロゴ制作。
 
 
■少人数での苦しい取り組み
 
 
1972年創部の伝統のある部活動であるが、2011年頃、チームは部員数の確保に苦しんでいた。
 
練習中の5on5はままならず、練習試合に出場する際にも助っ人を呼ばなければならない。チーム
として5名以上の選手がいないので、チームプレイをする機会すら存在しない。
 
公式戦には助っ人(大会としてはきちんと選手登録はしているが、同チームの活動に本腰を入れて
活動をしている選手ではない、という意味)がいなければ成立しない為、綱渡り状態でのやりくりが
続いた。
 
そのような状況であるのだから、そもそも、学内にて部活動の存在の是非を問われた事もあり、盤
石の態勢で挑む学内の他体育会からも孤立したような状態で肩身の狭い思いをしていた。
 
 
そこに、一つの転機が訪れた。
 
同大学男子バスケットボール部を引退し、就職留年の為、もう1年間学生生活を送る事になり、バス
ケットボール部のスタッフとして経験を積む事を考えていた楪葉氏が女子バスケットボール部の練習
などにお手伝いで顔を出すようになる。
 
当初は、本当にお手伝いの感覚での関わりであったが、前コーチより正式にコーチ就任の話を受けた
のを機に、所属選手に対して、部活動に対する気持ちをヒアリングを実施。というのも、安定しない部
活動の背景を知りつつも、どうしても覇気が無いと感じてしまう当時の女子バスケ部の試合などを観
ていた為、本当に勝利を追い求めているかどうかを知りたかったからだという。
 
結果としては、回答はYES。部員数が少ない為にどうしても助っ人的な関わりで試合に出てもらうなど
で挑むしか無く、そうであるがゆえに、温度差もあり、何をするにもどうしようもなくて困惑をしていたこと
を知る。「勝利の為、お互いに全力を尽くす事」を条件にコーチに就任し、新体制での取り組みが始まる。
 
 
 
■組織再生への取り組み、コーチは大阪へ
 
 
まず、選手3名(その内1名は怪我人)のチームではバスケットボールの活動を行う事が物理的に困難だ。
また財政的にも非常にやりくりが厳しいという状況を打破する必要があった。そのため、部員の獲得、組
織の再生(健全化)へと取り組む。
 
 
学内のバスケサークルの選手に体育会の案内をし、助っ人として参加してくれた選手を本格的に勧誘、手
作りのポスターを制作し学内への掲示をし、SNSを活用して情報展開に励む。
 
 
同時に、学生にとってのやりがいの創造、卒業後にも集える場所の創造、財政的な支援を得るためにOG
会の設立へと働きかけた。OGの方々へのアポイントを始め、バスケ部再生のための構想や理念などを伝
え、賛同を得られるように地道に話をする。それが実り、会の設立や財政的な支援を得られることが決定。
 
会の設立時に、「時として、勝利を目指すために、部員にもある程度の厳しさやルールを求めて部員数の不
足を招くのであれば、部活動という敷居を下げ、まずはサークル感覚で部員数の確保を優先するべき」とO
Gに指南された事もあった。OGならではの部に対する愛情であったのであるが、コーチ就任当初の学生と
の約束である「勝ちにこだわる、その為に全力を尽くす」の軸を変えるわけにはいかず、必死の説得を重ね、
あくまでも勝ちにこだわる姿勢を貫く方向性で納得をしてもらう。
 
 
上記のように、関わるメンバー同士の理念や想いの共有し、部活動の体制を整え、最善の準備を継続した。
それでも、大変不本意な結果ではあるが、12-13年シーズンでは関東大学リーグ戦は1試合のみの出場に
終わり、残りの試合は棄権せざるを得ない状況に陥った。
 
さらに、楪葉コーチが学生コーチの立場を卒業し、OBとしてのコーチになる時期が迫っていた。これまでのよ
うに時間を割く事も難しくなってしまう、さらには、楪葉氏の勤務地が大阪への辞令が出され、追い打ちを掛け
られる。
 
大阪への辞令発令時、楪葉氏はエルトラックが企画するスペイン・コーチングツアーへの参加の最中だったと
いう。来るべき新年度、新シーズンに向け、覚悟と情熱をもってバスケットボールの学びの場へと意気揚々と
向かっている矢先に想定外の辞令が飛び込み、流石に強く落胆したという。
 
