ホーム > UPSETブログ > 2013年3月

2013年3月

武井修志選手とのクロスオーバー企画について

【クロスオーバー企画】

DSC_3118.jpg

 

 

弊社UPSETは、海外プロリーグに挑戦を続けるプロバスケットボール
選手の武井修志選手と、クロスオーバー企画として、オリジナル商品
を制作する事をご報告いたします。

今後、武井選手の『志』や『想い』を表現をしたウェアを製作/販売し、
武井選手の活動を応援すると共に、お互いに高め合える関係を築き、
全力でサポートさせていただきたいと思っております。

ご期待ください。

詳しいデザインや製品については、改めて発表します。

また今後は武井修志選手の活動報告や試合結果、またはその他情報など
も弊社のホームページやその他媒体などで公開させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

合わせまして武井修志選手の応援も是非ともよろしくお願いいたします。

 

【プロフィール】

武井修志(タケイ シュウジ)
1982年12月8日生

東京都江東区第三砂町中学校
國學院高校
早稲田大学
エクセレンス


2005年より海外挑戦を開始し、Long beachで開催されたSUMMER PRO LEAGUE
にThe Ticketの一員として参戦。日本初のプロストリートボールリーグ
「Legend」と契約し、シーズン2でチャンピオンになる。bjリーグ富山グラ
ウジーズを経て、IBLのSanta Barbara breakersでプレイ。

毎年パリで開催されるQUAI54(ストリートボール世界大会の1つ)に日本代表
「RisingSuns」でキャプテンとして2年連続で出場。

その後、ペルーリーグのSan Marcos、ドイツ・リジョンリーグ1のベルリ
ン・バスケッツと契約、メキシコ・CIBACOPAリーグのプレシーズンマッチに
参戦。現在、日本人未開拓の国を中心に交渉中。


日本のストリートボールではSTとして知られ、Legend、HOOPERS、HOOP IN
THE HOODでも活躍、ALLDAYでは二大会連続での優勝も誇る。


HP:http://www.shujitakei1st.com/
blog:http://blog.goo.ne.jp/1stclass/
twiiter:@shujitakei1st

 

 

 

 

image_3.jpeg


image.jpeg

 

 

3/12(火) shooter'sで勉強会を開催しました

【3/12(火) shooter'sでの勉強会 開催報告】

164439_424362444323489_1427371715_n.jpg

 

 

3月12日(火)に台東区上野にあるsports bar 「shooter's」にて
西田辰巳氏によるバスケットボール勉強会/講演会を開催しました。

関東地区では昨年11月からの開催しており、今回のテーマも「目指せ
世界基準」をベースとし、


・コート上で求められるスキル
・育成環境の違い
・国際舞台の中での日本バスケット
・既存の枠組みを生かしつつ、次世代の為によりより
環境を構築する為には何が必要か?


について、西田氏が10年間の海外挑戦で学んだ事の提案、参加者からの
質問、問題提起、課題の共有について、当初の予定を超え、終電ギリギリ
まで意見交換が交わさ、賑やかな空間が続きます。


今回、栗橋北彩高校や埼玉県越谷市でのクリニックにも参加し、二回目
以降の参加者も非常に多くいらっしゃっいました。オンコートでのスキル
について西田氏がフォーカスしている事の解説だけではなく、「なぜ、
このようなスキルが必要だと思ったか」という部分にまで掘り下げての
説明や提案など、通常よりも一段階、深い部分についての説明もありまし
た。


なぜ?という問い掛けには、指導理念の根幹が「バスケットボールを
通じた人間形成にある」という事に由来します。

人間が生きていく中で必要な衣食住。バスケットボールは、そのどれにも
属さない。だが、この世に生誕し、120年以上の歴史を持っている。社会に
おける必要性や存在意義は何か?

それは、コミュニケーション能力やリーダーシップを育むためである。

それが西田氏の考えの根幹です。


それをバスケットボールに置き換えて考える。

目の前に困難な状況が拡がっている時、誰かを頼りに状況を打開する
のではなく、自分で打開すべき時には打開していく力が必要。それには失敗
というリスクが伴うが、それを含めて、自分の責任で前に出ていく事が
必要。ならば、道を切り開くと同時に、行為に対する責任も学べるような、
そういうスキルを子供たちに伝えて行きたい。

 

上記はほんの一例です。

この他にも、育成年代を取り巻く環境や、今後、IBLや、同リーグに参戦
しているNIPPON TORNADOESが日本国内に創出しようとする環境作りに
ついてもビジョンや事業構想についての説明が、「なぜ、そういう環境が
必要か?」「なぜ、そういう考えを持つように至ったのか?」という理由の
説明と共に行われました。


