ホーム > UPSETブログ

UPSETブログ

徳山大学経済学部ビジネス戦略学科内、スポーツキャリアデザインの授業へ

 

徳山大学経済学部ビジネス戦略学科内、スポーツキャリアデザインの授業へ

 

33901948_10156821488488072_1583282046619353088_n.jpg
 
33706760_10156821488518072_8002964063313199104_n.jpg
 
 
5月下旬、徳山大学経済学部ビジネス戦略学科内、スポーツキャリアデザイン
の授業において、弊社代表取締役の小野章吾が登壇しました。
 
 
同授業は、同大学経済学部 特任教授を務める、アスリートブランドジャパン
株式会社 代表取締役の根本 真吾様が担当をされている授業です。
 
弊社は、アスリートブランドジャパン株式会社様がアメリカ野球留学コースの
ウェア製作などでお取引をさせて頂いた事や、様々な形でご縁を頂いており、
今回の授業登壇へと繋がりました。
 
授業では、スポーツメーカーの立ち上げに至る経緯、バスケットボール、サッカー、
アメリカンフットボール事業での取り組み、そして、野球事業での取り組みについ
てお話をさせて頂きました。
 
質疑応答でも数多くの質問を頂き、大変嬉しく思うと共に、改めて、スポーツ
界への高い関心度や、熱意や情熱を感じた次第です。
 
弊社も、より一層精進し、弊社商品や取り組みを通じ、社会に貢献していけ
るように取り組んでいく所存でございます。
 
 
徳山大学
 
徳山大学経済学部 ビジネス戦略学科 特任教授 根本真吾様ページ
 
アスリートブランド
 
 
 
<アスリートブランド様での製作商品>
 
 
13934816_10154601884623072_7795582869378039909_n.jpg
 
13939471_10154601884633072_880633020959792097_n.jpg
 
 

 

 

【新商品】UPSET フルオーダー昇華トラックジャージ、取り扱いスタート

多くのご要望を頂いていた商品について、取り扱いをスタートしました。

 
28699084_1646102635466899_7645456068494140279_o.jpg
 
 
 
島根スサノオマジックの後藤翔平選手、埼玉ブロンコスの上田雅也選手が着用中のUPSET
オリジナルトラックジャージモデルについて、チームオーダーでの受付をスタートします。
 
フルオーダーメイドでのデザイン対応を特徴とするUPSETならではの商品となります。
是非、チームの特徴や、こだわりを反映したご希望のウェアデザインで御制作下さい!!
 
ご質問等あれば、お気軽に弊社HP「CONTACT」よりお問い合わせ下さい。
 
 
 
 
 
UPSET フルオーダー昇華トラックジャージ
 
 
<価格>
 
トップス
XS~5XL 8000円
※フード付きの場合は+500円となります。
 
パンツ
XS~5XL 8000円
 
※税抜き表記、デザイン代金込みでの金額となります。
 
<商品の特徴>
 
◇ウェア
 
・トップス、パンツについて、スリムなシルエットを採用しています。
・素材はポリエステル100%です。
・袖部分、裾部分について特殊な素材を利用しています。
・フード有り/無しを選択可能です。
 
 
◇上記金額内で出来る事
 
・ボディカラー、色の切り替えなど、ご自由にお選び頂けます。
・スウェット風、デニム風など、様々なボディデザインも選択可能です。
・チームロゴ、スポンサーロゴなど、ウェア内に何個でも使用可能です。
※イラストレーター形式でロゴをご用意下さい。
・ポケット部分、袖部分の色も選択可能です。
 
 
<選手着用写真>
※所属チームは2017-18年シーズン
 
 
後藤翔平選手(島根スサノオマジック)
 
 
28619065_1646102648800231_8032092176870138600_o.jpg
 
 
上田雅也選手(埼玉ブロンコス)
 