それでも、慣れない社会人生活1年目、しかも大阪勤務とあれば部活動を離れても不思議ではないが、毎週末
に大阪から東京へと夜行バスで通ってチームを牽引し続ける事を決意。周囲からは冷ややかな目で見られるこ
ともあったが、「お互いに全力を尽くす」という部員との約束を果たす為、そして再起を懸けて情熱を注ぐ2名の部
員の奮闘をしっていたからこそ、ここで引き下がる事を良しとしなかった。
 
 
 
■大阪から東京へ
 
毎週末にMTGを重ね、昨年度の取り組みを見つめなおし、継続する部分と改善する部分とをリストアップし、一つ
一つの行動を改善していく。
 
同大学には、サークルを含めてバスケットボールやスポーツを行う環境は他にも存在し、部活動に在籍する事の
優先順位や学内での認知度は低かった。まず、それを改善する為、新入生の勧誘時期(フレッシュマンウィーク)
では、従来のコストを抑えた白黒のチラシから、カラーのチラシへと変更。全2名の部員の中、1名が就職活動の
ため、残りの1名がブースに座って勧誘する姿を見かねた他体育会の選手がチラシ配りを手伝ってくれることも
あったという。
 
これまで、孤立しがちだった部活動であったが、本気で改革に取り組もうとする心意気が伝わった格好だ。
 
また、そのような地道な勧誘活動に加え、高校時代に競技経験のある選手を見つけ、春のトーナメントや、上南戦
に出場してもらい、学校の名前を背負う体育会の意義を感じてもらう機会を作る。(目の前の試合に出る為だけの
助っ人ではなく、中期的な視点を持ったリクルート)。
 
結果、4名の部員が正式に入部し、秋のリーグ戦では6名でリーグ戦に参戦。目標である3部優勝には届かず、3勝
3敗で、6チーム中4位にて1次リーグ敗退。だが、1年前は棄権せざるを得なかったチームがリーグ戦を3勝3敗で、
6チーム中4位にて1次リーグ敗退。単に戦い抜いただけでなく、周囲のサポートや理解を得ながらも、自分達の手
と足で一つ一つの体制を整えた末での結果には手応えがあった。
 
 
12674145_911709548926980_1790630687_n.jpg
 
 
 
■9年ぶりに上南戦での勝利
 
 
 
 
 
 
翌シーズン、シーズンイン当初から部員が5名以上が在籍した状態で活動がスタートし、鍛錬を重ねる。その成果
もあってか、前述のとおり、9年ぶりの上南戦での勝利を掴む。上智大学からも、上南戦で1番に活躍したチームに
送られる学長賞を受賞した。学内の新聞でも堂々と1面を飾る。
 
当時の状況を楪葉コーチはこう語る。
 
「部員の中で4名は去年の上南戦の負けを味わっており、リベンジしたいという気持ちを強く感じました。勝因は、
『1年間5人で一緒に練習してきたから』と、『4年生の想い』ですね。
 
30点差以上で負けた昨年の経験を経て、部員が精神的にひと回り大きくなったのを感じました。単純な話ですが、
1年を通じて共にチームでプレーしてきたからこそ、エンドプレーやフォーメーションも効果的に決まりました。以前
までは、試合前日に助っ人選手と合流し、エンドプレーやフォーメーションを確認するというレベルでした(苦笑)
 
また、1年生の時から、「部員が少ない」という、最も苦しい時期を支えてきてくれた4年生の活躍が凄まじかったで
す。主将として誰よりもルーズボールに飛び込み、同時にPGとして多くのアシストパスを供給。延長戦ではオール
コートプレスをかけられた際も慌てずに全て1人でボールをフロントコートまで運び、勝利の立役者になってくれま
した」
 
 
 
手作りな組織ながらも、温かみと目的のある組織に人は魅力を感じ、集まってくる。上南戦での勝利、そこに至るまで
の道筋で纏った熱気は、数々の選択肢の中から上智大学女子バスケットボール部を選択するのに十分に魅力のある
試合であったようだ。その勝利を機に多くの選手が部の門を叩き、部員数の確保にもつながった。
 
迎えた秋のリーグ戦、3勝4敗で8チーム中5位。
 
上南戦での勝利。そして4部リーグの優勝。後者の目標には届かなかったが、確かな手ごたえをつかんだシーズンで
あった。
 
 
部員と二人三脚でチームを支えている楪葉コーチ。同大学バスケ部員に、学校中から注目が集まる上南戦での勝利
と3部昇格の喜びを味あわせてあげたいと語るが、その活動の根幹には、深い理念がある。
 