(IBLが創出しようとしている育成環境の新しい選択肢について詳細は下記参照
http://dream7-japan.com/blog/2013/03/post-23.html


今回の勉強会を契機とし、それぞれの立場でバスケットボールに携わる方々が、
新しい知識は勿論ですが、新しい疑問や、これまでの視点では存在しなかった
テーマが誕生したのであれば幸いです。

 

また、今回の勉強会の開催にあたり、会場となったshooter'sのオーナー
様、店長の澤さん(関東実業団でもバスケットをやられている現役の
バスケットマンです)、段取りなどの多くの部分で、子供から大人まで
世界を見据えて、高いレベルでバスケットボールを学べるクラブチームを
目指すRE☆SET代表の鈴木様にご協力頂きました。ありがとうございました。

 

150477_424362630990137_400703508_n.jpg

 

483704_424362137656853_2127354410_n.jpg

 

 

482739_424362730990127_1091717516_n.jpg

 

問い合わせ先

株式会社UPSET 片岡秀一
kataoka@upset-emg.com

 

 

【shooter`sで開催】西田辰巳氏による勉強会のお知らせ-3-

【講演会/勉強会のお知らせ -3-】

 

top_img01.jpg


お馴染み、西田辰巳氏によるクリニックを東京都台東区湯島にあるbasketball
bar shootersにて開催します。巨大モニターを駆使して、各ゲームの映像資料、そ
して米国のバスケスクールECBAの練習風景の映像などを活用しての講義形式での開
催です。


1、日時

2013年3月12日(火)
20時開場
20時30分開始
22時頃まで(名刺交換や交流会なども)

途中入退場可


2、会場

Basketball Bar Shooter's

http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13148070/


3、主催
 
 株式会社UPSET
 basketball bar Shooter's
 RE☆SET代表 鈴木知也

4、費用

3000円
(ワンドリンク付き)

5、講演テーマ

「アメリカのバスケットと日本のバスケットの違い」
「日本人がNBAを目指すために必要なスキル、また
それを育む環境について」

6、諸注意

巨大モニターで映像を使っての座学となります。
メイン座席が一杯になった場合、小型モニターが
見れるカウンター席での受講となります。

当日の座席については先着順とします。
予め、ご了承下さい。


7、問い合わせ先

人数の調整がありますので、予めに下記連絡先までお問い合わせ下さい。


株式会社UPSET 事業部
片岡秀一

kataoka@upset-emg.com
09048477721

当日の急遽の参加、辞退なども可。

 


<参考資料>

 

■講師プロフィール

1964年 生まれ 熊本県出身

熊本工業高校時代にIHベスト8.大阪商業大学に進学し4年時にはキャプテンを務
めてインカレベスト16.関西リーグ優秀選手賞受賞。

2005年 東海大九州大学アシスタントコーチ

2006年 JBA(Japan Basketball Academy設立)

2009年 大阪商業大学のアシスタントコーチを務め、2009年にNippon

    Tornadoesを設立兼HC。米独立リーグIBL(International Basketball League)

に日本人中心のチームで参戦。

2012年 IBLのオーナー兼アジア担当就任。また、2005年にはジョワン・オール

   ドハム(元NBA選手)を熊本に招聘。50回以上のクリニックを実施。

■パートナーシップ

2005年 National Basketball retired Players Association

    (通称NBAのOB会)との提携(日本初)

    

2006年 United State Basketball Academy(USBA)との提携(日本初)

2009年 Emerald City Basketball Academy(ECBA)との提携(日本初)

bj沖縄の並里選手のボブキャッツでのトライアウトなど実績多数。

 

 

■講師哲学

 

◇Make a Dream Get a Dream 

Make a Dream  Get a Dream 目指せ世界基準、そしてバスケットが創る世界平和
「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りつけましょう!」の実践やってます。

誰でも同じ24時間、それは平等。
その時間をどうせ使うなら世界を基準にした一歩にしたい。
地区の優勝や日本での勝ち負けではなく、世界の中で自分の位置を知る方がまだ良い。

それは結局、言語、文化、週間、民族、宗教を超えてバスケットを通した人材の育成にも繋がる。
そしてその先には、差別感の無い多くの人材が排出され、結果、同じ感覚を持ち価値観を共有
出来る人間が増え、最終的には世界平和につながっていく。
平和でなければバスケットも楽しめないから。

 

◇トルネード活動とは

日本バスケット界の夢「NBA」
簡単には出来ない。でも諦めない。一歩でも前に進む。

バスケット界最高峰のNBAやWNBAを目指す事は、同時に一人でも多くの国際的な感覚を持つ日本
人リーダーを育てることになります。

世界観を持った日本人を一人でも多く輩出できる事は、社会貢献のお手伝いにもなります
世界のトップを目指した日々を過ごすことは、それに沿った経験と人脈を身につける事にもなり
ます。どうせ同じ時間を過ごすならば、日本での勝ち負けを意識した時間を過ごすより、世界基
準の中でもまれ、よりクオリティの高い経験を積む事がより良い物になります。