29137079_1647138792029950_1100658862152440023_n.jpg
 
 
※上記写真のような、UPSETオリジナルモデルをご希望の場合も、弊社の問い合わせフォームより
ご連絡お願い致します。
 

PHYSIOFLEX presents Tamagawa Training Camp 2018 supported by UPSET

 

PHYSIOFLEX presents Tamagawa Training Camp 2018 supported by UPSET
 
 

 

 
オフシーズンを過ごすプロ選手への良質な環境提供を目指す取り組み、Tamagawa Training Camp
の開催日が6/23・24に決定しました。
 
株式会社 PHISOFLEXによる主催事業であり、元々は、オフにトレーニング機会に恵まれないプロ選
手向けにトレーニングの機会を設けた事がきっかけ。2013年より、玉川大学男子バスケットボール
部の協力を得て、 Tamagawa Training Campとして実施。
 
弊社としても、本活動の開催理念に賛同し Tamagawa Training Camp supported by UPSET
として2014年よりサポート活動を継続している。
 
本年のプロジェクト名は、PHYSIOFLEX presents Tamagawa Training Camp 2018 supported by UPSET
 とし、例年同様、専門性の高いストレングストレーナーや、メディカルスタッフ、バスケットボール
コーチが結集し、参加選手に対しての良質な機会を提供すべく準備を進めている。
 
例年通り、選手の参加費は無料となります。本取り組みへの参加を希望する選手は下記連絡窓口までお
気軽にお問い合わせください。
 
担当:片岡
kataoka@upset-emg.com
 
※例年同様、選手着用ウェアについては、イベント終了後、購入を希望する方向けに受注生産方式にて
販売予定です。毎年、数多くのお問い合わせを頂きありがとうございます!
 
TTC2018  blue.png
 
<写真>
X.LEAGUEでプレーするアメリカンフットボールの選手もウェイトトレーニングやフロアコンディショニ
ングトレーニングで参加。アメリカンフットボール選手のフィジカルコンタクトの強さは、バスケット
ボール選手にとっても強いインパクトを与えた。
 
株式会社 PHISOFLEX
 
 
 

 

JO FUTSALBASE 富士見にて、前園真聖さんによる「ふれあいスポーツ体験会」が行われました!!

 

JO FUTSALBASE 富士見(UPSET運営管理)にて、前園真聖さんによる
「ふれあいスポーツ体験会」が行われました!!
 

 

 
6/9(土)、弊社が運営管理をするJO FUTSALBASE 富士見にて、元サッカー日本代表の前園
真聖さんによる「ふれあいスポーツ体験会」が行われました。
 
JO FUTSALBASE 富士見のある『三井ショッピングパーク ららぽーと富士見』では、サッカー
W杯期間に伴いV飯杯(HOT&COOLメニューフェア)を展開しています。その開催を記念した
イベントが、前園真聖さんを招いたトークショーやふれあいスポーツ体験会です。
 
参加者の少年・少女に非常に精力的、かつ丁寧に指導をされており、数多くの参加者で賑わい
ました。
 
弊社が運営管理をするJO FUTSALBASE 富士見では、引き続き、様々な縁や機会を大切にし、
スポーツを通じた豊かな社会の実現に向けた取り組みを続けてまいります。
 
JO FUTSALBASE 富士見の委託運営・管理についてのお知らせ
 
<店舗情報>
 
JO FUTSALBASE 富士見
 
埼玉県富士見市山室1-1313 ららぽーと富士見内
TEL:049-257-5154
問い合わせ先:info@upset-emg.com
 
<イベント情報>
 
・JO×エンジョイ個人フットサル
毎週火曜:20:00~22:00、木曜:20:00~22:00、土曜:20:00~22:00
 
※個人フットサル詳細は下記ページをご参照ください。
 
UPSET FOOTBALL
 
UPSET ONLINE SHOP
 
 

 

北海道ベースボールアカデミーのウェアパートナーに

北海道ベースボールアカデミーのウェアパートナーに

 

 