 
『社会に出る前に、組織の中でどのように自分を活かすかの術を学ぶ』
 
「4年間の部活動を通して、どれだけ「組織の中で自分を活かすことができるか?」を学んでいってもらいます。確かに
組織の中なので、様々な物事が自身に影響を及ぼすと思います。どうしても自分1人ではうまくいかないこと、変えられ
ないこともあるでしょう。しかし、そのような環境でも全力で物事に取り組み、「どうやって自分を活かすか?」という正解
のない問いに対して、試行錯誤することに大きな意義があると感じています。学生には4年間で多くの成功体験や失敗
体験を通して、模索してほしい。」
 
 
 
 
2015-16シーズン、チームの目標は上南戦での連勝と3部昇格。チームのスタッフには、バスケットボール学会などでも
活躍をする飯田祥明氏、トレーナーとして樋口舞さんが、男子バスケットボール部担当トレーナーからの紹介により、20
14年シーズンからチームを支える。トレーニングのテーマは「4部最高の肉体作り」。現在着手している最中だ。
 
しかしながら、新しい部員には、苦しい中で部活動を続けてきた世代を知らない選手もいる。だからこそ、「周りに感謝す
る」ことを継承したいと楪葉コーチは語る。
 
 
 
「アシスタントコーチやトレーナーが支援してくれるなど、今では当たり前の環境も、少し前までは考えられなかった。自
分をサポートしてくれる方、対戦校の方も含めて、周りに感謝しながら自分を磨いてほしいです。
 
コーチングを始めてからの手ごたえですが、学内では上南戦勝利による学長賞の影響が大きいのか、応援してくれる
も増えました。男子バスケ部のスタッフも皆応援してくれてます。またスタッフ同士でもお互いの長所を伸ばしあう非
常に良い関係を築けているのもチームの成長の一因かと思います。」
 
 
 
■ソフィアカップ開催、高校バスケと大学バスケの道しるべの一つに
 
11223538_1243015332382563_1076246057202376988_n.jpg
 
12642506_1275230719161024_927062613644450801_n.jpg
 
※写真提供。上智大学女子バスケットボール部
 
 
現在、同チームでは飯田ACの音頭により、ソフィアカップと称した大会を開催している。カトリック校や、進学校などの
高校を集めた招待試合である。上智大学は勿論だが、大学体育会のバスケットボールの雰囲気を知ってもらう事も目
的としており、上智大学との対戦以外にも、部員によるキャンパスツアーも企画し、バスケットボールを通じた交流を推
進している。「大学に進んでも、競技を続けてくれる人が少しでも増えたら幸いです。」と飯田ACは語る。
 
 
現在、来るべき2016年度の戦いに向け、ファンダメンタルとフィジカルの強化に取り組み、さらなる躍進をすべく、練習
を重ねている。
 
 
 
12814333_1302804296403666_7893662618021774174_n.jpg
 
 
<ソフィアカップ 過去の参加チーム>
 
・湘南白百合高校
・雙葉高校
・横浜雙葉高校
・平塚江南高校
・蕨高校
・清泉女学院高校
・田園調布雙葉高校
・目黒星美学園高校
 
 
 
 
<戦績>
 
・2015年 春のトーナメント
上智大 ●36 - 73○ 東海大学
上智大 ●39 - 52○ 和洋女子大学
 
・関東大学女子バスケットボールリーグ(4部リーグ)
 
上智大 ○47 - 46● 県立医療大
上智大 ○78 - 64● 理科大
上智大 ○20 - 0● 麗澤大
上智大 ●41 - 60○ 鶴見大
上智大 ●33 - 60○ 千葉大
上智大 ●50-89 明星大
上智大 ●51-76 慶應義塾大学
 
5位:3勝4敗(8チーム中)
 
 
他の戦績
上南戦にて延長戦の末、9年ぶりの勝利
※南山大学(名古屋)との年に1度、6月に開催される交流戦。1960年より半世紀以上に渡って開催されている
 
 
 
<年間の予定>
 
 
・年間日程
 
 
11/7(土)~シーズンイン
 
5月:選手権大会
6月:新人戦(部員の獲得状況による)、上南戦
9月:リーグ戦
 
 
 