そして我々大人は、その為の環境を、子供為に創り続けてあげる事が大事だと考えます。
その挑戦がTornadoes活動です。

 

◇バスケットボールの存在否定

実は、現在の活動を始める前に、一人じっくり考えました。

男が40歳になって、これから自分の人生をどのように生きたらいいか考えました。
その時、バスケットの指導やビジネスの構築は、一番に考えたことではありましたが、でも
バスケットが人の生きる事に必要かどうかも掘り下げました。


人が生きる上で必要なことなのか?です。

水、食料、住まい、着るもの・・・など人に必要不可欠な物から考えて、バスケットは何番目
なのか?それを考えました。

じっくり、じっくり。


そしてようやく一つの答えにたどり着きました。

バスケットは必要だと・・・
それは人が人として生きていくためのコミュニケーション能力を育成する為にです。

個を尊重し、輪を持って生活をする為にです。

それは争いのない世界を作る為に。


だから私は、バスケットボールを通して基本的人権の尊重の3原則、自由と平和と平等を
体得出来る様に指導しています。

 

輪が自由と奪う、個が輪を乱す。
それが何故かを理解できる大人を増やす為に指導をしています。

なので、私のバスケットを見る観点はちょっと変わってるかもしれません。
時間もコートのサイズも、高さも、角度も、スペースも平等な中で、どんな技を個人で、そ
してチームで選択することがベストなのかを話します。

決して、勝てるフォーメーション、勝てるディフェンス、強くなるための~と教えるのでは
ありません。

コート上の特徴や欠点確認して、自身の特徴と欠点を確認して、長所にも欠点にもなる引き
出しを準備し、後は平等な時間で結果を求めるのです。

バスケットの指導って考えると分かりにくいかもしれませんが、誰でも自分自身を認めても
らいたい動物だと考えると、私の考え(哲学)は自然な事だと思います。


これからも更に精進し、分かりやすい指導方法を見つけ出して行こうと思います。
世界基準が出来上がるまで、そしてバスケットが世界平和のお手伝いができるようになるまで。

 

 

■過去の開催実績

スポーツバーでの開催した勉強会レポート

http://egaohoop.jugem.jp/?eid=53

 

その他

◇四国 愛媛県で開催
開催概要
http://www.jbadreams.com/jba-em/2012/10/project2012in-ehime.html

愛媛県松山市、宇和島市内中学・コーチ(3コマ、合計120名)
http://egaohoop.jugem.jp/?eid=55

◇大阪
籠魂会  大阪市内 講演会   
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/roukon/
◇埼玉県 
11月25日(日)ふじみ野市大井中学校 25名
http://www.upset-emg.com/blog/2012/11/
       
11月28日(水)BRUINSREDS(家庭婦人日本一) 40名
http://www.upset-emg.com/blog/2012/11/
栗橋北彩高校バスケ部
http://www.upset-emg.com/blog/2013/01/-7-.php
埼玉県東部地区指導者向け
http://www.upset-emg.com/blog/2013/01/-8-.php
埼玉県越谷市バスケットボール連盟
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.412503132160195.93840.242505029160007&type=3

◇九州地区 
熊本県、福岡県で開催。

11月6日(火) 北九州市 ミニバス30名
http://raiseahoop.blogspot.jp/2012/11/blog-post_15.html?m=1

JBA熊本ブログ

http://www.jbadreams.com/jba-km/index.html

JBA愛媛ブログ
http://www.jbadreams.com/jba-em/index.html

広瀬幹ブログ
http://mickeyboo.jugem.jp/?cid=3

愛顔のバスケ(牧野敦コーチ)
http://egaohoop.jugem.jp/

HIROのブログ(Hiro Kawasakiコーチ)
http://ameblo.jp/hiro-k108/

 

■クリニック実績
 

2012年夏ごろより不定期開催
熊本   10回 100名
北九州  1回 30名
愛媛   13回 233名(勉強会も含む)
埼玉県  5回  154名
東京 1回(座談会) 18人
合計  30回開催
参加者 535人

 

 

DSC_2717.jpg

 

477672_270475286383425_1163188029_o.jpg

 

西田辰巳氏によるクリニックのお知らせ(2)

【クリニック開催のお知らせ -2-】

「山梨県、初上陸!」

西田辰巳氏によるクリニックを山梨県で初開催します。山梨県韮崎市バス
ケットボール協会による主催、弊社UPSETにて開催協力などを行っております。


 