株式会社アップセットでは、北海道富良野市を拠点に活動する『北海道ベースボールアカデ
ミー』(運営法人:一般社団法人北海道ベースボールアカデミー 代表理事:出合祐太)の
ウェアパートナーとして、2018年シーズンより活動をしております。
 
現在、同チームの公式戦用ユニフォーム、練習用ウェア、各種ウェア、一部用具の製作を
行っております。
 
同アカデミーは、プロを目指す選手に対し、富良野市を拠点として競技に取り組める環境
(練習環境、生活環境、仕事の紹介など)と同時に、地域の振興を目指す特色のある活動
です。
 
弊社ウェアの特徴などを通じ、本活動の目標達成、理念の実現に向けて、貢献していける
ように取り組んでまいります。
 
北海道ベースボールアカデミー
チームHP
チームFB
 
<製作ウェア>
・フルオーダー昇華ベースボールユニフォーム
など各種
 
野球関係のウェア、用具についてはUPSET BASEBALLの専門ページをご覧ください。
 
UPSET BASEBALL
 
 
UPSB.PNG
 
 
UPSB2PNG.PNG
 
 

 

JO FUTSALBASE 富士見の委託運営・管理についてのお知らせ

JO FUTSALBASE 富士見の委託運営・管理についてのお知らせ

 

 

ららぽーと富士見(埼玉県富士見市山室1-1313)内のフットサル場「JO FUTSALBASE富
士見」について、2017年頃より、株式会社アップセットにて委託運営・管理を行っております。
 
本フットサル場は、長年、地域のフットサル愛好家、スポーツ愛好家に愛されてきた歴史
のあるスポーツ施設です。
 
これまで同様、お客様に満足して頂ける運営を継続していくことを心掛けると共に、弊社
ならではの取り組みや、UPSETオリジナル商品のフラッグシップショップとしての展開も
調整中です。
 
これまで、UPSET ONLINE SHOPなどに展開が限られていた各種商品について、実際にお客様
の手に取って頂けるような環境創りも進めていきたいと思います。
 
<店舗情報>
JO FUTSALBASE 富士見
 
埼玉県富士見市山室1-1313 ららぽーと富士見内
TEL:049-257-5154
問い合わせ先:info@upset-emg.com
 
<イベント情報>
 
・JO×エンジョイ個人フットサル
毎週火曜:20:00~22:00、木曜:20:00~22:00、土曜:20:00~22:00
 
※個人フットサル詳細は下記ページをご参照ください。
 
UPSET FOOTBALL
 
UPSET ONLINE SHOP
 
 

 

 

 

Sprout basketball Academy(岩手県久慈市、二戸市)で活動するジュニアクラブチーム

Sprout basketball Academy(岩手県久慈市、二戸市)

※UPSETにてウェア製作チームの活動紹介

 

Sprout basketball Academy(岩手県久慈市、二戸市) 
 
岩手県北地域で活動するジュニアバスケットボールクラブ。岩手県では、県中
央、南地区は競技人口も多く、バスケットボールが盛んな傾向がある。そのよ
うな地域特性の中で、県北地域では初の取り組みとなる 昨今、Bリーグのジュ
ニアユースチームをはじめ、全国各地で練習環境や専門性の高いコーチを擁す
るジュニアクラブチームが活発に活動するケースガ増えている。
 
スプラウトバスケットボールアカデミーでは選手が楽しく成長できる環境創り
を推し進めようとコーチングスタッフ陣の熱意も非常に高い。 代表者であり、
メインコーチを務める佐野直哉氏は、部活動の外部指導員などを経験し、地域
の中でバスケットボールの指導に関わってきた経験の持ち主。 
 
(チームの戦術、勝利がどうしても求められる)結果重視の育成環境ではアプ
ローチしきれない領域がある事を感じ、他の地域でも実施されているような、
選手個々の成長に主眼を置いたバスケットボールのアカデミー活動の必要性を
感じたという。
 
