Article
ブログ記事

アップセットファミリーへようこそ!!

投稿日
更新日
カテゴリー

パーカーです!

今日は新しく、アップセットファミリーになった選手の情報です。

プロ野球・日本ハムファイターズ所属の梅林選手です!

梅林選手は捕手として今年、日本ハムに入団。アップセットとして初めてのキャッチャーと契約させていただきました。

また1月18日には道新スポーツ様にも取り上げていただきました。

以下、道新スポーツ様より御許可をいただき転記(2020年1月18日付)。

梅林「UPSET」社 有名にする〜大学から愛用〜

プロ野球版「陸王」だ!日本ハム梅林優貴捕手(21)が17日、千葉・鎌ヶ谷の2軍施設で新人合同自主トレに参加した。

ドラフト6位ルーキーは埼玉県本社を置く「UPSET(アップセット)」社の野球用具をアマチュア時代から愛用してきた。

下位指名ながらも同社製品と共に成り上がり、プロ野球にその名をとどろかせる。

高校の先輩勧誘

唯一無二の輝きを放っている。梅林のウエア、用具には見慣れない「UPSET」の文字が躍っていた。母校である高陽東高校(広島)の先輩が同社で働いていたことがきっかけで、広島文化学園大時代から使用を始めた。「とても良くしてもらって、お世話になった。恩返しできるように、使わせてもらっています」とプロ入り後も変わらず愛用している。

「UPSET」社は今年で野球界参入5年目を迎える新進気鋭のメーカー。本社は埼玉にあるものの、野球は広島営業所がメイン。現在、広島・薮田ら5人が専属契約を結んでいる。プロ野球の捕手が同社のプロテクターやミットを使用するのは、梅林が初めて。

大手メーカーに比べれば、資金力や認知度は劣るが、同社に自らの姿を重ね合わせる部分があった。「UPSETには、番狂わせという意味あるのも共感したところ」。ドラフトは下位指名で、中央球界では無名。しかし、番狂わせを起こし、プロ野球界で成り上がる決意を胸に秘めている。

目指すはプロ野球版「陸王」だ。2017年にヒットしたドラマで、小さな町工場が作ったマラソンシューズを信じて使ったランナーが大会で大活躍し、共に有名になっていく話だ。梅林がブレークし、露出機会が増えれば、おのずと同社も知名度が上がる。「UPSETを着て、有名になれればいいなと思います」。相棒と共に、厳しいプロの世界に挑んでく。

(2020年1月18日付・道新スポーツ・中田和樹記者)

 

梅林選手、アップセットファミリーへようこそ!!一緒に「UPSET」しましょう!!

道新スポーツさん、素晴らしい記事をありがとうございました!!

梅林選手着用モデル「トラックスーツ」はプロ選手からも人気!伸縮性に優れた生地を採用、着心地抜群です!

ご注文はこちらから!!

オリジナルウェアの制作はこちらから!!

to-top
ご注文・お問い合わせ