週に4回
 
火曜日:18:00~20:00
水曜日:15:30~17:30
金曜日:15:30~17:30
土曜日:14:30~17:00
 
 
 
 

Basketball "En" College Spring Camp 2016について

【Basketball ”En” College Spring Camp 2016】
 
 
ONE Basketball Academy 小野元氏によるクリニックに続き、Basketball "En" College -学生バス
ケットボール勉強会(略称:BEC)では、3/27(日)15時~より東京学芸大学大体育館にて、イン
サイド・アウトサイドとポジション別に分けての合同ワークアウト、及び、プロのトレーナーによる
トレーニングセッションを実施します。
 
所属大学を勝利に導きたい選手、プレイングタイムを勝ち取りたい選手など、是非、この機会にご参
加下さい。
 
(参考)
 
Basketball "En" College -学生バスケットボール勉強会-への協力について
 
ONE Basketball Academy小野元さんによる第1弾活動について
 
 
 
 
Basketball ”En” College Spring Camp 2016
 
 
 
 
1、日時
 
2016年3月27日(日)
15:30~20:00(受付開始:15:00~)
東京学芸大学 大体育館
 
2、スケジュール・テーマ
 
※各講師、セッションの詳細は下部に記載
 
15時開場・受付開始
 
①15時半〜17時半 トレーニングセッション
 
担当:上原、島袋(共にPeak Performers)
 
「トレーニングに対する考え方について」
トレーニングに対する、理解度と重要性、何故トレーニングを行うのかといった観点から、
実技を交えながら、大学生世代への提唱
 
「フィジカルコンタクトについて」
基礎知識、身体の準備、必要とされるメンタリティ、
 
※トレーニングセッションの詳細については、最終調整中です。
正確なテーマ、内容が決まった際、改めて記載します。
 
 
 
②18時〜 20時    スキルワークアウト
 
アウトサイド
「ペイントアタック」
担当:佐東雅幸(ERUTLUC指導員)
 
インサイド
「長身選手の能力開発、自分より大きい相手に対する技術の提唱」
池田親平(ERUTLUC指導員)
 
※インサイド、アウトサイドに分かれ、それぞれ同時に実施
 
 
3、対象
 
・大学体育会バスケットボール部に所属し、競技力向上を目指す選手。
特に、4部、5部リーグに所属し、上位リーグからの勝利を目指す選手、プレイングタイム獲得を目指す選手など。
 
※準体育会、医歯薬理工系リーグ、2016年4月以降に体育会への入部を検討されている方、その他の競技環境の
参加も可能です。ワークアウトの内容としては、本気で上手くなりたいという選手を対象としておりますので、その部
分だけ予めご了承ください。
 
 
 
 
4、参加費・問い合わせ先
 
学生:2000円
一般:3000円
※ワークアウト参加者、コーチとしての見学者、いずれも上記価格となります。
トレーニングセッション、スキルワークアウトセッション、それぞれの参加の場合は
半額となります。途中退室、途中入場も可能です。
 
UPSET内
担当 片岡
kataoka@upset-emg.com
07050249827
氏名、電話番号、所属チーム、質問などを記載の上、上記までお問い合わせ下さい。
 
5、開催形式
 
・主催
Basketball "En" College -学生バスケットボール勉強会-
 
・開催協力
株式会社ERUTLUC
株式会社アップセット
Peak Performers
※順不同
 
・告知協力
ゴールドスタンダード・ラボ
 
 
 
6、講師紹介
 
 
 
■インサイドワークアウト担当
 
池田親平
 
 
S__10436620-e1432057492394-300x231.jpg
 
株式会社ERUTLUC 指導員。1989年生まれ、山口県宇部市出身。藤山中-宇部工業高校-大東文化大学
現在、小中学生をメインに指導しながら、長身者育成プログラムの活動も行っている。
 
自身の身長は194㎝であり、中学生時に選手としてU-15トップエンデバー候補に選出された経験を持つ。
自身の経験から育成年代でのビッグマン指導の重要性を痛感する。
 
指導者に転向後は、日本バスケットボール協会主催のジュニアエリートアカデミーにアシスタントコーチとして
参加し、育成のノウハウを取り入れている。高身長選手特有の育成の問題など自身の経験も活かしなが
ら、ビッグマンに必要なスキル及びトレーニングを提供していく。2015年7月には母校である大東文化
大学バスケットボール部のインサイド選手を対象としたワークアウトを実施(写真参照)。
 