「楽しく、そして上手く」を活動理念として、岩手県北地域のベースアップと
、子供達のレベルアップを目標としている。スキルアップに主眼を置いた活動
をする中では、様々な発見もあったという。
 
 「地区大会で優勝をしていたチームの選手でも、基本的だと思われるドリルやス
キルを提示しても、なかなか出来ない事もありました。どうしても、部活動のメ
ンバーの中での役割や、戦術に作用される部分もあるので仕方ありません。そう
いう時に、アカデミーの存在意義を感じました。選手が学び、成長できる場にし
ていければと思います」
 
 2017年に発足した本アカデミーは、個の強化と共に対外試合を通じた競技力育成
にも」注力。全国ジュニアバスケットボール選手権東北予選会に参戦し、ベスト8
という戦績。2年目の今年は全国大会出場に向けて日々練習に励んでいる。 
 
「基本的には、高度なチームプレーを要求する事よりも、1対1で攻めれて、そして
守れるという事を主眼として対外試合にも挑んでいます。部活動とアカデミーの両
方で活動する選手がほとんどなので、基本的には部活動の活動が無いときに、集ま
れる選手で挑んでいる段階です」
 
また、地元の地域で新しい環境構築を進めると同時に、今後は、各地域のB.LEAGUE
が所有するユースチームにも非常に大きな期待を寄せつつ、強化の側面でも十分な環
境を整えられるように意欲を見せる。 
 
「プロを目指す選手や、海外でのプレーを目指す選手はB.LEAGUEのユースチームに
集まって、高みを目指せる環境がどんどん整ってほしい。今でも、そのような本格
的なチームが誕生し始めており、とても注目しています。Sprout basketball Academy
としては、街クラブとして、地域の受け皿になると同時に、プロを目指すような選手
にも育ってほしいと思っています」 
 
※弊社では、同アカデミーのリバーシブル、練習用Tシャツ、スタッフ着用のポロシャツ
などを製作などを制作。「新芽=SPROUT」をコンセプトとするロゴは、新芽のイメージと
、中立の立場という意味をもつグリーンのカラーを差し込んでいる。 
 
※デザイン代金無料、フルオーダー昇華プリントの特性を生かし、アカデミーの活動や
、コンセプトの浸透を具現化できれば非常に嬉しく思います。独自性の高いウェア製作
を希望されるお客様は、お気軽に弊社までお問い合わせください!
 
<製作アイテム> 
・フルオーダー昇華リバーシブル
 ・フルオーダー昇華Tシャツ 
・フルオーダー昇華ポロシャツなど
 
 
 

TOKYO BLITZ CUP U-15 2017(東京都練馬区)、開催レポート<2>

TOKYO BLITZ CUP U-15 2017 大会レポート<2>
 

 
TOKYO BLITZ CUP U-15とは、東京都練馬区を拠点に、2015年より開催されている私設大会。
部活動チーム、地域のジュニアクラブチーム両方を対象としており、練馬区以外にも、参加
チームも東京都全域より集まり、様々な背景を持つチームが結集する事が特徴。
 
同大会は、ハーフゲームで行われるリーグ戦方式から順位決定戦という競技形式を採用。これ
は、試合数を確保する事で、采配をするコーチの方々にも、選手起用の幅を持たせることが意
図。実際、トーナメント形式では試せない戦術や、チームの底上げを意識した選手起用など、
一人でも多くの選手がバスケットボールを楽しめるように設計されている。
 
◇『チームとしての表彰以外にも、個人表彰の場も』
 
本大会の特徴を彩るのが、大会運営委員でもあるMC M-Bearのマイクパフォーマンスと共に実
施されるスキルズチャレンジの存在。NBAオールスターでも開催されているような、ドリブル、
パス、シュートの総合力が求めらるコンテストであり、より、競争心を刺激するようにTOKYO
BLITZ CUPオリジナルの仕組みが用意されている。
 
