Article
ブログ記事

EXTRA PASSさんがUPSETバックパック2.0のレビューを投稿して下さりました。

投稿日
更新日
カテゴリー

UPSETバックパック2.0について、数多くの反響をありがとうございます!
商品ページに記載の通り、8月下旬に納品予定です。もうしばしお待ちくださいませ。

写真:UPSETバックパック2.0

 

今回、バスケットボールファン向けのPodcast ExtraPassのパーソナリティーの1人である宮本將廣様に初回入荷分の
UPSETバックパック2.0を購入いただきました。
また、同SNSにて、UPSETバックパック2.0について動画にて商品仕様の説明や、携帯品の収納状況など、活用事例を投稿いただきました。

 

 

<動画での紹介内容>

・各部位についての説明
・上蓋収納部分と、メイン収納部分の説明。メイン収納内にあるポケットについて。
・取り外しをした際の説明。
・各収納スペースでの宮本さんの活用事例(眼鏡ケース、マスク、消毒グッズなどを携帯)
・ショルダーハーネスの仕様説明。背負いやすさについてのレビューなど

 

UPSETバックパック2.0では、チームロゴなどのプリントも可能です。今回も、フロント中央部分には、EXTRA PASSのロゴをプリントしています。
販売以来、高校サッカーチーム、U15世代の強豪サッカーアカデミー、バスケットボールアカデミーのコーチ、選手等に数多く利用いただいています。
ロゴプリントを含めたチーム対応なども承っております。お気軽にお問い合わせください!

現在、UPSETでは、ExtraPass様とのコラボ企画も調整中です!!

 

<参考>

 について

 

◇「あなたのバスケ人生に余計なパスを。」

ズボン(@zbn_tokyo)氏と宮本將廣(@masahiro_d28)氏をパーソナリティーとするPodcast番組。番組名は「パスを受け取った選手が自分でも
シュートを打てる状況ではあるが、より良いシュートチャンスのチームメイトにパスをする」というバスケットボールの競技用語に由来。元々は、
クレバーなプレーを意味する単語であるが、同番組では「あなたのバスケ人生に余計なパスを。」という『緩い』スローガンを掲げ、精力的に活動
を続けている。

 

◇『熱心なバスケットボールファンにとって欠かせない』機会を数多く創出

同団体では、活動場所をオンラインだけに限らず、活動理念に沿って多彩な活動を定期的に行っている事が特徴。『余計なパス』と自虐的に称する
が、実際には『熱心なバスケットボールファンにとって欠かせない』機会を数多く創出。過去には、B.LEAGUEを熱心に観戦をするファン・ブース
ターを主な対象とし、コーチや選手を講師とする講演会等の企画・運営も手掛けた。

尺野将太氏(広島ドラゴンフライズU15 HC/BASKETBALL BASE運営)を講師とした際には、観戦者を対象にバスケットボール初級講座を、コーチ
向けには欧州バスケット界の戦術等を題材とした講習会を実施。

また、山本柊輔選手(三遠ネオフェニックス)氏を講師とした際には、主にファンやブースターを対象に、バスケットボール選手キャリアや、
シーズンの振り返りや、今後の展望等を語る講演会を実施。当時の所属チームであるレバンガ北海道のファン・ブースターを中心に数多くの
方々が集う催しとなった。

 

◇「もっと女子バスケットをバスケファンに知ってほしい!」

現在は、バスケ界の情報ナビゲーション番組”Basketball Diner”でも「Exstra Pass」として登場。B.LEAGUEの各チームの特集や戦術的な分析
を行うと共に、WJBL(女子バスケットボールリーグ)や3×3のチームや選手紹介を行っている。WJBLを精力的に取り扱うのは「女子ナショナル
チームが国際舞台の中で好成績を収めている反面、B.LEAGUE等に比べてメディア等に登場する機会も少なく、もっと多くの人に知ってもらう事
でバスケットボール界の発展に繋がる」と考えている為であるという。

また、最近では、流通経済大学の小谷究氏、日本バスケットボール協会 技術委員会テクニカルハウス部会長の前田浩行氏の共著である
「バスケットボール戦術学」の出版記念の関係者座談会では、対談の司会進行も務めた。また、バスケットボール雑誌『ダブドリ』でも
インタビュアーを務めるなど、活躍の幅を広げている。

 

◇B.LEAGUE特集

新潟アルビレックス

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

シーホース三河

広島ドラゴンフライズ

◇WJBL特集

トヨタ自動車アンテロープス/永田萌絵選手

富士通レッドウェーブ/内野智香英・篠崎澪選手

富士通レッドウェーブ/藤本愛妃選手

◇それ以外の催しなど

2019年7月 尺野将太氏を講師とする勉強会

 

to-top
ご注文・お問い合わせ