「ジュニア選手対象のBigman Treasure Projectでは、選手の将来性を見据え、成長段階で開拓すべき様々な
能力やスキルへアプローチをしています。今回のワークアウトは、長身選手の能力開発と自分より大きい相手に
対する技術の2つをメインに行っていきます。その中でもボールハンドリング、フィジカルコンタクト、インサイドでの
得点の方法、考え方の4つを紹介していきます。」
 
10989202_698864043550940_5636007831423844351_n (1).jpg
 
11659245_698864110217600_5924167624725390744_n (1).jpg
大東文化大学バスケットボール部で行ったビッグマン対象のワークアウトの様子
 
 
<資格、指導実績など>
 
 
・日本バスケットボール協会公認C級コーチ
・バスケットボールの家庭教師Aランク指導員
・平成25年度 ジュニアエリートアカデミー (ビッグマン)キャンプ アシスタントコーチ
・平成26年度 ジュニアエリートアカデミー (ビッグマン)キャンプ、U-18女子 撮影スタッフ
・平成27年度 東京都U-14エンデバー アシスタントコーチ
 
 
指導理念「私はバスケットボールを通じて、失敗することを恐れない選手を育てたい」
※指導員紹介ページより引用。
 
 
Bigman Treasure Project
 
池田指導員紹介ページ
 
 
<掲載媒体など>※全て掲載する際はURLを短縮して綺麗にします。
 
 
 
 
 
■アウトサイドワークアウト担当
 
 
佐東雅幸
 
 
12745907_898190876962337_1745434336678490879_n.jpg
 
 
 
1990年5月8日生まれ、山形県出身。中山中学校‐日本大学山形高等学校‐日本大学経済学部経済学科。
 
中学校1年生からバスケットを始め、高校3年生の引退までプレイヤーを続けた(高校3年次は山形県IH予選
準優勝)。上京、大学進学後、バスケットボール指導の好奇心から足を運んだERUTLUCの練習会にて、理論
立てて分かりやすく教えるコーチの存在、やらされているのではなく、イキイキとバスケットに取り組む子供の
姿に感動し、ERUTLUCの門を叩く。
 
John Woodenの成功のピラミッドでも全ての土台として位置付けられている「勤勉と情熱」さは佐東氏の人生
のもっとも重要な価値観であった為、指導現場での研修、指導者研修プログラム、自らの学びを通じて様々な
知識を習得。バスケットボールの家庭教師ERUTLUCでコーチとして、小・中学生をメインに伝える事を喜びと
している。
 
大学を卒業後は、千葉県の私立我孫子二階堂高校に非常勤講師として勤務し、男子バスケットボール部A
コーチとして指導。
 
 
また、2013、2014年度のEuro BBA Coaching Education Tour in Spain ※に参加し、欧州選手のスキ
ル、フィジカル、判断力の高さを実感。
 
「勤勉と情熱」を人生のテーマとする佐東氏は、バスケットボールの知見の獲得と、共有にも貪欲に取り組ん
でいる。トーステン・ロイブル氏のクリニックのレポート「オフボールスクリーン」~どのようにスクリーンでフ
リーなショットを創れるか~」は大反響を呼び、また現段階でGSL側の編集都合で未公開であるが、「NO
 ZONEが創り出す未来」に関するレポートのストックもある知性派。
 
今回は、アウトサイド選手を対象に「ペイントアタック」を担当。
 
「なぜステファン・カリーのショットが活きるのか?ペイントアタックがないシューターとペイントアタックが
あるシューターではどちらが脅威になるか?シュートの期待値とエルトラックでのドリブルの定義を参考
にペイントアタックをする重要性を伝えていきたいと思います。
 
私の知識を振り絞り、個人で打開できるスキルを提供します!その中でもこれが私の強みだ!と
いうものを気づき自分の役割と責任を自分で見つけ出せる援助ができたらと考えています。」
 
 
pyramidpdf.jpg
 
<資格>
 
JBA公認D級コーチ
取得免許 中学校教論一種免許状(社会)
高等学校教論一種免許状(地歴・公民)
JBAコーチD級ライセンス
 
指導理念 
スポーツを「楽しむ心」と嫌なことや辛いことでも、受け入れ「努力する心」を育てたい。
 
佐東指導員のコメント 
自分の生き方を示し、子どもたちに貢献して行けるように、情熱と勤勉さを持って日々トライしています。 
私の夢は、子どもたちが「なりうる最高の自分を目指せる偉大なチーム」の環境をマネジメントすること。 
 