チームスポーツという側面が強調されるバスケットボール、特に、部活動チームも参加する大会
の中で組み込んだことには、選手の立場にあった考えがあった。
 
「スキルズチャレンジを組み込んだ理由の一つは、個人としてのトロフィーや賞状の授与する機
会を設けたかったからです。バスケットボールはチームスポーツであり、部活動の場合はトロフィ
ーや賞状は学校に飾られます。ジュニアの選手にとって、個人の奮闘や、技能が表彰される事は本
当に嬉しい事。私自身も、小さい頃の大会でトロフィーや賞状を頂くことが出来て、とても嬉し
かった記憶があります。参加する選手にとって、チームとしての表彰以外にも、個人表彰の場を
設ける事で、思い出に残る大会になって欲しいと思っています」
(TOKYO BLITZ CUP実行委員長 鈴木田裕紀さん)
 
 
◇『思い出に残る大会に』 MC M-Bearの活躍
 
『思い出に残る大会に』という部分で欠かせない存在が、TOKYO BLITZ ACADEMYのコーチ(日本バ
スケットボール協会 公認コーチライセンス保有)でもあるMC M-Bear氏。
 
BGMを通じた演出、練りに練ったマイクパフォーマンスなどを駆使し、ジュニア選手と保護者で賑わう
体育館の空気を盛り上げる術を知り尽くす凄腕の持ち主。
 
入念な準備と共に、コンテスト参加選手にも積極的に声を掛け、大勢の前で話をする機会を意識的に設ける。
ジュニア世代の選手という事もあり、恥ずかしがったり、コメントを躊躇する選手もいるが、優勝を宣言す
る力強いコメントや、対戦相手への意気込みを語った場面で、チームメイトを中心に大きな歓声が自然発生
的に巻き起こるのも、M-Bearならではの手腕。
 
例年同様、本年も非常に大盛り上がりのスキルズチャレンジとなった。
 
<参考>
 
2015年に実施されたスキルズチャレンジ決勝戦の様子
 
弊社では、同大会理念に賛同しており、ウェア製作と共に、各種景品や、協賛企業とのマッチングなどを通じて
大会運営に協力をした。
 
大会事務局のレポートページ
 
TOKYO BLITZ ACADEMY
 
 
 
TOKYO BLITZ(東京都練馬区)-制作事例、及びチーム紹介-
 
 
<弊社製作アイテム>
 
・フルオーダー昇華tシャツ
・フルオーダー昇華リバーシブル
 
※フルオーダー昇華Tシャツ(サイズ共通2950円~)の特徴を生かした独創性のあるデザイ
ンを採用。TOKYO BLITZ CUPでの表彰選手への景品としても使用されている。
 
 
BL1.jpg
 
BL2.jpg
 
BL3.jpg
 
 

FLV(フォレックスリーグ)、大会協賛。景品Tシャツを提供

社会人バレーボールリーグ
FLV(フォレックスリーグ)/関東・東北・東海各地
 

 
 
 
FLVとは、関東・東北・東海を舞台に開催される社会人バレーボール大会。今年で18回目を迎え
る歴史のある大会であり、本年の参加チームは約250チームほどの大規模な大会。
 
全8会場16日程で開催された本大会は、草の根クラブチームから、本格志向の強豪クラブチーム
まで幅広い参加枠がある事も特徴。各地区で開催される予選ラウンドを経て、段階的に競技レベ
ルが高まっていく仕組みになっている。
 
参加者各々の競技レベルに応じた試合を楽しめる環境創りを推進するとともに、「Quality of life(
クオリティ オブ ライフ)を高める」という視点を取り入れているのが本大会の最大の特徴。
 
「最広の交流と最高の興奮を」をキーワードに、大勢の人が集う場の特性を生かした、特徴的な取
り組みは、各媒体などでも特集されている。
 
参加者のクオリティ・オブ・ライフ向上を目的とするシャカイジンバレーボールリーグ『FLV』とは?
(Sports japan GATHER)
 
バレーボール全国クラブチームの頂点に岡崎建設owlsが2年ぶりV…山本ゆうじリポート
(スポーツ報知 Web版)
 