『西田辰巳氏によるクリニック開催のお知らせ』


1、日時 
2013年3月16日(土) 13:00-16:00

2、場所 
韮崎市営体育館

3、参加費
学生500円・成人1000円
→3/9(土)までに末尾の担当者まで参加申し込み下さい。

4、主催 
韮崎市バスケットボール協会
JBA(japan basketball academy)
IBL JAPAN

5、協力
株式会社UPSET

6、テーマ

『アメリカのバスケットと日本のバスケットの違い』
『日本人がNBAを目指す為に必要なスキル。またそれを育む環境について』

7、問い合わせ先

 株式会社UPSET 
 片岡秀一
 kataoka@upset-emg.com

 

 

cimg2201_3_lb.jpg

 

cimg2207_3_lb.jpg

西田辰巳氏によるクリニック開催のお知らせ

【クリニック開催のお知らせ -1-】

 

「目指せ、世界基準!」

NIPPON TORNADOES代表、及びIBL(International Basketball league)のオーナーを
務めます西田辰巳氏によるクリニックを開催します。昨年の11月より関東地区でも開
催し、好評を博しているクリニックです。今回は、神奈川県で総合型スポーツクラブ
として活動されている「松田ゆいスポーツクラブ」様が主催、弊社にて開催協力など
を行っております。

 

  『西田辰巳氏によるクリニック開催のお知らせ』

 

1、 日時

2013年3月15日(金) 19時~21時
会場:松田町体育館
住所:神奈川県足柄上郡松田町松田庶子1475
電話番号:0465-83-6600

※講義終了後、人数などによっては懇親会も予定。
費用については調整中(飲食代)

小田急小田原線「新松田駅」徒歩7分
新宿駅より約1時間

2、 主催:松田ゆいスポーツクラブ
(総合型スポーツクラブ神奈川県認定)

協力:IBL japan
JBA(japan basketball academy)
株式会社UPSET

3、費用
成人 1000円/人
中学生以下 500円/人

4、形式
体育館にて実施するが、講義を中心とする。
状況に応じて、講師の指導の下、参加者によるドリブルドリルなども実施。

5、対象

・世界基準を目指すバスケットボールマン、及びコーチ
・TORNADOES活動に興味のあるバスケットマン
・子供に様々な選択肢を与えたい保護者の方
※IBLでは、bjリーグとの提携により長期休みを利用したシアトルへの
留学プログラムなどもコーディネートしております。

6、 講演/クリニックのテーマ  

『アメリカのバスケットと日本のバスケットの違い』
『日本人がNBAを目指す為に必要なスキル。またそ
れを育む環境について』


7、過去の開催資料など

◇四国 愛媛県で開催
開催概要
http://www.jbadreams.com/jba-em/2012/10/project2012in-ehime.html

愛媛県松山市、宇和島市内中学・コーチ(3コマ、合計120名)
http://egaohoop.jugem.jp/?eid=55

◇大阪
籠魂会  大阪市内 講演会   
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/roukon/
◇埼玉県 
11月25日(日)ふじみ野市大井中学校 25名
http://www.upset-emg.com/blog/2012/11/
       
11月28日(水)BRUINSREDS(家庭婦人日本一) 40名
http://www.upset-emg.com/blog/2012/11/
栗橋北彩高校バスケ部
http://www.upset-emg.com/blog/2013/01/-7-.php
埼玉県東部地区指導者向け
http://www.upset-emg.com/blog/2013/01/-8-.php
埼玉県越谷市バスケットボール連盟
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.412503132160195.93840.242505029160007&type=3

◇九州地区 
熊本県、福岡県で開催。

11月6日(火) 北九州市 ミニバス30名
http://raiseahoop.blogspot.jp/2012/11/blog-post_15.html?m=1

JBA熊本ブログ

http://www.jbadreams.com/jba-km/index.html

JBA愛媛ブログ
http://www.jbadreams.com/jba-em/index.html

広瀬幹ブログ
http://mickeyboo.jugem.jp/?cid=3

愛顔のバスケ(牧野敦コーチ)
http://egaohoop.jugem.jp/

HIROのブログ(Hiro Kawasakiコーチ)
http://ameblo.jp/hiro-k108/

■クリニック実績
2012年夏ごろより不定期開催
熊本   10回 100名
北九州  1回 30名
愛媛   13回 233名(勉強会も含む)
埼玉県  5回  154名
東京 1回(座談会) 18人
合計  30回開催
参加者 535人

8、 問い合わせ先

株式会社UPSET    

片岡秀一
kataoka@upset-emg.com

 

 

379748_323403597759518_1225867941_n.jpg

484773_323445281088683_1494982757_n.jpg

1