・執筆記事など
 
レポート NO ZONEが作る未来 鈴木良和氏による講演(公開待ち)
レポート NO ZONEが作る未来 坂井和明氏による講演(公開待ち)
 
 
 
 
■トレーニングセッション担当
 
Peak Performers
 
Peak Performersの活動について(UPSET内の掲載記事)
 
11960180_812616552170863_8281264334523068795_n.jpg
 
『全てのスポーツに携わる子どもたちに、正しく安全で効果のあるトレーニングを伝えたい』
 
 我々は、この理念を基に集まったストレングス&コンディショニングコーチ チームです。
我々の使命は、トレーニングを通じて子どもたちの無限の可能性を引き出し世界で通用する
フィジカル・メンタルを育むことです。
 
 現在、中・高校生においてバスケットボールに従事している子どもは約60万人です。その中
で、一体どれだけの選手が自らの持つ最高のフィジカルパフォーマンスレベルでプレーしている
でしょうか。
 
我々Peak Performersは、そんな子どもたち1人1人の能力を最大限に高め、まだ見ぬ最高の
自分に出会ってもらい、より大きく可能性を広げてもらう様にサポートをしていきます。
 
先生方やコーチの方々も多忙で時間がなく中々トレーニングまで計画的に指導する事が現状難し
いかと思います。我々はそんな、先生方やコーチの皆様の一助となり、子ども達により良い環境を
与えていけるパートナーとしてお手伝い致します。
 
また、子どものみならずスポーツや運動に従事する全ての方々へより良いトレーニングを伝えて、
スポーツを楽しんで頂けるサポートをしていきます。
 
子ども達の可能性を広げ、指導者の良きパートナーとなり、全ての人々の可能性を引き出す為、我
々Peak Performersは活動していきます。
 
 
担当スタッフ
 
・上原雅也
 
11796337_847488285328342_6615205836466067977_n.jpg
※Tamagawa Training Camp 2015 supported by UPSETより
 
 
経歴
 ・2006~2010 Vプレミアリーグ 大分三好ヴァイセアドラー トレーナー兼ストレングス&コンディショニングコーチ
 ・2010~2012 bjリーグ 宮崎シャイニングサンズ トレーナー兼ストレングス&コンディショニングコーチ
 ・2012~2014 Vプレミアリーグ 大分三好ヴァイセアドラー トレーナー兼ストレングス&コンディショニングコーチ
 ・2014~ 国立スポーツ科学センター 非常勤トレーニング指導員
 
資格
 
CSCS
全米ストレングス&コンディショニング協会認定
ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
 
 
・島袋彩乃 
 
11050639_847488488661655_5499378330803602664_n.jpg
※Tamagawa Training Camp 2015 supported by UPSETより
 
資格
柔道整復師
JATI-ATI指導者
 
 
経歴
 
・琉球ゴールデンキングス トレーナーインターン (2010~2013)
・国立スポーツ科学センター トレーニング指導員 非常勤(2014年5月~)
・わらびfit整骨院 (2014年10月~)
・京華女子高等学校バスケットボール部トレーナー(2014年10月~)
 
 
 

Peak Performersについて(制作チームの活動紹介)

 
【製作チームの活動紹介-Peak Performers 】
 
 
弊社でウェアを制作しており、また、活動理念に賛同して応援をしている志の高い
トレーナー集団の活動紹介です。
 
 
------------------------------------------------------------------------------
 
Peak Performers
 
 
peak1.JPG
※写真中央。島袋彩乃トレーナー着用。フルオーダー昇華ポロシャツ、フルオーダー昇華
ゲームパンツ
 
IMG_1516.JPG
※上原雅也トレーナー着用。フルオーダー昇華ポロシャツ。
 
 
 
 
Peak Performersとは、『全てのスポーツに携わる子どもたちに、正しく安全で効果のあるトレーニ
ングを伝えたい』という理念を掲げ、ストレングスコーチ有志で発足した集まりである。
 
プロバスケットボールチームやバレーボールのVリーグチームでのストレングスコーチの経験を
持つスタッフが在籍し、知念穣氏が発起人となり発足.団体名のの由来は、元々知念氏がバスケット
ボール競技者としてトレーニングを重ねる中での経験に由来する。
 