◇「最広の交流と最高の興奮を」チアゲームズ
 
株式会社アップセットでは、今シーズン、【エンジョイパートナー】として、同大会に協賛。同大会
では、全国上位チームが集結する大会最終日に「チアゲームズ」という交流戦を実施している。チア
と選手が一体になって試合に挑む形式であり、例年、非常に白熱した展開となるという。
 
本年度は「SUNRICE」と「Numeber.」がチアゲームズで表彰チームに輝いた。Number.は今回。同大
会内での「3X3.EXE賞」も受賞。2018年夏、栃木県宇都宮市で開催される3x3 World Masters in Utsunomiya
でのパフォーマンスを予定しているという。」
 
FLV運営にも関わる株式会社Waisportsジャパンは、スポーツを通じた「人づくり・場づくり・街づくり」の
デザイン・マネジメントを事業の中心としており、スポーツナレッジを活用した新しい価値を、研究から構
想、創造、実装まで計画的一体型でデザインを通じた場作りで様々な実績を持つ。
 
近年では、「まつりツクバ」内で開催されたまつりつくばスポーツパーク」でも企画・運営を担当。競技ス
ポーツを通じた多様性の融合空間創出事業に取り組まれていた。弊社でも、2016年のイベントにて、同運営
スタッフが着用するオリジナルTシャツを制作した。
 
FLV(フォレックスリーグ)
 
 
 
 
 

チェハレース・タプスコット選手(愛媛オレンジバイキングス)、50得点のB.LEAGUE記録達成!

愛媛オレンジバイキングス

#11 チェハーレス・タプスコット (Chehales Tapscott)
 
 
EHM.PNG
 
 
4/20(金)の対青森ワッツ戦では50点の大量得点で大活躍。50得点は1試合最多得点の
B.LEAGUE記録であり、121対110というハイスコアゲームでの愛媛オレンジバイキングス
の勝利に大きく貢献!
 
#11 チェハーレス・タプスコット選手の活躍は、ジャパンタイムズ誌や、B.LEAGUE公式
ツイッターなどでも特集された。
 
 
 
 
 
4/20愛媛オレンジバイキングス対青森ワッツ
ハイライト映像
 
EHM2.PNG
 
EHM3.PNG
 
 
 
<選手情報>
 
愛媛オレンジバイキングス 
#11 チュハーレス・タプスコット
(Chehales Tapscott)
 
<過去の在籍チームなど>
 
ポートランド州立大学
AS Souleuvre(ルクセンブルグ)
Vancouver Volcanoes(米国IBL)
Rockhampton Rockets(オーストラリア)
バンビシャス奈良
大分・愛媛ヒートデビルズ
香川ファイブアローズ
 
 ◇シーズン開幕前コメントなど
 
「こんにちは。チュハーレス・タプスコット(Chehales Tapscott)です。私の長所は、オール
ラウンドなプレーです。コートの様々な場所から得点すると共に、フリーのチームメイトへの
パスを得意としています。
 
目標は、出来る限り勝利数を増やす事。愛媛オレンジバイキングスが、B1のような強いチーム
になるように頑張ります。ファンの皆様にも、私を受け入れて頂き、沢山の愛情を頂き、感謝
しています。皆様のために一生懸命にプレーをし、良いプレーを見せられるよう、優勝できる
ように頑張ります」
 
 
※愛媛オレンジバイキングス様の選手が着用しているウェアについて、従来のシルエットよりタ
イトな形とし、伸縮性のある生地を採択した特殊仕様となります。
 
一般のお客様でも、ご希望の方がおりましたら制作可能です。詳しい価格、商品仕様など、お気
軽に弊社までお問い合わせください。
 
<ストレッチタイプのゲームウェア使用事例>
2016-17年シーズン 広島ドラゴンフライズ
2017-18年シーズン 愛媛オレンジバイキングス
 
問い合わせ先
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11