自身でも試行錯誤をしながら、競技者として鍛錬を繰り返す中で、フィジカルコンディション、コート上
でのパフォーマンスが自信となって溢れてくる。その様な経験をし、またそこに至るまでのプロセスの
中で、成果として積み上げを実感できる密度の濃いトレーニングの日々など、言葉では表現しにくい
達成感と多幸感を感じる機会を経験したことに起因します。
 
 
非常に感慨深く、一言でいえば「感動する」瞬間で、トレーナーとして、その時の全身を包むような大き
な喜びを一人でも多くの選手に伝えていきたいという想いへと繋がり、Peak Performersの活動へと繋
がっていきました。
 
 
 
 
 
 PeakPerfomersとは
 
10422067_812616848837500_9062358331460962739_n.jpg
 
 
 
『全てのスポーツに携わる子どもたちに、正しく安全で効果のあるトレーニングを伝えたい』
 
 我々は、この理念を基に集まったストレングス&コンディショニングコーチ チームです。
我々の使命は、トレーニングを通じて子どもたちの無限の可能性を引き出し世界で通用する
フィジカル・メンタルを育むことです。
 
 現在、中・高校生においてバスケットボールに従事している子どもは約60万人です。その
中で、一体どれだけの選手が自らの持つ最高のフィジカルパフォーマンスレベルでプレーして
いるでしょうか。
 
我々Peak Performersは、そんな子どもたち1人1人の能力を最大限に高め、まだ見ぬ最高
の自分に出会ってもらい、より大きく可能性を広げてもらう様にサポートをしていきます。
 
先生方やコーチの方々も多忙で時間がなく中々トレーニングまで計画的に指導する事が現状
難しいかと思います。我々はそんな、先生方やコーチの皆様の一助となり、子ども達により良い
環境を与えていけるパートナーとしてお手伝い致します。
 
また、子どものみならずスポーツや運動に従事する全ての方々へより良いトレーニングを伝え
て、スポーツを楽しんで頂けるサポートをしていきます。
 
子ども達の可能性を広げ、指導者の良きパートナーとなり、全ての人々の可能性を引き出す為、
我々Peak Performersは活動していきます。
 
 
■最近の活動実績
 
・KAZUCAMP(バスケットボールイベント)でのトレーニングクリニック@八王子高校
・八王子高校バスケットボール部向けのトレーニング指導
・沖縄県浦添市立浦西中学校でのトレーニングクリニック
・埼玉県久喜市久喜中学校でのトレーニングクリニック
など
     
 
■連絡先
 
Peak PerformersのFBページ内のメール
 
または、弊社内担当 片岡
kataoka@upset-emg.com
07050249827
※お問い合わせ内容をPeak Performers様へお伝えします。
 
■スタッフ
 
・知念穣
 
元実業団バスケットボール選手
元常勤保健体育教諭
ストレングス&コンディショニングコーチ
中学校保健体育教諭1種免許
高等学校保健体育教諭1種免許
養護教諭1種免許
 
 
2012~2014
横浜市スポーツ医科学センター
トレーニング指導員
2014~
国立スポーツ科学センター
非常勤トレーニング指導員
 
 
 
・上原雅也
 
 ・2006~2010 Vプレミアリーグ 大分三好ヴァイセアドラー トレーナー兼ストレングス&コンディショニングコーチ
 ・2010~2012 bjリーグ 宮崎シャイニングサンズ トレーナー兼ストレングス&コンディショニングコーチ
 ・2012~2014 Vプレミアリーグ 大分三好ヴァイセアドラー トレーナー兼ストレングス&コンディショニングコーチ
 ・2014~ 国立スポーツ科学センター 非常勤トレーニング指導員
 
資格
 
CSCS
全米ストレングス&コンディショニング協会認定
ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
 
 
・島袋彩乃 
 
国立スポーツ科学センター 非常勤勤務
 
経歴
 
・琉球ゴールデンキングス トレーナーインターン (2010~2013)
・国立スポーツ科学センター トレーニング指導員 非常勤(2014年5月~)
・わらびfit整骨院 (2014年10月~)
・京華女子高等学校バスケットボール部トレーナー(2014年10月~)
 
 
資格
柔道整復師
JATI-ATI指導者
 
 
<その他の活動中の写真>
 
 
IMG_1602.JPG
沖縄県浦添市立浦西中学校でのトレーニングクリニック
 
 
PE.jpg
八王子高校バスケットボール部向けのトレーニング指導
 
 
« PREV 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12